Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処手順

Windows10で右クリックの挙動が遅いことがあると思います。

実はこれにはファイル不良やアプリケーション不良などさまざまな原因があります。

そこで今回はWindows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処手順を徹底的に解説していきます。

Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の主な原因

ではWindows10で右クリックの挙動が遅い場合の主な原因をご紹介します。

DLLファイルの不良

まずWindows10で右クリックの挙動が遅い場合の主な原因はDLLファイルの不良です。

アプリケーションを読み込むたびにDLLを読み込むようになっています。

しかしこれに不良があると右クリックの挙動が遅くなってしまいます。

ファイルの読み込みによる重い

次の主な原因はファイルの読み込みによる重いことです。

PCは常に何かしらのファイルを読み込んでいますが、これが原因の場合があります。

またデータ量にも比例しているので注意が必要です。

ドライバの不良

次のWindows10で右クリックの挙動が遅い場合の主な原因はドライバの不良です。

ドライバー自体がWindows10に対応できていないことも考えられます。

Windows10の標準機能

次のWindows10で右クリックの挙動が遅い場合の主な原因はWindows10の標準機能です。

Windows10の標準機能がマウスの邪魔になってしまっていることがあります。

そのためWindows10の標準機能を搭載するのはダメなのかもしれません。

右クリックの挙動が遅い場合の対処手順

では右クリックの挙動が遅い場合の対処手順をご紹介します。

【手順1】フォルダーオプションの設定(エクスプローラ使用時に遅い場合)

関連する記事