漫画バンクが閉鎖??利用する際の危険性や代替サイトを紹介

現在、閉鎖されたとうわさされている漫画バンク。漫画バンクには数々の漫画が連載されていました。違法アップロードだったので閉鎖されたとネット上で騒然となりました。しかし本当に漫画バンクは閉鎖されているのか、また利用する際の危険性や代替サイトをご紹介します。

漫画バンクが閉鎖された?原因は?

では漫画バンクは閉鎖されているのかを見ていきます。

閉鎖はされていない

漫画バンクの現状ですが閉鎖はされていません。

閉鎖自体はされていませんがマンガを読むことはできない現状です。

漫画の閲覧はできないようになっているので実質閉鎖状態

ただ漫画の閲覧はできないようになっているので実質閉鎖状態なんです。

漫画バンク自体にはアクセスできますがマンガは読むことができません。

なので閉鎖されているのと同じ現状なんです。

定期的に漫画が見れない状態になる

2021年2月時点では読み込みが遅く、漫画をみることができなくなっています。

過去にも同様な現象が起こっていたことがわかりました。

このように大量アップデートの噂もありますので、時期に閲覧可能になると思われます。

今後閉鎖される可能性は大!

今回閉鎖されなかった場合でも、今後は閉鎖になる恐れはあります。

閉鎖されてしまう主原因は海賊版の漫画サイトだからです。

海賊版の漫画サイトは違法でマンガがアップロードされており法律に抵触しています。

なのでGoogle側もそんなサイトを残しておくわけにはいきません。

なので海賊版の漫画サイトは次々と閉鎖されてしまうんです。

漫画バンクが閉鎖された時に使える代替サイト【海賊版サイト】

えは漫画バンクが閉鎖された時に使える代替サイト【海賊版サイト】を見ていきましょう。

LoveHug(LoveHeaven)

まずはLoveHugです。

もともとLoveHeavenというサイトでしたが、2021年1月に現在のLoveHugに移行しました。

漫画のラインナップも豊富でONE PIECEから最新の漫画を閲覧することができます。

Rawdevart

次の代替サイトはRawdevartです。

特徴として、日本の漫画はもちろん、韓国の漫画も読むことが可能です。

漫画のラインナップは少なめですが、韓国の漫画に興味がある方やハングルが読める方にはおすすめです。

 

Hamiraw(MANGA11)