旦那や妻の秘密が1発でバレる!浮気防止アプリLINE HEREが凄い!

この記事は約 6 分で読むことができます。

LINE HERE(位置情報アプリ)の機能。終了した理由と、LINE HEREに代わるアプリ、【類似】代替後継アプリの紹介。位置情報がばれると困る場合の「バレない対策」も。

line here

【2017年終了】LINE HEREでできたこと

LINE HEREはiPhoneのGPS機能をLINEアカウントと連携したサービス。

2015年8月にサービス開始され、2017年12月15日にサービス・ダウンロード終了となっています。

(※現在利用不可

LINE HEREの主な機能

LINE HEREでは、iPhone・AndroidなどのスマホGPS機能をLINEアカウント(facebookアカウントも可)と連携し、LINEユーザ間で位置情報の確認ができることが特徴となっていました。

LINEの友達を招待し、位置情報を共有する

  1. 「LINE HERE」アプリをダウンロード>ログイン
  2. 地図下のプラス(+)アイコンをタップ>LINEを選択
  3. コピーされたURLをLINEの友達に送信
  4. 相手が承認した時点から位置情報共有が開始

アプリから自分の位置情報をURL化してトークに送信するだけなので、とても簡単です。

位置情報は自分のアイコンで地図上に表示される仕組みになっていました。

時間限定「タイマー」で位置情報を共有する

  1. 地図上の「V」をタップ
  2. 共有設定>タイマーをタップ

1時間~24時間で「時間限定」で位置情報共有をすることが可能に。

ただしこの機能をOFFにしている場合×共有解除(シェアルーム退出)しなかった場合は時間リミットなしで共有され続けることになります。

相手が設定場所に到着した「通知」を受け取る

LINE HEREでは「地点を登録」することができるというユニークな機能があり、この地点にユーザが近づいた(到着した)らLINEに通知を届けることが可能となっていました。

  • 最寄り駅などを登録して家族の帰宅タイミングをチェック
  • 待ち合わせ場所を登録し相手が到着する時間をチェック

というような使い方をしていたユーザが多いようです。

LINE HEREがダウンロード終了した理由

LINE HERE約2年でひっそりと姿を消した理由は、プライバシーの問題が関係しているようです。

そもそも、LINEを使っていても「LINE HEREの存在は知らない」というユーザが多かったため、「〇〇と位置情報をシェアしましょう」という招待メッセージを承認することで「自分の居場所が地図上に表示される」という事が分からず不本意に自分の居場所が表示されてしまった事例が多くあったようです。





【代替・後継アプリ】LINE HEREに代わる人気アプリとは

LINE HEREは終了しているものの、LINE HEREの代わりに使える高機能位置情報共有アプリは続々登場しています。

第1位GPSアプリ:Google Map「現在地の共有」

  • g-mailのあるユーザ同士で位置情報共有
  • iPhone×Android間でも位置情報共有可能
  • 1時間で自動シェア解除で安心
Google Mapユーザの間で「かなり使える」のがこの機能。
通常の位置情報共有アプリだとiPhone同士(またはAndroidユーザ同士)でしか使えないところですが、Google Mapの「位置情報共有」機能ならiPhone・Androidに関係なく位置情報共有ができます
①自分の位置情報だけを相手に知らせる or ②お互いの位置情報をシェアする の2つの方法が選べる点もGood。
基本的なデフォルト機能として、位置情報共有の開始から1時間で自動的にシェアが解除となるので切り忘れもなく安心です。

第2位GPSアプリ:「iPhoneを探す」

iPhoneを探す,浮気

  • Apple ID&パスワードで位置情報が確認できる
  • Appleユーザ同士で利用が可能
  • iPhone紛失時や家族の居場所共有用アプリ

iPhoneの公式アプリ(デフォルトアプリ)として使えるApple元祖の位置情報共有アプリ

もともとは「自分のiPhoneの紛失時の対策」として開発されたものですが、家族や友人との位置情報共有にも使うことができます。

LINE HEREの代わりに信頼できる位置共有アプリを使いたいという場合は、こちらの本家アプリが良いでしょう。





GPSアプリで位置情報がバレる?!浮気発覚も調査できる

浮気,アプリ

位置情報アプリで浮気調査

位置情報アプリは、使い方によっては浮気調査にも使うことが可能です。

相手と位置情報をシェアする方法をとるのではなく、位置情報機能をオンにした自分のスマホ端末相手の鞄などに忍び込ませておくという方法が有効となります。

法律上、相手の居場所は相手の同意があってこそみられるものとなっていますが、浮気調査となると事情は少し複雑です。

あくまで自己責任で行う方法ではありますが、この方法はどんな浮気調査アプリより効果的といえます。

詳しく見たい方は関連記事をご覧下さい▼

iPhone gpsの追跡方法!浮気不倫男の居場所を特定!

位置情報がバレないようにするには

逆に自分の「位置情報がバレたくない!」という場合は、手っ取り早く2つの方法で居場所バレを防ぐことができます。

  1. Apple IDをオフにする
  2. GPS機能をオフにする

Apple IDをオフにする

一番簡単なのは、自分のApple IDのパスワードを変えたり、使うアカウントを変更したりすることです。

すでにお分かりの通り、どの手法にもApple IDが必要になってきます。

つまりApple IDを変更し、相手にバレなければ、相手は自分のiPhoneの位置情報を把握することはできません。

GPS機能をオフにする

手っ取り早いのはGPSをオフにすることですが、これではGPSを利用するアプリが使用できません。

位置情報を把握されたくない時だけGPSを切っておき、帰るときに戻せばその間の位置情報は特定されません。

Apple IDを変えることがめんどくさい方にはこちらがオススメですが、長期的な解決策にはならないでしょう。

  1. 「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」に移動。
  2. 「位置情報サービス」がオンになっていることを確認。
  3. 下にスクロールして、目的の App を探す。
  4. App をタップし、オプションを選択。




まとめ

位置情報アプリを実際に使っている人を見てみると、意外と様々なシーンで活用している人がいることがわかります▼

  • 友達や友人との待ち合わせ時
  • 子どもの居場所監視
  • 社員の居場所監視
  • iPhone紛失時の対策
  • 浮気調査

プライバシーの問題があるので使い方には注意が必要ですが、うまく活用すれば便利につかえること間違いなしですね。

【関連記事】




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す