PSPエミュレータの使い方は?PPSSPPとJPCSPを紹介!

PSPのゲームソフトを動かすことができるPSPエミュレータ。

ただPSPエミュレータの使い方が難しいものが多く難航している人が結構います。

そこで今回はPSPエミュレータの使い方について見ていきます。

またPPSSSPとJPCSPについて見ていきます。

PSPエミュレータとは?

ではPSPエミュレータについて見ていきます。

このように数々の恩恵を受けることができます。

そのPSPエミュレータはPSPのゲームソフトを動かせるプログラムのことです。

ただ多くのPSPエミュレータは開発がストップしていたり市販ソフトが動作しない問題が結構あります。

なのでPSPエミュレータの中でもPPSSPPとJPCSPの動作が確認されているのでそのどちらかを使うことになってきます。

PSPエミュレータは「PPSSPP」がおすすめ!

またPSPエミュレータは「PPSSPP」がおすすめなんです。

エミュレータはネット上でも高評価を得ています。

「PPSSPP」は

  • Windows
  • Android
  • Mac OS
  • Linux
  • iOS

などのOSに対応しているエミュレータです。

最新のGitバージョンでは軽快に動くソフトも増えています。

またエミュレータの中でもタイトル表示まで進められないソフトはだいぶ少なくなってきた印象です。

PPSSPPの動作環境に驚いている人も結構いますね。

PPSSPPの使い方については以下の記事を参考にしてください。

PPSSPPを存分に楽しむことができますよ。

ppssppの使い方を解説!スマホ、PCでPSPを楽しもう!

PPSSPPが使えないときに!「JPCSP」のインストール方法・使い方は?

ではPPSSPPが使えない時の「JPCSP」について見ていきます。

このようにバージョンアップがどんどん行われています。

JPCSPのインストール方法

ではJPCSPのインストール方法を見ていきます。

JPCSPのインストール方法にはJAVAをインストールする必要があります。

JAVAをインストール

ではJAVAをインストールする方法について見ていきます。

JAVAは公式サイトからダウンロードすることができます。

ダウンロードしたJAVAをインストーラーからインストールしましょう。

JPCSPをダウンロード・解凍

またJPCSPをダウンロード・解凍も見ていきます。

ダウンロード先は→https://buildbot.orphis.net/jpcsp/

URLから飛んでダウンロードするだけでOK。

解凍も右クリックで「解凍」するだけでできてしまいます。

JPCSPの使い方

ではJPCSPの使い方を見ていきます。

JPCSPの使い方にはまずUMDのイメージを入手します。

次にISOイメージを吸出しPCに導入。

isoファイルを「umdimages」フォルダに入れる

まずJPCSPの使い方はデスクトップに「PSPISO」というフォルダを作成し吸い出したISOイメージをフォルダに入れましょう。

次にこちらに行き「Windows 32bit(64bitOSの人は64bit)」の下の「download」をクリック。

デスクトップにダウンロードし「jpcsp-4桁の数字-windows-x86.7z」を解凍しましょう。

.batファイルを起動

できたフォルダの中にPSPISOフォルダを入れます。

メニューバーの「Languege」から日本語を選択

解凍してできたフォルダの中の「start-windows-x86.bat」をクリックし「Language」で日本語を選択しましょう。

isoファイルを読み込む

「オプション」から「設定」で「UMDフォルダのパス」の横にある・・・から「PSPISO」。

最後に「ファイル」→「UMDを読み込む」をクリックしプレイしましょう。

キーコンフィグのやり方

ではキーコンフィグのやり方を見ていきます。

ここでは間違いが多いので慎重にやっていきます。

キーコンフィグのやり方はオプション→コントロールかF11キーを押しましょう。

キーのボックスをクリックすると「PressKey」と表示されるので適応するキーをクリック。

コントローラーを使用したい場合は「コントローラー」をクリックしてPressKey状態でキーを入力。

これでOKです。

JPCSPでチートを使う方法