【Android10】新機能や強化点を紹介!不具合の対処法も解説

この記事では、Android10についてご説明しています。Android10にアップデートしたことによる不具合やそれに対する対処法、ダウングレードの方法、Android10での新機能をご紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

Android10で不具合が起きる原因

まず、Android10にアップデートした際に起こりうる不具合について、原因を解説していきます。ご自身のお使いの環境と合わせてご確認ください。

アプリのアップデートが未完了になっている

まず、各アプリのアップデートできていないことが不具合の原因だと考えられます。

Android10にアップデート後、Google Playストアや一部アプリのアップデートが未完であることで不具合が生じている可能性が考えられます。

Android10から復活したWebView

もう一つの不具合の原因として、Android10から復活した「WebView」という機能が考えられます。

「WebView」は、AndroidのWebコンテンツを閲覧するためのシステムアプリです。アップデート前は、Chromeと統合する形で実質無効化されていました。

しかし、今回のアップデートで独立したシステムとしてAndroid10から復活しました。これがアップデートできなかったり、不具合を生じさせていたりするようです。

Android10アップデートで起きやすい不具合

次に、Android10にアップデートした時に起こりやすい不具合をご紹介していきます。

お使いの端末をAndroid10にアップデートしてから、以下のような不具合がある場合には、Android10にアップデートしたことが原因の可能性がありますので、ご確認ください。

報告が出ている不具合

バッテリー消費が早くなる

まず、バッテリーの消費が異様に早くなる、という不具合です。

本体設定からバッテリーの状態を調べることが可能ですが、出荷状態の80%以上であるにも関わらず、目に見えてバッテリーの減りが早い場合には、Android10が原因の不具合の可能性があります。

再起動を繰り返す

再起動を繰り返すという不具合もあるようです。

システムアップデートですので、システム系統で不具合が生じている可能性があります。本体が立ちあがらない、再起動を繰り返す場合は、Android10アップデートを原因として疑ってください。

フリーズする

アプリを操作しているときなどにフリーズしてしまうという不具合が確認されています。

負荷のかかる動作をしていない場合、普段固まることのないアプリでフリーズしやすい場合にはこれを疑ってください。

画面表示がおかしくなる

いつもと比べて明らかに画面表示がおかしい、という不具合です。

ホーム画面のカレンダーが表示できなくなったり、その他の画面でも明らかに表示が変わっていたりするときには、Android10が原因の可能性があります。

アプリが開かない・落ちる

Android10と相性が悪い、アプリのアップデート未完などの理由でアプリが開かなかったり、落ちてしまったりする不具合も確認されているようです。

単にスマホが重い可能性もありますが、いつもそうならないようなアプリで落ちてしまうときにはAndroid10による不具合を疑ってください。

指紋認証の動きが悪い

指紋認証に不具合がでる場合もあるようです。

指紋を再登録する、指紋を認証する部分(電源ボタンなど)を拭いてきれいにする、指の水分をふき取るなどの対処法を試したのち、まだ不具合が出ているようであれば、Android10が原因であることを疑ってください。

タウンWi-Fiの利用ができなくなった

タウンWi-Fiをお使いの方は、現状接続できない不具合があるようです。

公式サイトでは、Android10端末で接続できない不具合が発生している旨が掲載されています。三月上旬に不具合解消予定だそうです。

Android10以降で発生しているアプリ不具合に関するお知らせ

Android10の不具合を防ぐ対処法

確認されている不具合をご紹介してきましたが、これらのAndroid10の不具合を防ぐ対処法についてご紹介していきます。

メジャーアップデート後すぐはアップデートしない