【遂に上陸】Spotify無料アプリの音質を他社TOP5と徹底比較!

この記事は約 11 分で読むことができます。

Spotifyの音質が悪い?!音質向上の方法を解説。高音質ダウンロード/イコライザ設定/ps4connect方法や、データ容量の確認方法も。Youtube Music・Apple Musicとの音質比較一覧アリ。音量レベルとは?Q&Aも掲載

Spotifyの音質は悪い?向上する方法

Spotifyを使っていると「ん?なんか音質が悪い・・?!」と思うことがあります。

実はSpotifyの音質は使用するデバイス(iPhone・PCなど)や、Spotifyのプランによっても変わってきます。

音質(ビットレート)は使うデバイスによって違う

Spotifyの音質はビットレート数の違い「音質の良い・悪い」を選択できるようにできています。

「ビットレート」という言葉にあまり聞き覚えがない人が多いと思いますが、簡単にいうと「音のキメ細かさ」です。

ビットレートとは

ビットレートまたはビット速度(ビットそくど、英語: bit rate, bitrate)とは、単位時間あたりに転送または処理されるビット数である。ーwikipedia

写真に置き換えると分かりやすいのですが、要は一定の範囲にどれだけの情報が含まれるかということを表すのがビットレート数で、このビットレートが高いほど、より鮮明なイメージ(音質)になります。

iPhone・iPadアプリ版の音質

iPhone・iPadでSpotifyアプリを使う場合は5段階のビットレートから音質を選択することが可能になっています▼

Spotify(iPhone・iPad)の音質

  1. 低音質(約24kbit / 秒)
  2. 標準音質(約96kbit / 秒)
  3. 高音質(約160kbit / 秒)
  4. 最高音質(約320kbit / 秒)
  5. 自動(ネット速度に応じて自動選択)

iPhone・iPadのデフォルト(設定変更なし)でSpotifyを使っている場合は「自動」の設定になっています。

無料版でも高音質(160kbit)までの設定が可能になっているので、設定したことがない人は試す価値はあります。

また、iPhone、iPadではすべての音質にOgg Vorbisを使用しています。

※「OggVorbis」「MP3」に続くメジャーな音楽ファイルで、「SpotifyでなぜMP3の音楽ファイルを使えないのか?」という疑問を持つ人がいるかもしれませんが、だれもが知っている「MP3」音楽ファイルを使用するには特許面での制限があり、難ありという事情でオープンソースの「OggVorbis」が使われているようです。

Androidアプリ版の音質

Spotify(iPhone・iPad)の音質

  1. 低音質(約24kbit / 秒)
  2. 標準音質(約96kbit / 秒)
  3. 高音質(約160kbit / 秒)
  4. 最高音質(約320kbit / 秒)
  5. 自動(ネット速度に応じて自動選択)

Androidでも選択できる音質は5段階(iPhoneと同じ)ですが、低音質のみ音楽ファイルに「HE-AACv2」を使用しています。

Windows・Macパソコンの場合

Windows、Macbookなどのパソコン用アプリケーションからSpotifyを使う場合には2段階で音質の選択が可能です。

  1. 標準音質(約160kbit / 秒)
  2. 最高音質(約320kbit / 秒)

無料版で使えるのは標準音質のみです。(どちらもOggVorbis)

WebPlayerの場合

ブラウザからから直接Spotifyを聞く場合の音質は2種類です。

  1. 標準音質(約128kbit / 秒)
  2. 最高音質(約256kbit / 秒)

無料版ログインでは自動的に標準音質プレミアム会員の場合には自動的に最高音質が選択される設定となっており、自分で選択することはできない仕様になっています。

他デバイスへ転送した時の音質(ChromeCast・PS4)

Google Chrome Cast(クロームキャスト)やPS3、PS4(PlayStation)などで他デバイスに転送して音楽を聴く場合の音質は2種類です。

  1. 標準音質(約128kbit / 秒)
  2. 最高音質(約256kbit / 秒)

