開発者の方の個性が爆発「前衛的なクソゲーRPG」を紹介!

周りにはクソゲーと評価されているようなゲームが好きだ、というゲーマーの方もいるのではないでしょうか。そんな方にまさにぴったりな”クソゲー”がリリースされています。今回紹介する「前衛的なクソゲーRPG」というゲームです。

「前衛的なクソゲーRPG」とは??

「前衛的なクソゲーRPG」は変な勇者が変な仲間たちとともに変な魔王をこらしめにいく、馬鹿げた物語です。
開発者の方によると、「中身はいわゆるクソゲーというやつですが、味のある台詞回し、妙に整ったゲームバランス、などの特徴があり、思いの外じっくり遊べるかもしれないクソゲーとなっております」とのことです。

ゲームの進め方

【操作方法】
カーソルキーor画面タップ:移動
OKボタンor画面タップ:決定/調べる
キャンセルボタンor二本指タップ:キャンセル/メニュー画面の開閉

【序盤の攻略】
基本的には、街やダンジョンを探索し、装備を整えモンスターを倒してレベルを上げるというオーソドックスなRPGです。

王様の『魔王まじやべえ、倒して』という投げやりなセリフからゲームが始まります。のっけから置いてきぼりの展開ですが、このような点がいわゆるクソゲーというやつだそうです。気にせず進めるか、スマホの電源をそっと落としましょう。とりあえず魔王を倒しに行けばいいのでしょう。

まずは、城の中を探索していきます。NPCの兵士に話しかけると、1/10ぐらいの確率で有用な情報が手に入ります。途中、兵士長のポエムを閲覧できますが、こちらは見て損しかないそうなので、スルーして良いそうです。

城の二階から外に出ると、封印の扉がありますが、こちらはゲームの終盤まで開きません。開発者の方は「そこまで進めた人はほんとすごいと思うよ。まあアイテムを漁るだけ漁っておさらばするとしましょうか」とコメントしています。

城の外に出ると、隣に町がありますが、特に重要なイベントはありませんので、スルーしてもOKだそうです。

おもむろにフィールドを歩いてみると、どこかでみたようなス○イムやこうもりが出現します。どこかでみたことがあるとしたら、開発者の方の前衛的なLINEスタンプシリーズだということです。絶対に。

道なりに進むと『思ったより短い洞窟』にたどり着きます。ガチの手抜きマップだそうですが、奥に小ボス『血に飢えたたぬきさん』が待ち構えています。
このたぬきさんは4ターン目ぐらいに強力な攻撃をしかけてくるそうなので、大人しく防御を選択しましょう。「ここまでしっかりと民家のタルやツボからアイテムをパクってきたあなたなら大丈夫!絶対に勝てるんだから!次回、プレイヤー、全滅。アンストスタンバイ!」だそうです。

【攻略のコツ】

①レベル上げは念入りに
ダンジョンには強力なボスが待ち受けています。フィールドで出現するモンスターはできるだけ倒すようにし、レベル上げは念入りに行いましょう。

②セーブはこまめにしてください
ゲームオーバーになると、セーブした地点からやり直しです。セーブはメニュー画面からこまめに行いましょう。なお、当然のごとく自動セーブ機能はありませんので、ご注意ください。

③HPはこまめに回復しよう
ボスは強力な攻撃を繰り出してきます。HPが半分以下になったら、アイテムや魔法で回復するようにしましょう。

④TPとMPの違いに注意
TP…敵を攻撃したり、ダメージを受けることで溜まります。TPを消費するスキルは遠慮なく使用して大丈夫です。
MP…アイテムや宿屋などでしか回復することができません。MPを消費する魔法は無闇に使いすぎないように気をつけましょう。

アプリ開発のきっかけ

開発者の方によると、このクソゲーを開発したきっかけは、二点あるそうです。

①アプリストアにじっくりプレイできるRPGがあまりなかったこと。
②スマホアプリに製作者の個性が爆発する、クソゲーやバカゲーをもっと増やしたかったこと。

①について、じっくりプレイ可能なオーソドックスなRPGアプリはコンシューマーゲームの移植以外では思いの外少なく、どこか寂しさを感じていたそうです。それならば、自分で作ってやろうと自分なりに頑張った結果、案の定クソゲーが出来上がってしまったとのことです。

②について、PC用のフリーゲーム界隈と比べると、スマホアプリにはいわゆるバカゲーが多くなく、どこか侘しさを感じていたそうです。それならば、私が作ってやろうと自分なりに頑張った結果、案の定バカゲーが出来上がってしまったとのことです。

こんな人におすすめ

開発者の方によるとこんな酔狂な方におすすめだそうです!コメントも全て開発者の方によるものです。

①往年のRPGプレイヤー
セーブのできない教会、入らせてくれない町長の家などなど、RPGのお約束を裏切る展開に、往年のRPGプレイヤーほど乾いた笑いが込み上げること間違いなし!
RPGゲームとしてもギリギリ遊べる範疇かと存じます。

②クソゲーorバカゲーが好きな方
投げやりな展開、崩壊したキャラクター、その他もろもろ……間違いねえ!これはまさしくクソゲーってやつだ!俺はここに残る!!みんなは俺を置いて逃げろーーーーー!!!!


③ツクールゲーが好きな方
このゲームはおなじみ『RPGツクール』で制作されているそうです。ツクールゲーってどうしても雰囲気とかが似通っちゃいがちなんだけど、逆に言えばゲームとしては安定してるよね。だからツクールゲーが好きな方にはおすすめだと思います。たぶん。

まとめ

『前衛的なクソゲーRPG』を紹介しました。今後追加要素の予定はないそうですが、続編の『前衛的なクソゲーRPGⅣ〜ぶっちゃけもうネタ切れ〜』を鋭意制作中とのことです。また、前衛的なクソゲーRPGのSteam版も販売予定だそうですので、期待して待ちましょう。

 

関連する記事