外部プレイヤーで埋め込み可能な動画共有サイトを紹介

Youtubeやニコニコ動画を埋め込みできる外部プレイヤーというものがあります。この外部プレイヤーとは、一体どのようなものなのかを解説していきますので、ぜひ外部プレイヤーのことを学んで使うときに、参考にしてみてください。

外部プレイヤー可能な動画共有サイト

外部プレイヤー可能な動画共有サイトにはどのようなものがあるのでしょうか。そもそも外部プレイヤーとは一体何なのでしょうか。動画の埋め込みに使える外部プレイヤーとは、その名の通り他サイトにアップロードされている動画を埋め込みたいサイトに埋め込みすることができるツールのことです。埋め込みたい動画がある場合、外部プレイヤーを使って動画をサイトに埋め込みすることができるのでぜひ外部プレイヤーを使いましょう。

どんなサイトがあるの?

外部プレイヤーを使って動画を埋め込みできる動画共有サイトにはどのようなものがあるのでしょうか。外部プレイヤーを使える動画共有サイトを紹介していきますので、外部プレイヤーを使いたいという人は外部プレイヤーを使うことができるサイトはどれとどれなのかを学んでから外部プレイヤーを使って動画共有サイトを使ってみてください。そうすることで外部プレイヤーが使いやすくなり、サイトなどに埋め込むことができるのです。

①Youtube

まず外部プレイヤーを使うことができるサイトの1つ目にYoutubeがあります。Youtubeは無料でたくさんの動画を見ることができるサイトで、私的利用などの範囲であれば動画をダウンロードして個人的に保存しておくことが可能です。そんなたくさんの動画を無料視聴することができるYoutubeの動画を外部プレイヤーで埋め込むにはどんな手順を踏めば、外部プレイヤーでサイトに埋め込むことができるのでしょうか。

2つのポイントがある

Youtubeの動画を外部プレイヤーで埋め込みたいと考えている人は、これから紹介する埋め込み方を見ながら実際にサイトに埋め込みたい動画を埋め込んでみてください。見ながら実践することでミスを少なくしながら埋め込むことができるのでおすすめです。Youtubeの動画を埋め込む方法を知りたいと考えている人は2つのポイントを紹介していきますので外部プレイヤーを使いたいという人はぜひチェックしてみてください。

<iframe>タグを使用して埋め込み

まず、Youtubeの動画を何処かに埋め込みたいと考えている人は、まずYoutubeにブラウザでログインしてください。ブラウザでログインをすると、右上に自分のユーザー名が書いてあるところがありますのでそこをクリックしてください。クリックをすると、受信ボックス、登録チャンネルなど様々な項目があります。そこに動画の管理がありますので、そこをクリックすると、自分がYoutubeに投稿した動画があります。

タグを使用する

投稿した動画の一覧が表示されるので、埋め込みたい動画のタイトル部分をクリックしてください。すると、動画ページに移ります。動画が再生されていますが、気にせずに動画の下の共有部分をクリックして、埋め込みコードをクリックしてください。埋め込みコードをクリックしたら、<iframe>タグを使用してください。このタグを使用したら埋め込みたいサイトに自分の動画を埋め込むことができるのでぜひやってみてください。

IFramePlayerAPIを使用して埋め込み

Youtubeの動画をサイトに埋め込むには、もう1つの方法があります。それがIFramePlayerAPIを使うということです。IFramePlayerAPIを使うと、Youtubeの動画をサイトに埋め込むことができますので、タグを使用してサイトに埋め込むよりIFramePlayerAPIを使ってサイトに埋め込む方が簡単に動画を埋め込むことができますので、ぜひこのツールを使って埋め込んでください。

インストールして使ってみよう

IFramePlayerAPIに埋め込みたい動画のリンクを貼ることでサイトに動画を埋め込むことができます。IFramePlayerAPIは無料でインストールできるのでIFramePlayerAPIを公式サイトからインストールしてください。そしてIFramePlayerAPIを使ってYoutubeの動画を自分のサイトなどに埋め込んでみてください。そうすることで簡単に埋め込み作業をすることができます。

②Vimeo

Vimeoも外部プレイヤーを使ってその他のサイトに自分の動画を埋め込むことができます。やり方はYoutubeの動画を外部プレイヤーを使ってサイトに埋め込むのと同じやり方ですので、Vimeoの動画をサイトに埋め込みたいという人はYoutubeの動画を埋め込む方法と同じ方法なのでぜひやってみてください。

③Blip

このサイトの動画も埋め込みをすることができるのでとても便利です。埋め込み方法が2つありますので2つの方法を紹介していきます。どちらがやりやすいかを判断してやりやすい方で行いましょう。

オリジナルサイズでの埋め込み

オリジナルサイズでの埋め込みをすることができます。オリジナルサイズとは、元の動画の大きさで、他サイトにそのまま埋め込みができるので、オリジナルサイズで埋め込みたい人におすすめです。

一般的なサイズでの埋め込み

一般的なサイズでの埋め込みをすることも可能です。一般的なサイズとはその動画サイトにアップロードされている一般的なサイズで他サイトにその動画を埋め込みできるのでぜひ試してみてください。

④MySpace

MySpaceという動画サイトも、外部プレイヤーを使って埋め込むことができるのでとても便利です。MySpaceで外部プレイヤーを使って埋め込みたい動画があれば実践してみてください。

⑤ワッチミー!TV

ワッチミー!TVも外部プレイヤーを使えば埋め込むことができる動画サイトですので、ワッチミー!TVで外部プレイヤーを使って埋め込みたい動画があればぜひ埋め込みにチャレンジしましょう。

⑥Dailymotion