YouTube使用時の広告ブロック方法を解説【スマホ/PC】

YouTubeの広告をブロックするには、1)YouTubePremiumに加入する。2)広告ブロック用アプリやプラグインを導入する。3)広告ブロック可能なブラウザを使う。という3つの方法があります。自分に合った方法で快適な動画視聴を楽しんでみてください。

iPhone・AndroidでYouTube広告ブロックの設定方法

iPhoneやAndroidスマホでYouTubeの広告をブロックするための設定方法を説明します。

AdblockPlusのダウンロード

広告ブロックアプリとしてもっとも有名なAdblockPlusでは、スマホ向けアプリとしてAdblock Plus for Safariがリリースされており、無料でダウンロードできます。

iPhoneなどで、afari ブラウザで広告ブロックするには、App Store からAdblock Plus for iOSをダウンロードします。 Androidスマホでは、Google Play からAdblock Plus for Samsung Internet をダウンロードします。

また、Google Chromeでyou Tubeを視聴している場合は、Google Chromeの拡張機能としてAdblockPlusがCromeウェブストアからダウンロード可能です。

MusicTubeeでYouTubeの広告を非表示

MusicTubeeは、You Tubeの音楽動画を再生できるiPhone/iPad用の無料アプリです。見たい動画をMusicTubeeでYou Tubeから検索して、再生すると、広告表示なしで動画が視聴できます。

検索結果はプレイリストに登録可能ですし、自分のYouTubeプレイリストを読込みことも可能です。

YouTubePremiumで広告非表示

YouTubeで確実に広告を消したい場合は、有料となりますが、YouTubePremiumに加入するのが最も確実です。月額費用は税込み1180円で、ファミリー割りや学生割もあります。

YouTubePremiumに加入すれば、広告が表示されなくのみならず、以下のようなサービスが受けられます。

  • 好きな動画を自分の端末のダウンロードして、オフラインで視聴することができる
  • YouTube Music PremiumやGoogle Play Musicを使ことができる
  • オリジナルコンテンツが再生可能となる
  • バックグラウンドでYouTubeの動画を再生できる

PCでYouTube広告ブロックの設定方法

PCでYouTubeの広告ブロックを行なうための設定方法を説明します。

PCではYouTubeはブラウザ経由で見ますので、どんなブラウザを使っているかによって、使うアプリや設定方法が異なってきます。以下で、ブラウザごとに詳しく説明します。

Chromeの拡張機能のAdblockPlusのダウンロード

ブラウザがGoogle Chromeであれば、拡張機能の広告ブロックアプリを利用することができます。

広告ブロックアプリとして最も利用されているAdblockPlusは、Chromeウェブストアには、Adblock Plus – free ad blockerという名前で登録されています。Chromeウェブストアからダウンロードして拡張機能として有効にすることで、Youtubeでも広告ブロックができます。

なお、AdblockPlusを拡張機能で有効にすると、あわせて、 Facebook の広告ブロック、バナー広告ブロック、 ポップアップ広告ブロックもしてくれます。

Firefoxの拡張機能でYouTube広告を消す