未分類

PDFファイルをコピーできない時の対処法!保護の解除方法も解説

コピーすることができないPDFファイルをコピーする方法

パスワードがかけられていたり、保護されていたりとテキストをコピーできないPDFファイルがあり、困っている方が多いはずです。そこでここからはコピーできないPDFをコピーする方法について詳しく解説していきます。PDFファイルを使って文章を管理している方は必見です。

方法①別のブラウザでファイルを開く

PDFファイル内のテキストを自由にコピーできない時は、別のブラウザでファイルを開くという方法がおすすめです。ブラウザとは「Chrome」や「Firefox」といったブラジングを可能にするソフトウェアのこと。あるブラウザソフトで開いた時はコピーできないような時も、別のブラウザで開いてみるとコピーできることがありますのでぜひ試してみてください。

方法②PDFに印刷する

ファイルが保護されていることでPDFファイルに含まれているが文章がコピーできない場合は、PDFファイルをPDFとして印刷しなすことで解決できます。保護されているファイルは「コピー」することはできませんが、「印刷」は可能です。普段利用しているブラウザーでPDFファイルを開き、印刷メニューから印刷を行ってください。この時、印刷先を「PDF」にすることで同じ内容を含んだ新しいPDFファイルを生成することができます。

方法③Chromeの拡張機能の”PDF Viewer”を使う

Google Chromeを利用している方は、「PDF Viewer」を使うことでPDFに含まれているコピーできなテキストをコピーできるようになります。「PDF Viewer」を使うまでの手順は以下の通りです。

  1. 「Chrome ウェブストア」に移動
  2. 「PDF Viewer」と検索する
  3. 「Chromeに追加」を選択

たったのこれだけ。すぐに「PDF Viewer」が適用され、テキストをコピーできるようになります。

方法④ソフトを利用する

ファイルにパスワードが設定してあり保護されているためコピーできない場合は、ソフトの利用もおすすめです。特におすすめなのが「PDFelement」という素ソフト。WindowsでもMacOSでも使うことができますのぜひ利用してみてください。「PDFelement」を利用してコピーするまでの手順は以下の通りです。

  1. 公式サイトから「PDFelement」をダウンロード
  2. 「PDFelement」を起動する
  3. 「PDF変換」を選択
  4. PDFファイルを選択
  5. PDFファイルから他のファイル形式に変換
  6. 変換したファイルを開きコピーを行う

コピーできないPDFファイルをテキスト化する方法

ここではPDFファイルをテキストとして認識させる方法をご紹介。保護されているファイルの保護を外したとしてもPDFファイルがテキストとして認識されていなければコピーできないですので気をつけてください。それでは詳しく解説していきます。

画像データの文字書き起こし機能を使う

PDFファイルがスキャナから取り込んだことで画像として認識されている場合やテキストとして認識されておらずコピーできない時は、文字起こし機能を使いましょう。文字起こし機能は、「Googleドライブ」内やPC版「LINE」などで可能です。ここでは「Googleドライブ」を利用して文字起こしを行う方法を紹介していきます。

  1. Googleドライブを起動する
  2. テキストをコピーできないPDFファイルを選択する
  3. アップロードを行う
  4. 対象のファイル上で右クリック
  5. 「アプリで開く」を選択
  6. 「Googleドキュメント」を選択

以下の手順を踏むことでPDFの中にに含まれる画像データ内にある文章がテキスト化されます。完全に読み取ることは不可能なため、何箇所か不具合があると思いますが、十分利用できる範囲内です。授業でもらったプリントや会社の資料を電子化したいという方はぜひ試してみてください。

PDFファイルの保護を解除する方法

次にPDFファイルにかけられている保護状態を解除する方法について解説していきます。

方法①Chromeで保護を解除する手順

Googleが提供しているブラウザソフト「Chrome」を使うことで、PDFの保護状態を解除することができます。Chromeを利用した保護解除の手順は以下の通りです。

  1. 対象のPDFファイル上にカーソルを合わせ右クリック
  2. 「プログラムから開く」を選択
  3. 「Chrome」をクリック
  4. 「印刷」オプションを選択
  5. 「送信先」を「PDFに保存」にする
  6. 「保存」をクリック

方法②SmallPDFで保護を解除する手順

保護されていてコピーできない場合は、フリーソフト「SmallPDF」を使って保護を解除するという方法もあります。ただし、「Smallpdf」を使う際にはオンライン上にデータを上げなくてはいけないという欠点も。個人情報などが記載されたPDFは取り扱わない方が良いでしょう。「SmallPDF」の使い方は以下の通りです。

  1. 「SmallPDF」を起動する
  2. メニュー内にある「デバイスから」を選ぶ
  3. 対象のファイルを選び「開く」をクリック
  4. 「PDFをアンロック」を選択する
  5. 「デバイスに保存」をクリック

コピーしたPDFの文字が重複する時の対処法

PDFファイル内のテキストをコピーしようとしたところ、同じテキストが重なってしまうという現象に悩まされている方も多いのではないのでしょうか。これらの原因はPCの設定にあります。コピーしたテキストが重なってしまう時の対処手順は以下の通りです。

  1. PDFファイルを開く
  2. 「オプション」を選択
  3. 「アクセシビリティ用の構造タグ」をマークする

作成したPDFファイルを暗号化する方法

セキュリティ性を高めるためにPDFファイルを暗号化させたいという方もいるはずです。PDFファイルを暗号化させたい方は以下の手順を踏みましょう。

  1. PDFファイルを開く
  2. 「保護」をクリック
  3. 「パスワードを使用して保護」をクリック
  4. 自由に暗号化の設定を行う
  5. 「適用」をクリック

なお保護機能を使うには有料版のAdobeソフトを使用しなければなりません。

PDFファイルの暗号化を解除できる無料ソフト/ツール7選

「ファイルの暗号化を解除して自由に編集がしたい」という方も多いはずです。そこでここでは暗号化を解除することができるフリーソフトを紹介していきます。

①iLovePDF

スペイン企業が開発を担当した暗号化解除ソフト「iLovePDF」。無料で利用することが可能で、自由にパスワードをかけることができます。ただ、オンライン接続が必須な点は注意が必要です。

次のページへ >