海外でLINE使えるけど通話や通信した料金は?ソフトバンク/au/docomo

この記事は約 9 分で読むことができます。

海外⇄日本でLINEやりとりする時のデータローミング料金(テキスト・電話通話etc)海外でも確実に・格安でLINEが使える方法を紹介(プリペイドsim・ポケットWiFi)「海外でLINEが受信できない」「時間表示はどうなる?」などのQ&Aも

海外⇄日本でLINE(ライン)をやりとりするときの料金

当記事では、海外でLINEを使用する際にかかる料金や、より安く・安全にLINEを利用する方法などについてまとめていきます。

キャリアの「ローミングサービス」は料金が高額になる!

メッセージアプリ「LINE」は、インターネットに接続できれば(データ通信が可能な状態なら)利用できます。

そのため、auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアが提供する「ローミングサービス」を使えば、海外でも簡単にLINEを使うことができます。

しかし、ローミングサービスによるLINEの使用は、通信料金が高額になってしまいます。

詳しくは、以降の章を参考にしてみてください。

「25MB」でLINEはどこまでできる?

ここでは、ソフトバンクが提供するローミングサービス「海外パケットし放題」を参考にしてみます。

「海外パケットし放題」では、1日の利用バイト数が「99KB~25MB」の時、「1日1,980円」でデータ通信が利用できます。

そこで、1日に使えるデータ量が「25MB」ある時、LINEでどのくらいの作業が可能なのか見てみます↓

テキストのみの送信約12,500回
画像送信低画質:約80枚
オリジナル画質:約8枚
動画送信低画質で長さが20秒のもの:1回
LINE無料通話80分

海外に旅行に行った場合、動画写真をLINEで送信したいという方も多いのではないでしょうか。

ローミングサービス経由でLINEを使用した場合、1日1,980円払っても、オリジナル画質の画像を「8枚」しか送信することができません

動画に至っては、長さが20秒のものを一つ送信するだけで、1,980円かかってしまう計算になります。





海外でLINE(ライン)を確実&安く使う方法

ここからは、海外でLINEを確実に・安く使う方法をご紹介します。

海外用ポケットWiFiをレンタルする

海外でLINEを「確実に・安く」使いたいなら、「海外用ポケットWiFiをレンタル」する方法が最もおススメです。

海外用ポケットWiFiを活用すれば、「良心的なパケット定額料金」で、いつでも・どこにいても・データ量を気にせずLINEを使うことができます。

ここで、おすすめの海外用レンタルポケットWiFiをご紹介していきます。

グローバルWiFi

海外用ポケットWiFi,グローバルWiFi

グローバルWiFiは200か国以上の国と地域に対応しており、様々な場所でWiFiを利用することができます。

安心の定額制になっているので、使い過ぎ・心当たりのない高額請求などの心配もありません。

Wi-Ho!

Wi-Ho!,海外用ポケットWiFi

自身の旅行・出張の期間・訪問国数に適した料金プランを選択できるのが「Wi-Ho!」です。

「あんしん保障」や「AI自動翻訳機」など、旅に便利なオプションも充実しています。

イモトのWiFi

海外用ポケットWiFi,イモトのWiFi

「イモトのWiFi」は「680円/日~」のあんしん定額制で利用できるので、料金の心配をすることなく海外でもLINEを楽しむことができます。

特に長期間(30日以上)レンタルしたい方におススメできます。

 

海外用のレンタルポケットWiFiを活用したい方は、ポケットWifiの海外レンタル料金が安い業者比較ランキングを参考に、ご自身にあった業者を探してみてください。

海外用プリペイドsimをAmazonで買っておく

海外で心置きなくLINEを使いたい方には、「海外用プリペイドsim」を利用する方法もおススメです。

使用する期間・データ量によっては、キャリアが提供するローミングサービスはもちろん、海外用レンタルポケットWiFiよりも格安でデータ通信をできるようになります

おすすめの海外用プリペイドsim

Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】

1,770円
このsimの特徴

イギリスを含む42か国でデータ通信が可能となるプリペイドSIMです。

3GBプラン(1,770円)の場合、最大90日間有効です。

その他、1GBプラン(1,000円)や、12GBプラン(4,900円)も用意されています。

海外用プリペイドsimの注意点

海外用プリペイドsimを使用する場合、まずは「simフリースマホ」を用意するか、お使いのスマホを「simロックを解除」する必要があります。

simロックとは

auやドコモなどのキャリア端末は、「au端末ならauのsimカードだけ・ドコモ端末ならドコモのsimカードだけ」というように、「simの利用制限」がかかっています。

これが「simロック」状態です。

海外用プリペイドsimを使うということは、キャリアとは関係のない会社のsimを端末に挿入することになるため、simロックの解除手続きをするか、初めからsimロックがかかっていない「simフリー端末」を使わなければいけません

simを購入したら、自分のスマホに適した大きさのsimカードを台紙から外して、スマホのsimカード挿入口に挿入します。

simカードについて詳しく知りたい方は、iPhoneのSIMカードを取り出したらどうなる?差し替える方法を参考にしてみてください。

公衆WiFiを使う

海外でLINEを利用する方法として、「公衆WiFiを使う」という方法もあります。

宿泊先のホテルや、スターバックスなどのカフェ・レストランでは、誰でも利用できる「公衆WiFi」が用意されています。
そのWiFi回線を使えば、LINEでメッセージの送信・無料通話などが可能です。

