LINEでブロックした友達を解除後に追加した場合相手に通知はいく?

この記事は約 6 分で読むことができます。

LINEで面倒な相手を遮断できるブロック機能。大抵は使った後に相手と疎遠になるものですが、もし仲直りできたら……。そんなときに気になるポイントをチェックしてみます。

line

友達を様々な方法で簡単に追加して、テキストやスタンプ、通話で気軽にコミュニケーションを取れる便利さから、メールに代わるコミュニケーション手段として定着したLINE。

でも、気軽で便利な反面、面倒な相手や迷惑な人にどう対処するかという、メールと共通の課題もありました。

その問題に一つの答えを出したのが、「ブロック機能」です。

今回は、そんなブロック機能にまつわる、意外と知らない、けれど気になるポイントについてご紹介します。

ブロック機能を使っていないという方も、トリビア的な意味で是非読んでみてくださいね。

Sponsored Links


ブロック機能とは

女性2

まず初めに、LINEのブロック機能について簡単に触れておきましょう。

「ブロック」とは、特定の相手と自分がLINE上で直接コミュニケーションを取れないようにする機能です。

元々は、メールでいう受信拒否、電話でいう着信拒否に相当する機能として開発されたもので、迷惑な行為をする相手をこのブロック機能の対象とすることで、

  • 自分のLINEの友達リストから相手を非表示にする
  • 相手からLINEのチャットや着信があっても、自分にはわからないようにする。
  • 自分のタイムラインの新規投稿を相手に見られないようにする

といった機能が発動するようになっています。

厳密にいうと、グループチャットなどでは従来通りブロックした相手とコミュニケーションを取れてしまうので、100パーセント完全にシャットアウトできるわけではないのですが、それは本題ではないのでここでは詳しく触れません。

まとめると、ストレスの掛かる相手の存在を自分のLINE上からほぼ抹消できると、そういうわけです。

ブロック機能は解除できる

案内・女性

このブロック機能は、ブロックした側が解除の操作を行えば、当然解除されます。

相手をブロック理由は様々。

本当に迷惑で二度と会うこともないような相手なら、ブロック解除する必要などないでしょう。

でも、友人と喧嘩して、つい相手をブロックしてしまったといった場合、仲直りすればブロックを解除する必要があります。

問題は、この「仲直りしてブロックを解除する」場合です。

気になるポイント:ブロックを解除したら、相手に通知が来るの?

女性

ブロックを解除するとき、まず初めに気になるのが「ブロックしていた相手に、それを解除した旨の通知が入るのか」です。

結論から言うと、通知は入りません。

まるで何事もなかったかのように、そのままチャットや通話機能が復活するので、相手がLINEに詳しくなければブロックしていた事はわかりません。

これで、安心してブロック解除できますね。

要注意ポイント1:ブロック中に相手が送信したテキストメッセージは既読にならない

めでたく仲直りしてブロック解除した後も、実は自分が相手をブロックしていたことがバレてしまう可能性が残っています。

それが、「ブロック期間中に相手があなたに送信したテキストメッセージは、既読にならない」という点。

しかも、そのテキストメッセージそのものは、ブロック解除してもあなたの所へは届かないので、あなた自身はメッセージの存在を知ることができません。

こうしたケースも考慮して、ブロック解除する場合は「スマホが調子悪くてLINEのデータ消えちゃって……」といった感じで、適当な言い訳を考えておいた方が良いでしょう。

要注意ポイント2:ブロック+友達削除をしていると、ふるふる機能でわかってしまう?

