NoxPlayerが重いときの対処法を紹介!おすすめの設定も

NoxPlayerでゲームをしているときに動作が重くなるようなことがありますよね。

動作が重くなってしまうとゲームの動作に影響が出てきてしまいます。

そこで今回はNoxPlayerが重い時の対処法やおすすめの設定について見ていきます。

NoxPlayerの動作が重いときの対処法

ではNoxPlayerの動作が重いときの対処法を見ていきましょう。

NoxPlayerの動作が重いときの対処法には様々な種類があるので1つ1つ見ていきます。

①NoxPlayerを再起動する

まず重い場合の対処法はNoxPlayerを再起動しましょう。

このNoxPlayerの再起動に関してはまず最優先でやるべきことなんですね。

NoxPlayerが起動直後よりちょっとでも重いなと感じた場合は再起動することで動作が改善する場合があります。

ではNoxPlayerの再起動方法を見ていきます。

 

まず上部メニューで「NoxAppPlayer」をクリックし「Quit NoxAppPlayer」で確認画面が表示されます。

そこで確認画面の「OK」をクリックし再度「NoxPlayer」を起動しましょう。

これでNoxPlayerの再起動が完了しました。

②NoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を有効にする

次に重い場合はNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を有効にしましょう。

NoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)とは仮想マシンモニタによる複数のオペレーションシステムの並行動作をより効率的に動作させるための技術です。

またの名を仮想化支援技術ともいいますがNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を使うことにより動作が高速化することがあります。

 

ではNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)が有効になっているのかどうかを確認する方法を見ていきます。

まずNoxPlayerのウィンドウの左上に「!」の確認ができた場合はNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)が無効になっている状態になっています。

つまりは「!」が表示されていない場合はNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)が有効になっているということですね。

 

ではNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)が無効になっている場合は以下の方法でNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を有効にしていきます。

まずBIOSメニューを開きCPU機能を開きます。

次にNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を有効にしPCを再起動しましょう。

これでNoxPlayerのVT(バーチャライゼーション)を有効にすることができました。

③NoxPlayerのグラフィックスレンダリングモードを変更する

次に重い場合はNoxPlayerのグラフィックスレンダリングモードを変更しましょう。

CPUやメモリを増設してもなお動作が微妙な場合はNoxPlayerのグラフィックスレンダリングモードを変更することで改善することがあります。

このNoxPlayerのグラフィックスレンダリングモードの変更は高級設定タブ内で変更ができます。

 

デフォルトでは互換モードが選択されています。

なので強化互換モードでそれでもだめなら急速モードに切り替えることで動作が改善することがあります。

NoxPlayerのグラフィックスレンダリングモードの変更が結構有効になります。

④開いているアプリの設定を変更する

次に重い場合は開いているアプリの設定を変更します。

アプリ側の画質が設定できる場合は画質が低めに設定すると動作速度が軽くなる場合があります。

アプリの画質設定から「高画質」になっている場合は画質を低くして動作速度を確認しましょう。

⑤不要なアプリを終了する

次に重い場合は開いているアプリの設定を変更しましょう。

他で起動しているアプリがPCのリソースを使用しており動作が重くなるケースがあります。

そのため開いているアプリを閉じることにより動作を改善することができます。

では開いているアプリの設定を変更する方法を見ていきます。

まず「Appleマーク」→「強制終了」で起動しているアプリ一覧が表示されます。

そこで不要なアプリを選択して「強制終了」をするなり設定を変更するなりで完了させましょう。

これで開いているアプリの設定を変更することができました。

⑥NoxPlayerのディスクスペースをクリーンアップする