シークレットモードはばれる?より機密性の高いゲストモードを紹介

GoogleChromeのシークレットモードを利用したことはありますか。GoogleChromeのシークレットモードを利用しているのにサイトがばれる場合もあります。ここではGoogleChromeのシークレットモードやゲストモードについて紹介していきます。

シークレットモードはばれる可能性がある

そもそもGoogleChromeのシークレットモードとはどのような機能であるか知っていますか。まずはGoogleChromeのシークレットモードとはどのような特徴があるかを確認してみましょう。GoogleChromeのシークレットモードとは、通常、Webブラウザを使用すると、閲覧履歴やCookie、サービスのID/PW、自動入力フォームなどの情報が保存されるのですが、GoogleChromeのシークレットモードを利用すると情報がブラウザに保存されないようにしてくれます。

個人のログイン情報がばれない

GoogleChromeのシークレットモードを活用することで閲覧履歴やCookie、サービスのID/PW、自動入力フォームなどの情報が保存されないようにすることができるので、個人のログイン情報なども隠すことができるようになっています。GoogleChromeのシークレットモードのウェブブラウザでサイトにログインしたり、サインインした場合はそのログイン情報は残らないので他の人が同じパソコンを利用してもログインできないようになっています。

検索履歴がばれない

またGoogleChromeのシークレットモードでは検索履歴も残らないようになっています。ウェブブラウザでインターネットサーフィンやインターネット検索すると様々なサイトにアクセスしたり、どのようなことを検索したかが残るようになっています。しかしChromeのシークレットモードを活用することでばれる心配はありません。検索履歴が残らないのでどのようなことを検索したかを知られなくて済むので、共有PCの場合は特におすすめです。

Cookieが保存されない

またGoogleChromeのシークレットモードは、Cookie情報も保存されないようになっています。Cookieとは、WebサイトがスマホやPCの中に保存する情報のことであり、Webサーバーからユーザーのブラウザに送られる、ユーザーのデータを保存しておくためのファイルのことです。このCookie情報が残っているとどのようなアクセス方法でどのようなことを検索したかがバレてしまうのですが、ChromeのシークレットモードではCookie情報も保持せずすぐに削除されるようになっています。

完全にばれないということではない

このようにGoogleChromeのシークレットモードを活用することで色々なサイトにアクセスした言葉ばれることを心配する必要はないのですが、Chromeのシークレットモードは絶対にばれることはないというわけでもありません。会社のパソコンや家のパソコンでGoogleChromeのシークレットモードを活用しているからといって安心して通常見てはいけないようなサイトを閲覧していると実は第三者に閲覧履歴がばれるということもあるので注意してください。

シークレットモードにしたときの注意点

ここまではGoogleChromeのシークレットモードの特徴や機能について紹介してきましたが、GoogleChromeのシークレットモードを活用しても閲覧やサイト情報がばれることもあります。なのでGoogleChromeのシークレットモードを活用する際にはいくつか注意点もあります。ここではGoogleChromeのシークレットモードを活用する上で知っておくべき注意点について紹介していくので、これからGoogleChromeのシークレットモードの活用を検討している人は是非参考にしてみてください。

注意点①通常のウィンドウを立ち上げない