PSエミュレーター「ePSXe」を使う!使い方や設定方法とは?

「ePSXe」以外のPSエミュレータ

ePSXe以外にもpsエミュレータはあります。ePSXeが少し扱いにくいと感じた人は、違うpsエミュレータを使ってみてください。ePSXe以外のpsエミュレータを紹介しますので参考にしてみてください。

Xebra

このエミュレータの名前はエミゅってしまうまという名前です。このエミュレータは開発した本人の技術確認によって作成されたもので、新たにエミュレータを作る人に対しての指南書のような役割を果たしているエミュレータです。

pSX

このpSXは起動させる際にBIOSが必要になってくるエミュレータです。日本語対応で、設定を細かくやらなくてもいいというのも魅力的なポイントです。当時の再現が細かくされているエミュレータです。

PCSX Reloaded

PCSX ReloadedはBIOSが内蔵されているのでスムーズな動作でゲームを快適に楽しむことができます。エミュレータ対応していないゲームに対応しているプログラムなのでとても便利です。

SSSPSX

SSSPSXはプラグイン方式で動きます。プラグインやBIOSを事前に用意しておく必要があります。とても動作が軽く、その完成度はePSXeと同じくらいなのではと言われているエミュレータです。

AdriPSX

AdriPSXはBIOSが内蔵されていて、さらにプラグインも備わっているのでエミュレータの初心者という人も簡単に扱えることができるエミュレータですので、初めてという人はぜひ使ってみてください。

CVGS

CVGSはBIOS内蔵の動作が軽いエミュレータで有料となっています。有料であるぶん、細かな設定を自分で行わなくていいというメリットがあります。設定をしたくないという人におすすめです。

bleem!

bleem!はBIOS内蔵のとても再現性が高いエミュレータで歴史が古いです。2000年初期からすでに誕生しており、現在でも起動可能な高技能エミュレータですので、ぜひ使ってみてください。

まとめ

psでプレイできるゲームを、PCでもプレイできるのは嬉しいという人は多いです。各種設定を忘れずに行い、そして当時の思い出を再び楽しめるpsエミュレータでゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。