オーディオレンダラエラーと表示されたら?原因と10つの対処法

オーディオレンダラエラーはWindowsでYoutubeを見ているときに起きるエラーです。これらは再起動して直ることもありますが、今回はこのエラーが起きる原因と対処法を紹介します。ブラウザのアップデートや更新方法はブラウザごとに紹介します。

 

オーディオレンダラエラーが起きたときの対処法は?

オーディオレンダラエラーはyoutubeを視聴している時などに発生するエラーです。このエラーが発生すると、正常に動画を再生することができなくなります。あるいは、動画は視聴できても、音声が聞こえないケースもあります。まずは、このような「オーディオレンダラエラー」が起きてしまったときの対処法を紹介します。

対処法①:オーディオ機器の再接続

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法一つ目は、ヘッドホンやスピーカーなどのオーディオ機器を再接続することです。これらのオーディオ機器がパソコンに接続されている場合、オーディオ機器の接続状況の問題によってオーディオレンラダエラーが発生しているかもしれません。一度接続を外して、再接続してみましょう。また、複数のオーディオ機器を接続している時には一つだけで接続するようにしましょう。

対処法②:パソコンを再起動する

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法二つ目はパソコンを再起動することです。youtubeでオーディオレンダラエラーが発生した時のエラ〜メッセージには、パソコンを再起動するように促す文面があります。そのためメッセージに従って再起動してみましょう。ただし、一時的に解決できたとしても再度問題が起きることがあり、再起動後にもエラーが多発する場合には他の対処法を試してみてください。

対処法③:オーディオのトラブルシューティング

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法三つ目はオーディオのトラブルシューティングを実行することです。Windows上でオーディオデバイスの認識に問題が起きていることが原因でyoutubeでオーディオレンダラエラーが発生する場合があります。この問題は、Windowsのオーディオ再生のトラブルシューティングツールを実行することで解決することがあります。手順は以下の通りです。

①Windowsマークを右クリック、「設定」>「更新とセキュリティ」を選択します。②左ペインの中から「トラブルシューティング」を選択してください。③右ペインの中から「オーディオの再生」を選択してください。④「トラブルシューティングツールの実行」をクリックしてください。
あとは、トラブルシュ=ティングウィザードに従って進め、全てのプロセスが終了したら完了です。

対処法④:サウンドドライバーの更新・アップデート

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法四つ目はサウンドドライバーの更新・アップデートです。サウンドドライバーが古いと、オーディオレンダラエラーが発生することがあります。サウンドドライバーを最新のバージョンに更新・アップデートしてみましょう。WIndows Updateを実行すると、自動でサウンドドライバーの最新バージョンがインストールされます。

対処法⑤:サウンドドライバーの無効/再有効化

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法五つ目はサウンドドライバーの無効・再有効化です。上の対処法④や対処法⑥と同じようにサウンドドライバーの不具合の場合には無効化・有効化することで問題が解決されrかもしれません。

対処法⑥:サウンドドライバーのアンインストール/再インストール

オーディオレンダラエラーが発生したときの対処法六つ目はサウンドドライバーのアンインストール・再インストールです。サウンドドライバーが破損していることが原因でオーディオレンダラエラーが発生しているかもしれません。サウンドドライバーをアップデートしてもオーディオレンダラエラーが解決しない場合にはアンインストール・再インストールを試してみてください。