MEGAの「転送容量が不十分です」とは?回避策から対処法まで解説

皆さんはMEGAというアプリで「転送容量が不十分です」と表示されたことはありますか?実はネット上で今「転送容量が不十分です」と表示されるエラーが多数報告されています。そこで「転送容量が不十分です」の回避策や対処法を見ていきます。

MEGA(アプリ)の転送容量とは?

まずMEGA(アプリ)の転送容量とはいったい何なのかを見ていきます。

そもそもMEGAとは?

ではそもそもMEGAとはいったい何なのかを見ていきます。

MEGAとはニュージーランドに本社がある「Mega Limited」が提供しているオンラインストレージサービスです。

2013年にサービスを開始してからなんと2018年前に1億人のユーザーを獲得しています。

かなりのスピードですね。

さらにMEGAは日本語に対応しているので日本人でも問題なく利用することができます。

 

ネット上でも高評価のようですね。

MEGA(アプリ)で「転送容量が不十分です」とは?

ではMEGA(アプリ)で「転送容量が不十分です」とはいったい何なのかを見ていきます。

MEGA(アプリ)で「転送容量が不十分です」とはもともと決まっている転送量を超えているという意味です。

MEGAには3GBのダウンロード制限があり3GBを超えると転送が制限されてしまいます。

このデータの総量である転送容量が枯渇した際にMEGA(アプリ)で「転送容量が不十分です」と表示されてしまうんですね。

MEGAで「転送容量が不十分です」の対処法

ではMEGAで「転送容量が不十分です」の対処法を見ていきます。

 

ネット上でもこういった意見が出ているので対処法を見ていきましょう。

【対処法】①ダウンロードやインポートが溜まっていないか確認

まず転送容量の対処法はダウンロードやインポートが溜まっていないか確認しましょう。

確認方法はまずアカウント設定に行って「転送」→「ストレージ」がいっぱいになっているかどうかを見てみましょう。

これがマンパンであればアウトです。

【対処法】②保存先の容量確認

次の転送容量の対処法は保存先の容量確認です。

一番よくある原因なのですが保存先の容量が足りない場合です。

iPhone本体の容量が不足しているとカメラロールに保存することができません。

なので他の保存先を指定することが要求されます。

【対処法】③一定時間あけてみる