ドット絵を気軽に描いて楽しもう!「ドット絵ペインター」を紹介

今回は「ドット絵ペインター」を紹介します。初心者から本格派までドット絵を描いて楽しめるアプリです。端末内のお気に入りの写真をドット絵に変換も可能。グリット線に合わせてポチポチと絵を描いたり、フリーハンドで絵を描いて楽しめます。

アプリの概要

「esukeapp」が開発・提供する「ドット絵ペインター」は、Android版ドット絵作成アプリです。指でポチポチとタッチしてドット絵を描いていきます。またペイントツールを使って、簡単な絵から本格的な絵まで描くことが可能です。

「ドット絵ペインター」には、有料版と広告表示のあるフリー版(機能は有料版と同様)があります。

アプリ開発の経緯

「esukeapp」では、もともとガラケーの頃から依頼を受けて、iアプリ、ezアプリ用のドット絵アプリを開発されていたそうです。

当時本格的に使えるドット絵アプリはほとんど存在せず、ユーザーからも高評価でした。当時のアプリはメモリやファイルサイズなどの制限も多く、特に塗りつぶし機能は再着処理というものを実施したり、実装がとても困難だったそうです。

その後スマートフォンの普及に伴い、アプリもスマートフォン用へと移行。メモリの制約は減ったものの、スマートフォンはタッチ操作になりますのでインターフェイスには、とても苦労されたそうです。

「esukeapp」アプリ開発担当の方は、ご自身ではドット絵を描かないということもあり、ユーザーの意見や要望を取り入れ「どのような形がベストなのか」を模索しながら現在の形に至っています。ややオーバースペックな部分もあるようですが、楽しみながら制作され、メニュー表示などを「テキストベースからアイコンに変更してほしい」というご要望があるそうですが少々苦労されているそうです。

ドット絵ペインターの主な機能と使用方法

  • キャンパスサイズ:1~1000ピクセルまで。この範囲内で自由に設定可能です。
  • アニメーション:1000フレームまで対応。アニメーションGIF、APNGでの出力に対応します。
  • ペイントツール:基本的な図形、塗りつぶし、回転反転、アンドゥリドゥなど搭載
  • ドット絵変換機能:端末内の画像を読み込み、ドット絵に変換できます。

まずはアプリに慣れていただき、直感で操作して使っていただけることを目指しているそうです。

  • お好みでキャンバスサイズを設定してください。
  • 指でポチポチとドットの絵を描いてください。
  • ペイントツールを多用して、本格的なドット絵を描くこともできます。

YouTubeに、簡単な使い方の動画があります。以下のリンクからご確認ください。

YouTube「ドット絵ペインター」の使い方

まとめ

今回は「ドット絵ペインター」を紹介しました。機能面に関しては、ユーザーの要望をひと通り反映し、現在のバージョン(version2.1.2を2020年12月6日にリリース)で一区切り。使用方法に関しては「チュートリアルが欲しい」というご要望があり、いずれ対応できたらと考えているとのことです。

「ドット絵ペインター」Play ストア(有料版500円)

「ドット絵ペインター」Play ストア(フリー版・広告表示あり)