2021年間ビジターアンケートとは?出てきた時の注意点と対処法

ウェブに突然、2021年間ビジターアンケートが表示されることがあります。これはフィッシング詐欺で、簡単なアンケート回答後、賞品が当選したと表示し、個人情報を入力させる流れです。今回は、この詐欺アンケートが表示される仕組みと注意点、さらに対処法を解説します。

2021年間ビジターアンケートはフィッシング詐欺

先述した通り、2021年間ビジターアンケートとは、よく見るフィッシング詐欺サイトのひとつです。このサイトのように、最近では、大手企業のサイトかのように人に信じさせ、個人情報を盗む目的のフィッシング詐欺が多発しています。絶対に被害に遭わないようにしたいですよね。ではここから、詳しくその特徴や表示される仕組み、ウイルス感染の可能性などをご紹介していきます。

2021年間ビジターアンケートの特徴

まずは、2021年間ビジターアンケートの特徴に関して確認していきます。上の画像が、「2021 年間ビジターアンケート ブラウザー意見アンケート」のはじめに表示されるページになります。一見Googleからのメッセージ画面かと思わせるような表示です。ポップアップウインドウには、chromeのアイコンと「親愛なChromeユーザー様、あなたは1月15、2021のラッキービジターです アンケートに答えていただいた方に、『ありがとう』を込めてApple iPhone 11 Proが当たるチャンスを差し上げます!」との記載があります。chromのアイコンで信用度を高めて、iphone11 proが当たるかもしれない、ということで、人の気持ちを引き付けようとする内容になっています。

ウイルス感染のリスクは低い

2021年間ビジターアンケートは、ウイルス感染のリスクは低いと言ってよいでしょう。というのも、動画サイトにて、2021年間ビジターアンケートのサイトの開発ツールを確認したwebエンジニアの情報がありました。その内容は、2021年間ビジターアンケートとは、あくまでもフィッシング詐欺が目的で、ウイルス感染の目的で作成されたものではないということを解説されていました。個人情報を入力して、送信ボタンは絶対にクリックしないよう注意喚起されていました。とはいえ、ウイルス感染のリスクを心配される方もいらっしゃるでしょう。その場合は、ウイルス対策のセキュリティソフトで、ウイルススキャンチェックしてみるのも対策のひとつです。

2021年間ビジターアンケートが表示される仕組み

それでは、次に2021年間ビジターアンケートが表示される仕組みに関して、主たる2つの仕組みを詳しくご紹介します。

【表示される仕組み】①ウェブサイトを改ざんされている

2021年間ビジターアンケートが表示される仕組み、まず1つめは、ウェブサイトの改ざんされているということになります。よく言われているのが、検索サイト上位のウェブサイトにアクセスしたときに表示されたという事例です。この上位に表示されたサイトがリダイレクトされるよう改ざんされているため、自動的に「ブラウザー意見アンケート」の詐欺サイトにアクセスさせられてしまうということになります。

【表示される仕組み】②SEOポイズニング

2021年間ビジターアンケートが表示される仕組み、2つめはSEOポイズニングという手法になります。これは、特定のキーワードでSEOで上位になるようなサイトを、はじめから悪意をもって作成し、フィッシングサイトに転送しているという仕組みです。それで、2021年間ビジターアンケートのようなサイトが、知らないうちに表示されるという流れになるのです。

2021年間ビジターアンケートの流れを紹介

それでは、ここからの内容と流れを詳しく見ていきましょう。アンケートから始まり、どのように個人情報を入力させる流れになるのか、フィッシング詐欺の仕組みを事前に認識できます。実際に表示されたときに、慌てなくて済みますね。

【ビジターアンケートの流れを紹介】①アンケート