無料版ログインでは自動的に標準音質プレミアム会員の場合には自動的に最高音質が選択される設定です。

Spotifyの音質の違いは実際に耳で分かる

音質の違いについて疑問をもつ女性

ここまで細かく(最大5段階)音質が選択できるとなると、気になってくるのが「実際自分の耳で音質の違いが分かるのか?」というところ。

結論から言うと、「音質の違いは素人でもハッキリ分かる」という事です。

イヤフォンを付けて聞いてみると、かなり分かりやすいですが、「低音質」の設定だと「どことなくこもった響き」にきこえ、「高音質」の設定だと「より透明感が高くクリアな響き」に聞こえます。

高音質でダウンロードする方法

Spotifyプレミアム(有料会員)の目玉の機能の一つとして、高音質ダウンロード~「オフライン再生」する機能があります。

端末に直に音源をダウンロードしておくことで、ンターネット接続しなくても楽曲再生ができるという機能ですね。

高音質ダウンロード(オフライン再生)の方法

  1. Spotifyアプリ>ホームを開く
  2. 右上設定アイコンをタップ
  3. 「音質」>「ダウンロード」>「高音質・高」を選択

デフォルト設定では「標準音質」となっているので、出先でSpotifyのオフライン再生をしていて「なんとなく音質が良くない」という場合は手動で「高音質・高」にして再度ダウンロードしてみてください。

高音質でダウンロードすると端末のストレージを消費する量も増えるので、ストレージの余白もチェック(iPhone設定アプリ>一般iPhoneストレージ)しつつダウンロードする方がベターです。

【関連記事】【注目】iPhoneの容量の噂と節約方法、選び方まとめ!

Spotifyプレミアムの料金と機能

Spotifyには無料版と有料版(プレミアム会員)があり、機能面でかなり差があります▼

【比較表】Spotify無料版・プレミアム版の違い

Spotify無料版・プレミアム版の違い

無料版有料版
月額料金0円980円
広告の有無ありなし
音質最高音質以外の4段階最高音質を含む5段階
楽曲スキップ制限アリ制限ナシ
トラック指定再生×
楽曲ダウンロード
(オフライン再生)
×

実際に使ってみて無料版でストレスになるのは下の3つ▼

  • 動画広告の頻度=30分ごとに1回(30秒程度)
  • 楽曲スキップ=1時間に6回程度まで
  • トラック指定再生不可=アルバムなどから1曲を指定再生することができない

Spotifyの使用頻度が高いほど、機能制限は気になってくるもの・・。

「有料版を試したいけど、本当に使い続けるかわからない」という場合はSpotifyお試しプラン(3カ月100円!)活用をしてみるのも一つの手です。

Spotifyでイコライザ設定する方法

イコライザは「特定の周波数を強調(または減少)させる」機能で、ベース音を強調したりヴォーカルを際立たせたりといった音のカスタマイズをするためのものです。

Spotifyのイコライザ機能は無料版でも使うことができます。

イコライザ設定の方法

  1. 左下ホームから右上設定アイコンをタップ。
  2. 「再生」>「イコライザ」をタップ。
  3. イコライザをスライドしてOnにする。
  4. グラフの点を指で動かすか、イコライザリストから選択。

リストをタップすると推奨されるイコライザ設定になります。

リストから選択した後、グラフの線を動かすことも可能です。

Spotifyで消費するデータ容量

Spotifyはストリーミング再生(ネット接続で音楽再生)が基本のアプリで、特に無料版ではオフライン再生ができないため、「音楽再生時に消費するデータ量」がポイントになってきます。

消費するデータ量は音質(低音質~高音質)によって変わってくるので、スマホのデータ上限が気になる場合は、Spotifyでの音質設定を調整する必要があります。

Spotifyでかかるデータ容量の目安

1曲(5分程度)1時間60時間
低音質(24kbps)約1MB約10MB約650MB
標準音質(96kbps)約4MB約43MB約2600MB
高音質(160kbps)約6MB約72MB約4320MB
最高音質(320kbps)約12MB約144MB約8640MB
【例①】標準音質で一日2時間=86MB×1カ月(30日)= 約2.5GB / 月
【例②】高音質で一日2時間=144MB×1カ月(30日)= 約4.3GB / 月