ブロック解除するしないに関わらず注意が必要なのは、ブロックした相手と至近距離で同時にふるふる機能を使う場合です。

このような状況で、ブロックした相手がふるふる機能を使っているとき、あなたがその至近距離で同時にふるふる機能を使うと、ブロックした相手のLINE上にあなたのアカウントが「新しい友達」として表示されてしまうことがあるのです。

ちょっとわかりづらいという方も居ると思うので、1つ例を挙げてみましょう。

登場人物

  • あなた
  • Aさん(あなたがブロックした相手)
  • Bさん(新しく知り合った方)
  • Cさん(新しく知り合った方)

状況

あなたとAさんは大学のサークル仲間。

でも、深夜まで平気でLINEで電話してくるAさんに辟易した貴方は、実はちょっと前からAさんをブロックしています。

Aさんは、その事実をまだ知りません。

今回、新入部員のBさん、CさんとLINEで友達追加することになりました。

Aさん「ふるふるで友だち追加するのが1番簡単だな。私は先にBさんとLINEのアドレス交換するから、【あなた】はその間にCさんと交換しておいてよ」

あなた「わかった。じゃあ、Cさん、私とふるふるでLINE交換しようか?」

Cさん「はい!」

こうして、同じ場所で同時に始まった「ふるふる」でのLINEの交換。

そんななか、Aさんが異変に気付きます。

Aさん「あれ、なんで【あなた】も友達に登録する人のリストに出てきてるの?もう、とっくの昔にLINE交換したよね?」

あなた「……」

Bさん&Cさん「(もしかして、【あなた】先輩ってB先輩ブロックしてるの?)」

——–

LINEのふるふる機能はGPSなどの位置情報を利用しているので、至近距離で3人以上のユーザーが同時にこの機能を使うと、意図しない相手がリストに表示されることがあります。

この例で紹介したのが、まさにそれ。

ブロックした相手と顔を合わせることがないのであれば、こうした状況に陥ることはまずないでしょう。

しかし、この例のように「ブロックはしたものの、相手とは定期的に顔を合わせざるを得ない」という状況の場合、ふるふる機能の特性から、相手にブロックバレする可能性があるのです。

ふるふる機能でのブロックバレ対策

line ふるふる

ふるふる機能でブロックバレしないようにするには、この機能を使わないことが手っ取り早い方法です。

幸い、LINEでは「ふるふる」を使わなくても友だち追加は可能ですから、「スマホの調子が悪い」とか適当に理由を付けて、別の方法で友達追加をお願いしましょう。

「ふるふる」を使わない友だち追加の方法

QRコードを表示してもらう

一番手っ取り早いのが、この方法です。

筆者の場合、ふるふるを使うとスマホを間違って投げてしまいそうになるので(苦笑)、基本的に自分が表示したQRコードを相手に読み取ってもらっています。

LINEのIDを教えてもらい検索する。

相手のLINEのIDを教えてもらい、それを自分で検索して追加する方法です。

もちろん、その逆でもOK。

こちらは検索作業で時間が余計にかかる上、LINEの年齢認証の有無やユーザーの年齢、LINEの設定によって検索機能が利用できなかったり、検索結果に表示されないこともあるので実用的ではありません。

電話帳に電話番号を登録してLINEに追加する

こちらも古典的な方法ですが、LINEがユーザーの電話帳からデータを読み取っている特性を利用したものです。

LINEのID交換と同時に通常の電話番号も交換できるので、電波状態が悪くLINEの通話では音質的に無理が出てくるケースの対策にもなります。

ただ、あまり親しくない相手を友達追加する場合は、この方法は向きません。

まとめ:通知は入らないが、ふるふる機能でのブロックバレには要注意!

というわけで、今回はLINEでブロックを解除した後の通知関係について、気になるポイントをまとめてみました。

LINEのブロック機能は便利な反面、ふるふる機能のケースのような「システムの穴」ともいうべき注意点が存在します。

こうしたケースを想定して、色々と言い訳を考えておいた方が安全かもしれませんね。

▶︎【最新2016】iPhone LINEで相手にブロックされたのか確認する方法!
▶︎LINEでブロックした相手がリストから消えている時の復活方法とは?!
▶︎LINEでブロックして削除した相手を復元し再登録する方法とは!?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す