公衆WiFiのメリット

公衆WiFiのメリットは、「無料で利用できる」というポイントです。
ローミングサービスなどとは異なり、料金を心配する必要がありません。

また、レンタルポケットWiFiやプリペイドsimとは違い、事前にレンタル手続きをしたり、simを購入したりする必要がないというメリットもあります。

公衆WiFiのデメリット

一方で、公衆WiFiは他の人たちも同時に使用しているため、「通信速度が遅い・安定しない」というデメリットがあります。

また、「セキュリティ面に不安」があります。
場合によっては、不正アクセスによって個人情報が漏洩したり、スマホを悪用されてしまったりする可能性があることを頭に入れておく必要があります。

【注意】海外用ローミングサービスを使う

海外でLINEを使う方法の一つとして、「海外用ローミングサービスを使う」というものがあります。

ただし、ローミングサービスは上記で紹介した3つの方法と比べて「料金が割高」になる点に注意しなければいけません。

au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアが提供している海外ローミングサービスの内容は以下のようになっています。

au世界データ定額980円/24時間
海外ダブル定額・最大1,980円/日
(約24.4MBまで)
・最大2,980円/日
(どれだけ使っても)
ドコモパケットパック海外オプション980円/24時間
(基本プラン)
海外パケ・ホーダイ・最大1,980円/日
(約24.4MBまで)
・最大2,980円/日
(どれだけ使っても)
ソフトバンク海外パケットし放題・定額1,980円/日
(990KB~25MB)
・定額2,980円/日
(25MB~)

この海外ローミングサービスがどれだけ割高なのか、海外用レンタルポケットWiFi(グローバルWiFi)を利用した場合と比較してみましょう。

例えば「ハワイ」に旅行に行く場合、グローバルWiFiの通常プラン(300MB/日)を利用すると、1日のレンタル料金は「970円/日」となっています。

各キャリアとも、1日300MBを使ってしまうと、「2,980円/日」のデータ通信料がかかります。

これだけでも、データ通信料が圧倒的に違うことが分かると思います。

  人気の海外用Wi-Fiレンタルおすすめランキング!失敗しない選び方を紹介





【裏ワザ】LINE OUTを使って海外から無料で電話する

LINEのIP電話機能「LINE Out」を活用することで、LINEアカウントを持っていない人固定電話に通話ができることをご存知でしょうか。

「LINE Out」は通常、一定の料金がかかってしまいますが、「LINE Out Free」という無料版を使えば、通話料金を無料にできます

「LINE Out Free」は、最初に広告を15秒間視聴することで利用が可能となり、1日5回まで、携帯電話への通話は1分間、固定電話への通話は3分間、無料で利用することができます。





海外&LINEでよくある疑問

最後に、海外でLINEを利用する際によくある疑問についてまとめていきます。

海外版LINEの普及率(世界シェア)>>LINEが使えない国もある?

中国イランなど、渡航先によっては、国の規制などが影響してLINEを使うことができないケースがあります。

そのような国でも確実にLINEを使いたい方は、「海外用レンタルポケットWiFi」の利用をおススメします。

レンタルポケットWiFiには「VPN機能」がついているため、中国やイラン、ロシアといった国でも安心してLINEを利用できます。

  【iPhone/Android】中国でLINEが規制で使えない理由と対策2019年版!

海外でLINEが受信できない時の原因

海外でLINEのメッセージを受信できない場合は、そもそもインターネット接続がされていない・通信状況が悪い可能性が高いです。

プリペイドsimを購入する・レンタルポケットWiFiを利用するなどの対策をとってみましょう。

海外⇄日本でLINEやり取りしたときの時間表示はどうなる?

海外と日本の間でLINEのやり取りをした場合、表示される時間は通常「そのスマホがある場所の現地時間」となっています。

つまり、日本でLINEを送受信しているスマホには日本時間が、海外でLINEを送受信しているスマホには海外の現地時間が表示されます。

海外の無料スタンプを日本でゲットする方法はある?

実は、LINEには「海外限定の無料スタンプ」が存在します。

日本にいながら海外限定の無料スタンプをゲットするためには、以下の手順でLINEを操作する必要があります。

操作手順

①LINEの「設定」→「アカウント」から、Facebookと連携を行う

②LINEに電話番号を登録している場合、LINEをスマホから削除→再インストールしてFecebookからログインする

③「VPN接続アプリ」をインストールする

④「VPN設定ファイル」をダウンロードする

⑤海外版無料スタンプをダウンロードする

「VPNって何?」という方は、【iPhone/iPad】VPNを徹底比較!無料と有料おすすめランキング3選!を参考にしてください。

海外の友達とLINEでやり取りする方法はある?

もちろん、海外の友達とも問題なくLINEでやり取りを行うことができます

LINEはインターネット回線を使っているため、海外の人とやり取りを行ったからと言って、余計なデータ通信料がかかったりすることはありません。





まとめ

今回は、メッセージアプリ「LINE」を海外で使用する方法について解説してきました。

海外旅行・出張の際に、普段通りLINEを使いたいなら、「海外用レンタルポケットWiFiを利用する」または「プリペイドSIMを購入する」方法をおススメします。

この2つの方法を活用すれば、安く・確実にLINEを使ってやり取りすることができます。

  海外ポケットwifiレンタル業者の選び方とは?




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す