二次元画像検索のおすすめサイト5選!使い方やアドオンも紹介!

ネット上で見つけたアニメや漫画などのイラストなどを気に行って、詳細を知りたいとき、二次元画像検索はどう行えばいいのかご存知ですか?
当記事では、ネット上にアップロードされた二次元画像の類似画像の検索方法について解説し、おすすめサイトを紹介します。

二次元画像検索方法を徹底解説!

Twitterや掲示板、またはそのまとめサイトなどにアップロードされた画像について、描かれているキャラクターや、その画像と類似したイラストを知りたいということがあるかもしれません。

ただ、そのイラストの特徴を文字にして検索するというのは大変ですし、その方法ではなかなか画像を見つけることはできません。そこで、効率的な二次元画像検索の方法を以下にまとめました。

検索エンジンでキーワードで検索する

検索エンジンでのキーワード検索は、二次元画像検索において非常に労力の必要な方法といえます。

二次元画像検索の方法としては、GoogleやYahooといった検索サイトを用いて、目当ての画像に合いそうなキーワードで検索するというやり方がまず思い浮かびます。
しかし、ある程度その画像の詳細や元ネタを知っていないと、適切なキーワードを選ぶことは難しいです。キーワードに少しでも適切でないものを選ぶと全く目当ての画像が検索にかからず、また、適切な検索ワードを見つけて頑張って検索しても、目的の画像と似ているものの関係のない画像が検索結果に大量に表示されたりといったことが多いです。

掲示板やYahoo知恵袋で聞く

掲示板やTwitterで質問するというのも二次元画像について調べるための手段の一つです。

親切で物知りな方が事細かに画像の情報を教えてくれるということもありますし、元ネタが古いものである場合やマニアックなものである場合はこの方法がいいかもしれません。

ただ、有益な情報を得られるまで時間がかかりますし、答えてくれる方が正確に答えてくれるとも限りません。

類似画像検索サイトで検索する

類似画像検索サイトとは、画像検索エンジンを用いて検索者が提示した画像と似た画像を検索してくれるサイトです。

ネット上で見つけたお気に入りの画像をそのまま類似画像検索サイトにアップロードしたり、画像のURLを貼り付けることで検索できるため、この方法では簡単なうえに正確に類似した画像を探すことが可能です。

二次元画像検索の方法としては最もおすすめであるといえます。

おすすめの二次元画像検索サイト6選!使い方も解説!

類似画像検索サイトは、ネット上に多数あります。
その中から6つのおすすめサイトを紹介し、使用方法についても解説します。

Google画像検索

最初に紹介するのは、有名な検索エンジンのGoogleによる「Google画像検索」です。PCだけでなく、スマホからも二次元画像検索を行えるサイトです。
検索を行う方法としては、以下の三種類があります。

  • 画像のURLからの検索
  • 所有している画像のアップロードによる検索
  • 検索ワードからの検索

Google画像検索は、掲示板や投稿サイトなどの様々なサイトから、幅広く画像を見つけることが可能なサイトです。画像検索において利用方法の簡単さと、検索できる画像の多さからとてもおすすめの画像検索サイトです。

Google画像検索の使用方法

 

Google画像検索による、類似した二次元画像検索の方法はとても簡単です。
まず、画像のURLや画像のアップロードによる検索の場合は、上記の画像の検索欄の横のカメラマークをクリックしてください。すると、URLを貼る検索方法と端末内の画像をアップロードする検索方法を選択する項目が現れます。

最初に、画像のURLを貼り付けることで画像検索をする方法を説明します。
上記画像の「画像のURL を貼り付け」のタブを開いてください。カメラマークを推した後の最初の画面がそのタブを開いた状態です。

その後、検索欄に検索したい画像のURLを張り付けて検索を行ってください。

そして、画像のアップロードによる二次元画像の検索を行いたい場合の方法です。
最初の「画像のURLを貼り付け」のタブから、「画像のアップロード」というタブに切り替えてください。

切り替えた後は、上記画像の「参照…」をクリックしてください。端末の中にある調べたい画像を選択することができるので、選択した後に検索を行ってください。

 

また、検索ワードから二次元画像を検索する場合は、上記の画像の画面で普通にキーワードを入力して検索をかけるだけです。

SauceNao

「SauceNao」は、端末に保存してある画像をアップロードすることにより、二次元画像を簡単な操作だけで検索することができる類似画像検索エンジンです。「Need to know the source of this Now!」というスラングが元になって、SauceNaoという名前が付けられたようです。
こちらは海外発の画像検索サイトで、2008年10月に公開された昔から存在するサイトです。SauceNaoは、Pixivなどの画像サイトも検索の対象であるために、アニメや漫画などの日本の作品を題材にしたイラストなども検索にかかるうえ、検索したい画像の元の作品や作者名などといった情報を得ることが容易いです。

