未分類

【スイッチ】みまもり設定を解除する裏ワザ!通常の解除方法も紹介

できること①ゲームのプレイ時間を確認できる

ユーザーごとに、ゲームソフトを遊んだ時間を確認できます。また、一か月分のプレイ記録を一括して確認することもできます。

さらには、プレイ時間を確認するのみならず、スイッチ本体で遊ぶ時間の上限を設定できます。時間が上限になったら画面にメッセージを表示したり、ゲームを止めたりすることもできます。

できること②プレイしているゲームタイトルを確認できる

ユーザーが遊んだゲームタイトルを確認することができます。

できること③スイッチ機能の制限

子供の年齢に応じて、遊べるソフトや使える機能を制限することができます。制限のレベルは、「幼児」「小学生」「中学・高校生」の3レベルとなっています。

ソフトについては、CEROのレーティングを使って制限します。なお、カスタム設定を選択すると、自分で制限の内容を自由に設定できます。

制限できる項目

制限の対象となる機能は以下のとおりです

  • ソフトのプレイやゲームニュースの閲覧はCEROのレーティングを使って制限されます。
  • 画面写真や動画のSNS投稿は幼児・小学生は制限されます。
  • ほかの人との自由なコミュニケーションは一律制限されます。なお、ソフトごとに設定可能が可能です。
  • VRモード(3D映像)は幼児は使えないように制限されます。

【スイッチ】ニンテンドウアカウントの作成とみまもり設定の設定手順

みまもり設定を行うには、まず、スイッチ本体のユーザーとは別に、保護者および子供用のニンテンドウアカウントを作成します。そして、「Nintendo みまもり Switch」をスマホなどにダウンロードして、保護者のニンテンドウアカウントを登録することが必要です。

ここでは、ニンテンドウアカウントの作成と「Nintendo みまもり Switch」によるみまもり設定の設定手順を説明します。

手順①保護者用のニンテンドウアカウントを準備する

みまもり設定を行うには、保護者用のニンテンドウアカウントを作成することが必要です。任天堂の公式サイト上で無料で作成します。なお、スイッチ本体からは作成できません。

生年月日はいったん登録すると変更不可です。また、登録するメールアドレスには重要な情報が送られてきます。継続して利用できるメールアドレスを登録しましょう。

手順②子供用のニンテンドウアカウントを準備する

子供用のニンテンドウアカウントを、保護者のニンテンドウアカウントを使って子供アカウントを作成します。手順は以下のとおりです。

保護者のニンテンドウアカウントにログインし、ファミリータブを選択→メンバーを追加するを選択→子供アカウントを作成するを選択→名前やログイン名などデータを入力して作成。

なお、13歳以上の子供でメールアドレスを与えている場合は、保護者と同じく一般のニンテンドウアカウントを作成します。

手順③保護者用アカウントと子供用アカウントを連携させる

「Nintendo みまもり Switch」をダウンロードして起動したら、保護者のアカウントでログインし、登録コードを表示します。

スイッチ本体で、HOMEメニュー→設定→見まもり設定→みまもり設定(保護者による使用制限)→ダウンロードした方は次を選択し、登録コードを入力後、連携するを選択します。これで、スイッチ本体を保護者がみまもり設定できるようになります。

スイッチ本体で、設定→子供用のユーザーを作成→ニンテンドーアカウントと連携する→メールアドレスまたはログインIDでログインを選択します。

子供用アカウントでログインして、連携する→OKで連携が完了です。

次のページへ >