Access Deniedエラーの解決手順【ブラウザ/メール】

Access Deniedエラーの原因とはいったいなんなのでしょうか。ブラウザやメールにどのような影響を及ぼし、どのように解決すればいいのかを紹介します。またエラーの意味やキャッシュやCookieはどうすればいいのかも紹介します。

ブラウザ上で発生する「Access Denied」エラーの意味

ブラウザやスマホなどでインターネットを楽しんでいるときに、Access Deniedエラーという表示が出たことはありませんか?このAccess Deniedエラーとは、文字通りエラーのことです。なぜ通常のブラウザでネットサーフィンを楽しんでいるときにこのようなエラーが出てしまうのでしょうか。また、Access Deniedエラーが出てしまうのはどのような意味があり原因があり、また解決できるのでしょうか。

アクセスを拒否している

ブラウザでネットサーフィンを楽しんでいるときに、あるサイトにアクセスしようとするとAccess Deniedエラーという表示が出て、ブラウザにアクセスできないということがあります。Access Deniedはどのような意味かというと、直訳するとアクセスを拒否するという意味です。つまり、ブラウザは存在していて、正常にアクセスできる状態であるにも関わらず、特定のデバイスはブラウザにアクセスできないのです。

エラーメッセージの1つ

Access Deniedは、webサーバーがアクセスできないということを表すエラーの1つで、このAccess Deniedが表示されたら、その時はそのサイトにアクセスできないので諦めてください、ということを表しているのです。違法なサイトでもないし、違法なデバイスでアクセスをしようとしてないのに、なぜAccess Deniedと表示されてしまうのかの原因が、分からないという人は多いのではないでしょうか。

永遠にアクセスできないわけではない

Access DeniedはAというサイトにアクセスしたら必ず表示されるというものではありません。AというサイトにAというデバイスでアクセスしたらエラーメッセージが出た、だからこのサイトを見るための解決策はないんだというように解釈する人は多いのではないでしょうか。そんなことはありません。AのデバイスでAにアクセスできなかったからそのサイトには一生アクセスできないということはないので安心してください。

デバイスを変更しよう

ではどのような解決策があるのかというと、Aのサイトにアクセスしたいのに、Aのデバイスではアクセスできないというときは、Bのデバイスでアクセスをすればいいのです。Bのデバイスでアクセスをすれば、Aのサイトが見られるようになる可能性が高いのでぜひ試してみてください。ではなぜデバイスを変えるだけでアクセスできなかったサイトにアクセスできるようになるのでしょうか。また、エラーの原因は一体何なのでしょうか。

webサイトに原因がある?

Access Deniedエラーはデバイスを変更したりするだけで表示がされなくなるのだから、原因はwebサイト側に一時的なエラーが発生しているから起きているのではと考える人が多いです。もちろんその場合も考えられます。一時的なエラーがwebサイトに発生していて、アクセスできないということがありますが、最も考えられる原因として、アクセスするデバイス側に問題があるというパターンが多いと言われているのです。

デバイスに原因があることが多い

Access Deniedは、アクセスする側のデバイスのキャッシュやCookieに異常が発生しているから表示されるエラーメッセージと考えられています。webサイトをパソコンのブラウザやスマートフォンのサイトで開いた場合、ブラウザには一時的にそのサイトの情報が保存されます。それがキャッシュやCookieの役目なのです。本来ならありがたい機能であるキャッシュやCookieが、何故原因となるのでしょうか。

エラーが発生している

キャッシュやCookieが溜まりすぎていると、エラーが発生してしまい、結果的にAccess Deniedエラーメッセージが出てしまう可能性があるのです。webサイトにアクセスして、キャッシュやCookieが溜まりに溜まって、その溜まってるエラーが発生しているデバイスでアクセスをしようとすると、Access Deniedエラーメッセージが出てしまう可能性がありますので、アクセスする際は注意してください。

キャッシュやCookieや履歴の違いは?

webサイトの情報を一時的に保存してくれるCookieやキャッシュですが、いわば閲覧履歴と同じではないかと考えている人は多いのではないでしょうか。たしかにCookieもキャッシュも、履歴も溜めすぎてしまってはパソコンやスマホに負担がかかってしまって、エラーメッセージを発生させる原因となりますが、実はCookie、キャッシュ、履歴は似て非なるものなのです。どのような部分が違うのかを解説していきます。