SauceNAOの使用方法

SauceNaoのサイトは、上記の画像を見てわかる通りすっきりとしたシンプルなレイアウトです。画像検索の方法も、画像をアップすることで類似の画像を検索するという方法だけのために迷うことがありません。

 

SauceNaoの使い方は簡単で、まず「参照…」というボタンをクリックしてください。端末に入っている画像を選択することができます。そして、検索したい画像を選んだ後は、画面左にある「get sauce」というボタンをクリックしてください。類似画像の検索が始まります。

そして検索が終わると、「YOUR IMAGE」に「参照」で最初に選んだ自分のアップロードした画像が、「SauceNAO」には類似画像検索で検索された結果の画像が表示されます。その画像がPixivなどの画像サイトに登録されている画像であった場合には、画像の作者名などの詳細情報も表示されます。さらに、検索結果として表示される作者名などの情報が直リンクとなっており、それをクリックすることで簡単に元のサイトまで飛ぶことが可能です。
検索の結果、類似画像が一つでなく複数ある場合には、それらの画像のそれぞれの類似の度合いが表示されます。

SauceNaoは海外発のサイトですが、10年以上にわたって利用されつづけている信頼できるサイトです。画像検索の精度も満足いくレベルなうえに、画像サイトなどの特定サイトの画像情報を、簡単に詳しく見ることができます。

二次元画像詳細検索

二次元画像詳細検索」は、アニメやゲームなどの二次元の画像の検索に強い類似画像検索サイトです。二次元画像に特化しているかわりに、写真などは対象外のようです。検索方法としては、画像のURLと端末にある画像のアップロードの二種類があります。二次元のキャラクターなら、名前や元の作品まで調べられるようです。

また、特徴的な機能としては、ほかのユーザーが調べた検索画像を見られる「最近の検索」、24時間の間での検索結果のランキングを見られる「ランキング」の機能があります。しかし、これらで表示される画像には成人向けイラストなども表示されるので18歳未満の方の利用には注意が必要です。

二次元画像詳細検索の使い方

二次元画像詳細検索のサイトには、上の画像の通り二つの検索フォームがあります。
二次元画像詳細検索を用いた類似画像検索の方法はとてもシンプルです。

まず、画像のURLの入力で二次元画像の類似画像検索を行う場合には、二つあるうちの上の検索フォームにURLを入力してください。その後に検索をクリックで検索が開始されます。
自分の端末に保存してある画像の類似画像検索を行う場合には、下にある「参照…」をクリックし、調べたい画像を選択した後に検索をクリックすると検索が開始されます。

検索をクリックすると、デフォルトでは「色合検索」によって選ばれた画像が表示されます。色合検索では元の画像と縦横比が似ており、全体が類似している画像を検索するようです。
また、デフォルトの色合検索を「特徴検索」へと切り替えることもできます。特徴検索では部分的に特徴が一致する画像を検索することができます。そのためにトリミングされているなど、全体がわからない画像の詳細を調べたいという場合には便利です。

TinEye

「TinEye」は、自分の端末上にある画像を使って検索できるカナダ発のサイトです。
画像をアップロードして検索するため、類似している(構図などが似ている、同じテーマである)別の画像は検索の対象にはならず、非常に検索の精度が高いようです。そのため、画像の出典やどう利用されているのか、もしくは写真に写っている人物や風景を特定するという目的でも利用することができます。ただ、カナダのサイトのため日本初のイラストなどの検索には向かないようです。

TinEyeの使い方

TinEyeの使い方はとても簡単で、サイトにアクセスすると上記の画像のようなページが表示されますので、そこからすぐに検索に移ることができます。
まず、画面の左にあるボタンをクリックして、調べたい画像を選択してアップロードしてください。その後右の検索ボタンをクリックすると、検索が始まります。

検索結果には、画像の掲載されているサイトのURLも表示されます。そのため、ネット上で拾った画像の詳細を知りたいという場合以外に、自分の公開している写真の中で無断で利用されているものがないか、どういうサイトで利用されているのか、などを調べる目的でも利用できます。

ただ、検索の精度が非常に高いため、元の画像と似ている別の画像などは弾かれることが多いです。これは検索するうえで利点ですが、似ている別の画像についても情報を得たいという場合には不向きなサイトであるともいえます。

また、利用する際には営利利用の場合は有料で、非営利の場合も1日50回、週150回以降は有料となっていますのでご注意ください。

Yandex

「Yandex」は、ロシア最大手の検索サイトです。
Googleと同じように、キーワードによる検索と画像のURLを入力する検索、さらに端末にある画像をアップロードすることによる検索が行えます。スマホからも利用することができ、セーフサーチ機能がかからないためにGoogle画像検索で目的の画像を見つけられなかった際にはこちらを利用してみるといいかもしれません。

