Microsoft Compatibility Telemetryの停止で軽くする方法

Windowsを利用してMicrosoft Compatibility Telemetryが原因で動作が重いことはありませんか。Microsoft Compatibility Telemetryを停止して、Windowsを軽くする方法について紹介していきます。

Microsoft Compatibility Telemetryは停止しても問題なし

Windows10パソコンを利用していてMicrosoft Compatibility Telemetryというプロセスやサービスが原因でWindows10パソコンが重くなった経験はありませんか。Microsoft Compatibility Telemetryが動作することでWindowが重くなってしまうこともあります。そんな場合にMicrosoft Compatibility Telemetryは停止しちゃっても問題ありません。また一時的に停止させて問題を解決させてから再度Microsoft Compatibility Telemetryを起動することもできます。

Microsoft Compatibility Telemetryの停止方法

WindowsパソコンでMicrosoft Compatibility Telemetryのプロセスやサービスが原因で動作や挙動がおかしい場合は、まずはMicrosoft Compatibility Telemetryを停止させると改善することができます。なのでここではWindowユーザ向けにMicrosoft Compatibility Telemetryの停止方法について紹介していきますの、もしMicrosoft Compatibility Telemetryで悩んでいる人は、是非停止方法を試してみてください。

①レジストリを編集

まずWindowでMicrosoft Compatibility Telemetryを停止させる方法としては、レジストリから編集してMicrosoft Compatibility Telemetryを停止させる方法があります。Windowパソコンでレジストリエディタを起動して、

②タスクスケジューラーから停止

Microsoft Compatibility Telemetryの停止方法としては、タスクスケジューラからプロセスを停止させる方法があります。タスクスケジューラとは、Windowsパソコンで動作しているプロセスやサービスを確認することができるツールとなっています。なのでタスクスケジューラを起動して、Microsoft Compatibility Telemetryを確認してみましょう。

③コマンドを使用して停止

またMicrosoft Compatibility Telemetryのプロセスはコマンドプロンプトより停止させることもできます。コマンドプロンプトを起動して、「schtasks /Change /TN “\Microsoft\Windows\Application Experience\Microsoft Compatibility Appraiser” /DISABLE」と入力して、実行してください。するとMicrosoft Compatibility Telemetryを停止させることができます。

④サービス一覧を利用して停止

またWindowサービスからMicrosoft Compatibility Telemetryを停止させることもできます。Microsoft Compatibility TelemetryはWindowサービスにデフォルトで登録されているので、Windowサービスより右クリックして停止させましょう。

CompatTelRunner.exeファイルを使用して停止