未分類

楽天カードは電話がつながらない?原因と対策を解説!

2022年4月13日

楽天カードを利用している方で、問い合わせの電話がつながらないと感じた方は多いと思います。
不正利用や紛失などの緊急時に、電話がつながらないと困る方も多いでしょう。
今回の記事では、楽天カードの問い合わせの電話がつながらない原因と対策について詳しく解説していきます。

楽天カードは電話がつながらないと言われる原因

 

楽天カードは問い合わせ窓口でオペレーターに電話がつながりにくいと言われています。
電話がつながらない原因が複数存在しているので、特に代表的な原因について詳しく解説していきます。

会員数が多く問い合わせが多い

楽天カードの問い合わせ窓口で電話がつながらない原因の1つ目は【会員数が多く問い合わせが多い】という点です。
楽天カードは2022年1月に会員数が2500万人を突破したことを発表しました。
https://www.rakuten-card.co.jp/corporate/press_release/20220127/
今では、日本で発行されているクレジットカードの中で最も知名度の高いカードと言えるでしょう。
しかし、会員数が多い分問い合わせ窓口への電話が多いことが、楽天カードは電話がつながらないと言われている原因の1つとして挙げられます。

新型コロナウイルスの影響による人員削減

楽天カードの問い合わせ窓口で電話がつながらない原因の2つ目は【新型コロナウイルスの影響による人員削減】です。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、現在各企業で感染防止への様々な取り組みが行われています。
その中でもコールセンターの人員削減が、問い合わせ窓口に電話がつながらない原因となっています。
コロナ禍はいつまで続くか不透明なため、今後も電話がつながらないといった状況は続くでしょう。

クレームなどの電話でオペレーターが長時間拘束されている

楽天カードの問い合わせ窓口で電話がつながらない原因の3つ目は【クレームなどの電話でオペレーターが長時間拘束されている】です。
楽天カードは会員数がトップクラスに多いクレジットカードです。
相対的に不正利用の問い合わせやクレームなどの、応対時間の長くなりやすい対応でオペレーターが長時間拘束された場合に電話がつながらない状態となる可能性が高いです。
新型コロナウイルスの影響による人員削減と重なって、オペレーターに電話がつながらない原因となるでしょう。

楽天カードがつながりにくい原因は自動音声ガイダンス?

自動音声ガイダンスは簡単な手続きや簡単なサポートの対応としてはとても便利です。
しかし、自動音声ガイダンスの存在がオペレーターとの問い合わせ窓口が混雑する原因になっています。
理由について詳しく解説していきます。

自動音声ではなくオペレーターに問い合わせが集中するのも混雑の原因

次のページへ >