ただ、こちらも海外のサイトのためにTinEyeと同様、日本のアニメや漫画などのキャラクターのイラスト等の検索には向かないようです。

Yandexの使い方

Yandexにアクセスすると、上記のような画面が現れます。

画面の左上にImagesというアイコンがありますので、そちらをクリックしてください。
現在の画面から、Imagesメニューに移ることができます。

すると、下の画像のようなImagesメニューに画面が移ります。
次に、検索フォームの右端にあるカメラのマークをクリックしてください。
画像のアップロードやURLによる検索を行うページに移動できます。

 

カメラのマークをクリックすると、下記の画像のような画面に移ります。
画像をアップロードすることで類似画像を検索したい場合は、画面左上にある「Select a file」をクリックしてください。端末内の画像ファイルをアップロードして検索することができます。
画像のURLを入力することで検索を行いたい場合は、画面右側にある検索フォームにURLを入力して検索を行ってください。

Yandexはロシアの最大手の検索サイトであるうえに、セーフサーチ機能がないために検索結果の表示数が多いようです。
Googleなどの画像検索サイトでも目当ての画像を見つけられない場合などに使い分けると便利です。

SmallseoTools

「SmallseoTools」はこれまでに紹介したサイトとは違い、端末に保存した画像だけではなく、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドストレージに保存した画像をアップロードすることでも検索が可能です。
スマホの容量を節約するために、それらのクラウドストレージを利用して写真を保存している人にとっては、非常に便利な画像検索サイトです。

Smallseo Toolsの検索方法としては、端末にある画像をアップロードする、クラウドストレージに保存した画像をアップロードする、画像のURLを使って検索するの三つがあります。

SmallseoToolsの使い方

Smallseotoolsにアクセスすると、上記の画像のような画面が現れます。
画像の検索を行う検索フォームは画面を下にスクロールするとあります。

上記のような検索フォームがありますので、画像をアップロードして検索したい場合には「アップロードするファイルをドラッグ」と書いてある場所に画像をドラッグしてください。「類似の画像を検索する」というボタンが現れますので、そちらをクリックすると検索が始まります。
キーワード、画像のURLによる検索の場合は、その下にある検索フォームに入力して検索を行ってください。

他にもあります!二次元画像検索ができるおすすめサイト

先に紹介したサイトでの検索がうまくいかなかった場合や、使用感が気に入らなかった場合には他のサイトを試してみるのもいいでしょう。
二次元画像検索ができるサイトは他にも多数ありますので、その中から4つを紹介します。

Chromeブラウザ画像検索機能

お使いのブラウザによっては、とても簡単に画像検索を行うことも可能です。
例えばネット上で偶然見かけた画像を、その画像の詳細を知りたい、もしくはフリー配布されている画像であれば使いたいと思うことがあるかもしれません。
その場合は、その画像を右クリックし、現れる項目の中の「Google で画像を検索」をクリックしてください。
検索ワードが自動で設定され、検索を行うことができます。

ただ、ブラウザによってはその検索方法は利用できないようなのでご注意ください。

Yahoo!画像検索

検索サイトとして、Googleに並ぶほど有名なYahoo!でも、画像検索を行えます。
利点として、画像の詳細が見やすく、画面の幅いっぱいまで大きく画像を表示することができるようです。

方法は、Yahoo!ブラウザの検索フォームでキーワードを使って検索し、画像を見つけます。そして気になる画像があれば、その画像をタップして類似の画像を見ることができます。
ただ、手持ちの画像の詳細を知りたいという場合にはあまり役に立たないかもしれません。

Bing画像検索

Bingでは、先に紹介した6つのおすすめサイトと同じように、画像をアップロードして類似した画像を検索できます。

Bingアプリでは、自分でスマートフォンのカメラで撮影した写真の類似した画像を検索することもでき、目の前の被写体の情報をもっと知りたいといった場合に利用することができます。名前がわからない虫や植物などを写真に撮り、被写体のみをトリミングして検索することができるので、例えばキャンプに行った先などでも好奇心を満たせる面白いアプリです。

IMAGERAIDER画像検索

「IMAGERAIDER」は海外発の画像検索サイトで、Google・Bing・Yandexといった有名検索サイトの検索エンジンを用いて類似した画像やイラストを検索することができます。また、最大で20枚の画像を同時に検索できるという利点があります。
ただ、こちらのサイトは非常に有名なサイトですが、画像をアップロードして検索をかけてもエラーが出てしまい検索ができないということがあるようです。エラーが複数例報告されているようで、現状は他のサービスを利用した方がいいかもしれません。