Torrentで逮捕者は多くない?その理由と危険性を解説

次のTorrentで違法なものは児童ポルノのファイルです。

2020年以降、より一層刑罰に力が入った違法なものでもあります。

児童ポルノのファイルは、ダウンロード・アップロード両方が禁止されており警察の捜査が入ると間違いなく逮捕されます。

Torrentで合法なもの

ではTorrentで合法なものをご紹介します。

合法なもの①LinuxなどのOSファイル

まずTorrentで合法なものはLinuxなどのOSファイルです。

我々が利用しているPCに組み込まれているOSは合法で共有可能になっています。

公式も公表していることが多く、LinuxなどのOSファイルなどは違法ではなく合法です。

合法なもの②著作権が失効しているコンテンツ

次のTorrentで合法なものは著作権が失効しているコンテンツです。

日本では法律上、作者の死後50年間は著作権でコンテンツが保護されるようになっています。

しかし、死後50年以上経過するとその著作権は失効。

つまり著作権が失効しているコンテンツは著作権で保護されているコンテンツではなくなるため取引は合法です。

Torrentの仕組み

ではここでTorrentの仕組みをご紹介します。

Torrentとは?

まずTorrentについてご紹介します。

Torrentとはファイル共有のソフトの1つ。

Torrentとして有名になったのはWinnyというソフトで、Torrentが利用されているサイトはトラッカーサイトと呼ばれています。

Torrentの仕組み

Torrentの仕組みとしてはファイルを1つのサーバーだけに限定せず、分散させて配置します。

この分散される先が、

  • PC
  • サーバー

などになっており、Torrentを使ってダウンロードをするとPCやサーバーがTorrentシステムの一部になります。

Torrentが生まれた理由