twitterのヘッダーサイズとヘッダー画像の作り方を解説

twitterを始めたときに、設定しておきたいのがヘッダー画像です。思い通りのtwitterマイページを作るためにはヘッダーサイズを知っておく必要があります。この記事では、twitterのヘッダーサイズとヘッダー画像の作り方を紹介しています。

twitterのヘッダーサイズは1500px×500px

twitterの推奨するヘッダーサイズは1500px×500pxです。twitterのギャラリーにも参考になるヘッダー画像が用意してあるので、ヘッダーサイズの参考に一度確認してみましょう。twitter推奨ヘッダーサイズで作られているので、ヘッダー画像を作るときの参考になります。twitterのギャラリー内でお気に入りのヘッダー画像が見つかるかもしれませ

ん。

twitterのヘッダーサイズはiPhoneでも1500px×500pxで問題なく見れます

twitterはレスポンシブレイアウトになっており、スクリーンの大きさに合わせて画像サイズを調整してくれます。ですので、1500px×500pxのヘッダーサイズに合わせて作成した画像はiPhoneやパソコンでも画像が見切れたり半端になってしまうようなことはありません。

しかし、画像が小さくなる文には問題ないですが、大きくなるときは画像が荒くなってしまうこともあるので、ヘッダー画像にこだわりたい方はパソコン、iPhone、タブレットなどで出来栄えを確認することをおすすめします。

twitterのヘッダー画像を作る前に注意すること

twitterのヘッダーサイズに合わせたヘッダー画像の作り方を紹介する前に、いくつか注意するポイントがあります。注意するポイントとは下記の3点になります

  • ヘッダー画像への文字を入れたいときに注意すること
  • 推奨ヘッダーサイズだと画像が見切れる
  • アイコンの位置を意識したヘッダー画像の作り方をすること

上記内容になります。1つずつ詳しく解説していきます。

 

ヘッダー画像に文字を入れるときは色と大きさに注意

twitterのヘッダー画像は、スクリーンサイズに応じて大きさが変わります。画像に書いた文字の大きさも変わるので、ヘッダー画像の文字がiPhoneで見にくくなる可能性があります。

文字の色も、ヘッダー画像と同じような色や保護色だとそもそも文字が読みづらいので、文字の色も読みやすいように工夫をしましょう。せっかくヘッダーサイズに合わせて画像を作るなら文字などもこだわって作ってみると良いヘッダー画像ができるのでおすすめです。

twitterのヘッダー画像は上下50px程度見切れるので要注意

twitterのヘッダー画像は推奨ヘッダーサイズ1500px×500pxでも上下の50pxほどは見切れてしまいます。どうしてもヘッダー画像に写したいものなどは、ヘッダー画像の300〜400pxの中に納めるような作り方をしたほうが良いでしょう。また、上下に囲いがあるようなデザイン画像でも、囲いの位置を50pxズラす作り方をするとヘッダーサイズ内にきれいに収まるように作れます。

 

アイコン画像の位置を意識して作る

twitterプロフィールのアイコン画像は、ヘッダー画像と被ってしまう位置に設定されています。そのためヘッダーサイズを意識してヘッダー画像を作るときでも、プロフィールのアイコン画像の位置も意識して作る必要があります。

パソコンとスマホでもアイコンの位置がズレるので、作り方としてはできるだけ多くのデバイスで確認しながら作ることをおすすめします。

twitterのヘッダー画像の作り方を解説!iPhoneで作成ならアプリがおすすめ