Windows11は出ない?今後のアップデートについて解説

windowsは現モデルであるwindows10が発表されてか5年がたちます。しかし現在windows11は発表されていません。またwindows11は出ないのではないのではないかという声も上がっています。今回はそんなwindows11について紹介します。

【Windows11のリリースはいつ?】Windows11は出ない

現在windows10が現行モデルとして展開されています。このwindows10が発表されたのが2015年です。しかし5年たった今でもwindows11は発表される気配がありません。

windows10以前のモデルであるwindows8は2012年に発表されています。その3年後にwindows10が発表されたことを考えるとwindows11が発表されていないことでwindows11は出ないのではないかという声も上がるようになりました。

これはMicrosoft社の開発部のジェンリー・ニクソン氏も「windows10が最後のバージョン」という発言もあり、このことからもwindows11は出ないのではという声が上がってきました。

Microsoft開発者のジェリー・ニクソンの発言

windows11へのアップデートに対してMicrosoft社の開発部のジェンリー・ニクソン氏は「windows10が最後のバージョン」になるという内容の発言をしています。このことからMicosoftはwindows11は展開されないという方針です。

そのため現モデルであるwindows10を半永久的に使用していく可能性が高いです。これはwindows10を定期的にアップデートして、改善を行っていくことで常に使い続けることができるようになることが予測されます。

このように現状ではMicrosoftの方針としてはwindows11などの次世代のバージョンを展開するという予定はなく、現在展開されているwindows10をアップデートしながら使用していくということが予測されます。

【Windows11のリリースはいつ?】Windows10がずっと使えるって本当?

windows11は現状Microsoft社のジェンリー・ニクソン氏の発言などからも現状出ないという方針であることがわかりました。しかしMicrosoft社がwindowsそのもののサービスを終了するわけではありません。

現状はwindows11が発表される変わりに、windows10がアップデートされ続けることでwindowsのサービスを展開していく方針の様です。実際にwindows10は年に2から3回程アップデートされています。

さらにwindows10は無料でアップデートを行うことができます。。そのため自動アップデート設定をしているとwindowsは常にアップデートされ最新バージョンを使うことができるようになっています。

永続的に無料アップデートが提供される

windows11が出ない方針であることから、今後windows10を常時アップデートしながら使っていくことで半永久的にwindowsのサービスを使用することができます。そのためバージョンを確認しながら使うことが大切です。

またwindows10以降からは、アップデートも無料で行うことができます。windows8以前はパッケージ売りされていましたが、windows10以降は無料でアップデートが可能なサービスになりました。

また、半年に1度以上現状アップデートが展開されています。しかしMicrosoft社の方針としては今後もwindows10のサービスは無料でアップデートを展開していきます。そのため、現状は無料でwindows10をアップデートしながら使用し続けることができます。

PCのスペック等でアップデートできなくなる可能性も

windows11がでない方針である代わり、windows10が無料で半永久的に使用できるようになりました。しかしこの無料アップデートの利用がPCのスペックなどの影響でアップデートできなくなってします可能性があります。

windows10にアップデートしてからは基本的にはPCが壊れるなど使用できなくなるまでは無料アップデートしながらサービスを使用可能です。しかしすでに現在インテルプロセッサのZ2760やZ2500番台を使用しているPCでアップデートできないというケースが報告されています。

これはハードウェアがアップデートによって要件の変更などの影響を受けたことが原因のようです。このようにアップデートによってwindows10そのものの要件も変更される可能性もあり、PCのスペックが低いものだと要件に合わず、アップデートできなくなってしまう可能性があるのです。

【Windows11のリリースはいつ?】今後のアップデートは?

windows11のリリースに関しては現状発表もなく、Microsoft社の方針としてもwindows11を展開する予定もありません。そのため、現状はwindows10をアップデートしながら使用していくことになります。

しかしwindows10はこまめなアップデートだけでなく、大型のアップデートも展開されています。このwindows10の大型アップデートは「Windows 10 May 2020 Update」という名前で展開されています。

またこまめなアップデートは半年に1回程行われています。そのため現状、年に2回もしくは3回アップデートをされているようです。ここではアップデートの方法やアップデートをいつ行えばいいかなどを紹介していきます。

Windows 10 May 2020 Update