TikTok動画が保存できない時の対処法!自分の動画の保存方法も

TikTokでは投稿された動画は、ダウンロードして端末などに保存可能ですが、投稿動画に問題がある場合やデバイスに問題がある場合は保存できないことがあります。自分で投稿した場合も同様です。本記事では、その原因や対処方法を説明しますので、参考にしてください。

TikTokの動画を保存する方法

TikTokで動画を視聴していて、あとでまた見たいとおもうこともあるでしょう。そんな場合は、自分のスマホやPCに動画を保存しておくと、見たいときにあらためて探す必要もなく楽に視聴できるので便利です。

TikTokの動画を保存する手順は以下のとおりです。

TikTokで視聴している動画に表示されているシェアアイコン(矢印)を選択→ダウンロードするを選択→保存が開始され保存状況が100%で完了

この操作でローカルファイルとして保存されますので、ビデオ関連アプリで表示できます。

TikTokで動画が保存できない場合の対処法

TikTokで動画が保存できないこともあり得ます。その原因はさまざまです。ここでは、TikTokで動画が保存できないおもな原因別にその対処法を説明します。

スマホの空き容量の不足の場合

TikTokで動画が保存できない原因としてよくあげられるのがスマホの空き容量不足です。動画を保存するのであれば、ストレージに保存するための空き容量が確保されている必要があります。

最近のスマホはストレージ容量が増えているとはいえ、動画はテキストや写真に比べて容量が大きいので、本数を気にせず保存していると、すぐにストレージ不足となり、保存できないようになってしまいます。

スマホ本体やSDカードなど実装している外部ストレージを含めて空き容量を確保しておきましょう。空き容量が少ない場合は、不要なものは削除し、使用頻度が低いものなどはバックアップする後に削除するなどの操作を行いましょう。

通信制限に設定されている場合

スマホでは、契約しているデータ容量の上限に達したり、短時間に大量のデータをダウンロードしたりすると通信制限が課せられてしまいます。この場合は、動画をダウンロードできないわけではありませんが、ダウンロード速度が極端に遅くなりものすごく時間がかかってしまいます。さらに、時間がかかりすぎることからダウンロードに失敗してしまい、保存できないこともあり得ます。

この場合は、Wi-Fiが使えるのであれば、Wi-Fiに接続してダウンロードするか、通信制限が解除されてからダウンロードをやり直すことになります。

TikTokの強制終了

TikTokに一時的なエラーが発生していることが原因で、動画のダウンロードボタンが押せなかっらり、ダウンロードに失敗したりして、動画を保存できないケースがあります。

この場合は、TikTokを強制終了して立ち上げ直してみると回復することもあります。

スマホの再起動

スマホ自体の一時的な不具合の発生によりインターネットに接続できなかったり、アプリを起動できなかったりすることがあります。その影響でTikTokで動画のダウンロードに失敗し、保存できないケースがあります。

この場合は、スマホ自体を再起動してみると復旧することがあります。

TikTokをアンインストールした後に再インストール