【iPhone】最新IOSにアップデートしないリスクとは?実はこんなに怖い?

まずiPhoneのiOSをアップデートする際の注意点としては、メジャーアップデートとマイナーアップデートがあることを知っておきましょう。メジャーアップデートとは大幅にiOSの機能がアップデートされる可能性があるアップデートになっています。

一方でマイナーアップデートは、ちょっとした不具合やバグを修正するアップデートになっています。

一時的にアプリが使えなくなる可能性あり

iPhoneのメジャーアップデートをする際の注意点としては、iOSが大幅に変更されるため一時的にアプリケーションが利用できなってしまう場合もあります。これはiPhoneのアプリケーションがiOSのバージョンに合わなくて動作不慮が発生する場合があるためです。

多くの不具合が出ることがある

またiPhoneのメジャーアップデートの場合は、大幅に機能が変更されるのでよく不具合やバグが発見されることがあります。ちょっとした不具合やバグであれば特に気にしないこともありますが、いつも利用している機能やアプリケーションに影響がある不具合やバグだと元のバージョンに戻した方が良い場合もあります。

通常アップデートでの注意点

iPhoneのメジャーアップデートだけではなく、マイナーアップデートも含めてiOSをアップデートする際に注意すべき点についてもここではチェックしておきましょう。

これからiPhoneのアップデートを検討している人は、アップデートする前に事前に注意する点を確認しておきましょう。

必ずバックアップの作成をする

まずiPhoneのiOSアップデートする際は、アップデート後に不具合やバグが発見されて正常にiPhoneが動作しなくなってしまう場合もあります。なので必ずiPhoneのiOSをアップデートする前にバックアップを作成しておきましょう。万が一iOSアップデート後に不具合が発生されて場合は、バックアップより元のバージョンに復元できるようにしておきましょう。

AppleIDとパスワードを確認しておく

またiPhoneのiOSをアップデートする際にはAppleIDとパスワードが必要になってきます。なのでiPhoneをアップデートすることを検討している人は、事前にAppleIDとパスワードを確認しておき、もしわからなくなってしまった場合は、事前にパスワード変更しておくとよいかもしれません。

iOSのアップデートができない原因

iPhoneのiOSをアップデートする際の注意点についていくつか紹介してきましたが、注意点を知っていないとiPhoneのiOSをアップデートが正常にできない場合もあります。ここではiPhoneのiOSアップデートができない場合の考えられる主な原因についてチェックしてみましょう。

①バッテリーの残量が50%を下回っている

まずiPhoneのiOSアップデートが正常にできない場合の考えられる原因としては、iPhoneのバッテリー容量が原因の場合があります。iPhoneのiOSアップデートはバッテリーを多く消費します。なのでiPhoneのiOSアップデートを行う際は、バッテリー容量が50%以上にないとアップデートできないようになっています。

②Wi-Fiが不安定

またiPhoneのiOSアップデートはネットワークも多く利用されます。これはiPhoneのiOSをアップデートする際に必要なデータが大きく安定したネットワーク環境でないとダウンロードが失敗してしまったり、ネットワーク制限が掛かってしまう場合があります。なのでiPhoneのアップデートをする際には安定したネットワーク環境でないといけません。

③サーバが混み合っている

また最新のiOSアップデートがリリースしたばかり最新のiPhoneをリリースしたばかりだとAppleのサーバにアクセスが頻発して、サーバが正常に処理できなくなってしまっている場合もあります。その状況でiPhoneのiOSアップデートを実行するとiOSアップデートに必要なファイルがダウンロードできずエラーになってしまうことがあります。なのでAppleのサーバが混みあっている場合は、少し時間を空けてから再度試してみましょう。

④空きストレージが少ない

iPhoneのiOSアップデートはネットワーク同様にストレージサイズも多く利用する場合があります。多くのビデオや写真を保存している場合はiPhoneのストレージが枯渇している場合があります。ストレージサイズが足りていない場合はiPhoneのiOSアップデートが失敗する場合もありますので、事前にiPhoneのストレージをチェックしておきましょう。

iOSのアップデートをできない時の対処法

関連する記事

コメントを残す