キャッシュとは

キャッシュというのは、一度アクセスしたwebサイトをスムーズに表示してくれる機能です。Aというサイトに過去アクセスしたという記録をブラウザなどに保存してくれる機能なので、もう1回Aというサイトにアクセスしたいという時に、スムーズに表示してくれるので便利な機能なのですが、溜まりすぎてしまうとパソコンの動作が重くなってしまうことがありますので、こまめにキャッシュを消すことを忘れないようにしてください。

Cookieとは

Cookieというのはwebサイトのログインした情報を保存してくれるというとても便利な機能です。ユーザー名やパスワードを打ち込んでログインしたサイトに次にログインをしようとしたら、前回打ち込んだままのユーザー名やパスワードが残っていて、あとはログインボタンを押すだけで完了するということはありませんか?これはCookieがそのログイン情報を保存してくれているおかげですが、これもこまめに消しましょう。

履歴とは

履歴というのは、ログイン情報を保存しているなどではなく、ただこのwebサイトに何月何日にアクセスしましたという情報のみを保存しているものです。もちろんそこから目的のサイトにアクセスすることもできますが、Cookieなどとはまた違うので注意してください。キャッシュやCookie、履歴は異なるものですので、Access Deniedエラーメッセージが出た場合はキャッシュやCookieに注目してください。

様々な解決法がある

Access Deniedエラーメッセージが出た場合はキャッシュやCookieに原因があるだけでなく、他のところで原因がある場合がありますので、Access Deniedエラーメッセージが出た場合は様々な解決法を試してみることが大事です。Access Deniedが出てしまったときの解決法をいくつか紹介していきますので、ぜひAccess Deniedエラーメッセージが出てしまったときは参考にしてください。

余計なところを触らないように

Access Deniedが出た場合はくれぐれも余計なところを触らないようにしてください。余計なところを触ってしまうと、パソコンやスマホは精密機械ですので壊れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

「Access Denied」エラーが表示された場合の解決手順

Access Deniedエラーメッセージが出てしまったときの解決手順をいくつか紹介していきます。Access Deniedエラーメッセージが出てしまった時は焦らずに対応することが重要となってきます。サイトにアクセスしようとしてもアクセスできないという時は、慌てずにこれから紹介する18個の対処法を試してみてください。そうすることで問題を解決することができるので、ぜひ対処法をチェックをしてみてください。

スマホ版ブラウザ版どちらも紹介

対処法の最たるものとしてはブラウザ側で解決するというものが多くあります。ブラウザ側でエラーメッセージが出たとしてもブラウザ側で対応できることが多いので、ブラウザ版でこのサイトにアクセスしたいと考えている人はぜひブラウザ側で対処をしてみましょう。もちろんスマートフォン側で解決するときの解決手順も紹介していきますので、スマートフォン側の解決手順も知りたいという人は、ぜひ対処法を参考にしてみてください。

ページの再読み込み

まずAccess Deniedエラーメッセージが出てしまったという時は訪れたwebサイトを再読み込みしてみてください。一時的なエラーが発生しているためにAccess Deniedエラーメッセージが出てしまっている可能性がありますので、キャッシュやCookieに何も異常はないのにAccess Deniedが出てしまうという人は、webサイトの再読み込みを試してみてください。

ページの再読み込みの仕方

Access Deniedエラーメッセージが出てしまってwebサイトが開けないというときはページの際読み込みをするのが1番ですが、ページの再読み込みの方法を紹介します。ブラウザで開いている時は左上にリング状になっている矢印をタップしてください。スマホの場合はURLの隣にある矢印をタップします。

プライベートモードでアクセス

プライベートモードでアクセスすることでエラーメッセージを解消できる可能性がありますので、スマートフォンの場合エラーメッセージが出て開けないという時はプライベートモードで開きましょう。

他のブラウザからアクセスする

他のブラウザからアクセスしてみるというデモや有効です。パソコンでは開けなかったサイトなのに、スマートフォンでアクセスしたら開けるようになっているということがあるので試してください。

ブラウザのキャッシュとCookieの削除

ブラウザのキャッシュとCookieが、溜まっているのでエラーメッセージが出ているという可能性があるので、そのようなときは、ブラウザのキャッシュとCookieを削除してみてください。

iOS/Androidの場合

スマートフォンの場合は、履歴を消すことでキャッシュのクリアができます。Webサイトを開いて、時計マークをタップしてください。そこにはサイトの履歴がありますので全てを消去しましょう。

Windows/Macの場合

パソコンの場合は自分のアカウントページに行って、履歴にアクセスしてください。履歴にアクセスすると、どこからどこまでのサイトの履歴を消すのかを選択することができるので選択しましょう。

プロキシの無効化