Torrentで逮捕者は多くない?その理由と危険性を解説

Torrentが生まれた理由は「負荷を軽減するため」です。

ネットにファイルをアップロードしたりダウンロードしたりする際にはファイルが格納されているサーバーへアクセスする必要があります。

しかし、ファイル自体の容量が膨大であったりサーバーへのアクセス集中が続いてしまうとサーバーへの負荷がとんでもないことになります。

結果、サーバーダウンにつながったりファイルのダウンロードができないなんてことに。

これらを解決する手段としてTorrentが誕生しました。

Torrentの危険性

ではTorrentの危険性をご紹介します。

危険性①マルウェアやウイルス感染のリスク

まずTorrentの危険性はマルウェアやウイルス感染のリスクです。

Torrentサイトではダウンロードしたファイルを解凍するまで何が入っているのかを判断することができません。

つまり、ファイル内にマルウェアやウイルスが仕込まれていても気づくことができないということです。

ハッカーがよく使う手段でTorrentサイトが利用されており、2021年でも被害は拡大する一方です。

危険性②IPアドレスの公開

次のTorrentの危険性はIPアドレスの公開です。

Torrentではダウンロードをするとダウンロードをした人のIPアドレスが公開されるようになっています。

IPアドレスはPCの住所のようなものなので、それを相手に知られてしまうというのはリスクの1つでもあります。

危険性③意図せず著作権の侵害している

次のTorrentの危険性は意図せず著作権の侵害していることです。

実は2019年に逮捕者が出ており、その方は身に覚えがないと無罪を主張していました。

しかし、Tその逮捕者はorrentサイトからダウンロードしたファイルが著作権侵害に該当していたことを知らなかったのです。

このように意図せず著作権の侵害しているかもしれないと逮捕者になってしまう危険性があります。

Torrentを使わずにアニメや漫画を無料で楽しむ方法

ではTorrentを使わずにアニメや漫画を無料で楽しむ方法をご紹介します。

方法①サブスクの無料トライアルを利用する

まずTorrentを使わずにアニメや漫画を無料で楽しむ方法はサブスクの無料トライアルを利用する方法です。

世の中には様々なサブスクサービスが展開されており、有料アニメなどでも無料体験期間を設けているサービスは多いです。

それらの無料体験期間を利用して気になるアニメや映画を一気見してしまう方法があります。

方法②無料で見られる公式のアプリやサービスを使う