上のように、標準音質と高音質を設定するのでは、月の消費データが2倍ほど違ってくるので、データ量を気にする場合は音質設定が重要です。

Spotifyで実際に消費しているデータ量はiPhoneの設定からも確認することができます。

iPhone設定からデータ消費を確認する方法

  1. 設定アプリ>モバイル通信をタップ。
  2. 画面を下にスワイプしSpotifyの消費データ量を確認。

iPhoneのデータ量は累計となっているので、一曲単位や時間単位の消費データを測りたい場合は画面最下の「統計情報のリセット」をタップし、一定時間再生後、再度参照してください。

「データ節約モード」を活用する

Spotifyにはデータ量を抑えて音楽再生ができる「データ通信節約モード」という機能があります。

このモードをONにしている間は低音質での再生となります。

データ節約モード設定方法

  1. 左下ホームから右上設定アイコンをタップ。
  2. 「データ通信節約モード」を開きOnにスライドする。

Spotifyがカウントフリーの格安SIMを使う

SIMカードを差し替えて激安でスマホが使える「格安SIM」の中には、Spotifyのデータ通信をカウントしない0GBカウントのサービスを展開しているプロバイダがあります。

Spotifyの使用頻度が高く、「Spotifyのせいで月のデータ上限がギリギリ」「Spotifyのせいで通信制限に・・という人は、こういったプロバイダのSIMに差し替えることでSpotify使い放題+月額料金をかなり安くすることができます。

BIGLOBEモバイル

Biglibeモバイル

Biglobe SIMカウントフリーサービスが業界一番の格安SIMプロバイダ。

月額料金480円エンタメフリーオプションを付けると、SpotifyYouTubeだけでなく、AbemaTV・radiko.jp・Facebook Messengerなどの通信費が一切0円になるという画期的なサービスを展開しています。

Biglobe SIM+Spotify使い放題の最安プラン

1400円(1GBプラン)+エンタメフリー480円1,880円 / 月

OCNモバイルONE

ocnモバイルone

OCNモバイルONE音楽関連アプリのカウントフリーが充実しているプロバイダです。

通常のカウントフリーサービスには月額料金が発生しますが、OCNモバイルONEではカウントフリーサービスが0円で提供されているのが魅力です。

OCNモバイルONE+Spotify使い放題の最安プラン

1600円(1日110MBプラン)+エンタメフリー0円1,600円 / 月

Spotifyの「音量レベル」とは?

Spotifyの有料プランでは、音質レベルとは別「音量レベル」を設定できます。

この「音量レベル」単に音量を指すものでなく、環境(広さ)に合わせて自動的に音バランスが調整されるのがポイントです。

音量レベルの種類

  • 大音量 – 騒がしい環境にいるときや、大音量で音楽を聴きたい(メリハリ少な目)
  • 標準音質– デフォルトの音量設定。
  • 小音量– 静かな環境にいるとき(メリハリ多め)

【5社比較】Spotify|YouTube Music|Amazon Prime Music|Apple Music|AWA

SpotifyYoutube MusicAmazon Prime MusicApple MusicAWA
無料版有料版無料版有料版無料版有料版無料版有料版無料版有料版
月額料金0円980円0円980円~500円~980円~0円960円
広告の有無アリナシアリナシナシナシナシナシ
音質4段階5段階一段階三段階256kbps256kbps4段階4段階
楽曲スキップ制限アリ×
楽曲ダウンロード
(オフライン再生)
×××

Spotifyでよくある疑問Q&A

高音質版「Spotify Hi-Fi」どうなった?

ー CDの音質をそのまま再現できる(ロスレス形式)の「Spotify Hi-Fi」は現在日本では未実装のままですが、近いうちに日本版Spotifyにも追加されると噂されています。

音質「自動」の設定とは?

Spotifyの設定が「自動」になっている場合は、インターネット環境に合わせて音質が自動的に設定されます。

例えば家のWiFiなど高速の通信環境の場合には「高音質」、外出時で電波が弱い時には「低音質~標準音質」となります。

まとめ

まとめるとSpotifyの音質は・・・

  • デフォルト時のSpotify音質は自動になっている
  • 無料版でも高音質まで3段階から選択可能
  • 有料版では最高音質までの4段階から選択可能
  • 音質の違いはイヤフォンなどで実感できる

といったことが言えそうです。

Spotifyを普段よく使う場合は格安SIMが格安!!なので、気になる方は参考記事もご覧ください▼

【関連記事】格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキング!口コミ評判




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す