緊張感あふれる種族間抗争が魅力!「タワー オブ アイオン」を紹介

「天族」・「魔族」・「龍族」の3つの種族が登場するゲームといえば、「タワー オブ アイオン」です。その個性的な楽しさで人気を博しています。今回は「タワー オブ アイオン」の特徴から魅力、夏にリリースされる新しいサービスの情報まで紹介します。

「タワー オブ アイオン」とは??

「タワー オブ アイオン」は「天族」と「魔族」ふたつの勢力のいずれかに属して、世界を支配しようと企む「龍族」と三つ巴の戦いを繰り広げる本格ファンタジーMMORPG(※)です。

 ※MMORPGとは
インターネットを通じて数百人~数千人規模のプレイヤーが同時プレイできるオンラインゲーム

「タワー オブ アイオン」の魅力

「タワー オブ アイオン」の魅力は、まずキャラクター達にあります。
プレイヤーの分身となる「天族」「魔族」キャラクター達は、神々によって創造されており、独自に羽根を携えています。
羽根を使って移動手段として使う他、空中での三次元戦闘も楽しむことができます。
また、自らの陣営を率いて挑む、敵対種族(第三勢力の龍族を含む)との種族間抗争(RvR)はこのゲーム最大の魅力です。
緊張感あふれる種族間戦争や要塞戦、自陣営内での和やかなコミュニティ、採集・製作などの奥深い生産系コンテンツなど、個性的な楽しさが詰まったオンラインゲームになっています。

幅広い年齢層のユーザーが楽しんでいる

2009年にサービス開始されて以後、現在20~40代の年齢層を中心に幅広い年齢層の方がプレイしています。

夏には「クラシックサービス」がリリース予定

この夏、2009年サービス初期のゲーム環境を再現した「クラシック サービス」がリリース予定となっています。
「タワー オブ アイオン」では長い歴史の中でバックストーリーが進行しており、天族・魔族共通の敵である龍族の最高権力者「龍帝」の栄枯盛衰の歴史が紡がれています。
しかしながら、サービス初期の「タワー オブ アイオン」に熱狂した思い出を抱いているプレイヤーが多く、かつ当時のサービス復活を望む声が大きかったため、この夏「クラシック サービス」が正式にリリースされることになりました。
プレイヤーが最ものめり込んだ当時の世界やストーリーを追体験できるとともに、今の時代でも通用するようにチューニングされた絶妙なゲームバランスなどは、新たに「タワー オブ アイオン」に触れるプレイヤーにも未体験の楽しさや新しさが得られる内容となっています。

「タワー オブ アイオン」の原点にして至高の存在。それが「クラシックサービス」です。

まとめ

「天族」と「魔族」のいずれかに属して、世界を支配しようと企む「龍族」と三つ巴の戦いを繰り広げる本格ファンタジーMMORPG、「タワー オブ アイオン」を紹介しました。「クラシックサービス」リリースのニュースは昔からのプレイヤーには嬉しい情報です。楽しみですね。