【裏技】LINEでブロック削除した友達を復活させる方法は?

LINEで友達をブロックするとその友達とメッセージのやりとりができなくなります。友達をブロックすることでメッセージのやり取りをしなくて良くなりますが、間違ってブロック削除してしまうこともあるでしょう。ブロック削除した友達を復活させる方法を解説します。

LINEのブロックとブロック削除をしたときはどうなるの?

まず、LINEにはブロックという機能があります。

関わりたくない友達や友達を整理する際にブロック機能を使うのが鉄則ですが、LINEのブロックとブロック削除をしたときはどうなるのでしょうか。

ブロックをしたらどうなる?

まず、友達をブロックしたらどうなるのでしょうか。

ブロックをした側とされた側でどのような変化が起きるのか解説します。

ブロックをした側

ブロックをした側は以下のようになります。

  • 友達リストからアカウントがなくなる
  • タイムライン上に友達の投稿が上がらなくなる
  • グループへ招待できなくなる
  • スタンププレゼントができなくなる

これらはごく一部です。

ブロックをされた側

ブロックをされた側は以下のようになります。

  • 友達リストにアカウントは表示されたままになる
  • 相手にメッセージを送っても既読になることはない
  • タイムライン上にある投稿が見れなくなる
  • ブロックされる前に入っていたグループ限定でトークができる
  • スタンププレゼントができなくなる

ブロックをされた側もした側も同じような変化が訪れます。

友達をブロック削除をしたらどうなる?

続いて、友達をブロック削除をしたらどうなるのかについて解説します。

先ほどのブロックとは異なり以下のような変化があります。

ブロック削除をした側

ブロック削除をした側は以下のようになります。

  • 友達リストからアカウントがなくなる
  • タイムライン上に友達の投稿が上がらなくなる・消える
  • グループへ招待できなくなる
  • スタンププレゼントができなくなる
  • ブロックリストからアカウントがなくなる

ブロックリストからその友達のアカウント自体が無くなります。

ブロック削除をされた側

ブロック削除をされた側は以下のようになります。

  • 友達リストにアカウントは表示されたままになる
  • 相手にメッセージを送っても既読になることはない
  • タイムライン上にある投稿が見れなくなる
  • ブロックされる前に入っていたグループ限定でトークができる
  • スタンププレゼントができなくなる

ブロックされた時とブロック削除された時で変わりはありません。

LiNEで友達をブロック削除をするときの注意点と方法を解説

LINEで友達をブロック削除することは簡単です。

ただ、LINEで友達をブロック削除する時の注意点がいくつかありますのでそれを抑えつつ手順を解説します。

ブロック削除をするときの注意点

ブロック削除をするときの注意点として挙げられるのは「復活が難しい」ということです。

普通にブロックをするだけだとアカウントリストにアカウントが残ったままになりますので、「ブロック解除」をタップするだけで友達のブロックを解除することができます。

ただ、ブロック削除をしてしまうとその友達のアカウントを開くことができません。

つまり、再度IDや電話番号で検索をして友達追加をしなければならなくなりますので、簡単に友達の状態に復活させることができません。

相手にブロックした・復活したことを察知されたくない場合は、ブロック削除までしないほうが得策と言えるでしょう。

ブロック削除をする方法

では、ブロック削除をする方法を解説します。

ブロック削除をする方法は、

  1. LINEを開く
  2. 右上の設定アイコンをタップ
  3. 「友達」→「ブロックリスト」をタップ
  4. アカウントを選択し「削除」→「削除」をタップ

でOKです。

ブロック削除はすでにアカウントをブロックしていることが前提になりますので、まだブロックしていない場合は一旦対象アカウントをブロックしてください。

【裏技】LINEでブロック削除したときの友達の復活方法