【TikTok】動画をIDなしで保存/ダウンロードする方法を解説

ダウンロード数やシェア数が多い動画サービスアプリであるTikTokの動画は、IDなしでは保存することはできませんが、専用のアプリなどを使えばIDを消すことができるのです。IDを消せるアプリやツールを紹介するので、参考にしてください。

IDなしでのTikTok動画保存はツールを使えば可能

TikTok

世界中でダウンロード数、シェア数が多い動画サービスアプリであるTikTok。TikTokのアプリでは、様々な動画がアップロードされていて、動画の全てが短時間で見られるものばかりです。また、TikTokアプリに動画を手軽にアップロードできるように、多種多様な音楽やエフェクトが用意されていますので、TikTokアプリに動画をアップロードしたいという人は、TikTokの使い方を覚えて動画をあげましょう。

IDなしでTikTokの動画を保存できる?

TikTokアプリにアップロードされている動画は保存をすることができます。しかしTikTokにアップロードされている動画の全てにはアップロード者のIDが書かれています。そのIDなしでTikTokの動画を保存することはできないと言われています。しかし、IDなしでTikTokの動画を保存することがツールやアプリを使えば可能なのです。TikTokの動画をIDなしで保存したいという人は参考にしてください。

IDなしで保存するやり方を詳しく紹介

TikTokの動画をIDなしで保存することができるWebサービスや、TikTokの動画をIDなしで保存することができるSaveTokというサービスのダウンロードの仕方などを紹介していきます。またSaveTokをダウンロードしてもTikTokにはIDなしで保存することができない動画もあり、それはどのような動画なのかということも解説するのでTikTokでIDなしで保存できない動画をチェックしましょう。

TikTokアプリから直接ダウンロードする場合にIDの削除は無理

TikTokアプリから直接動画を保存したいという人もいますが、直接TikTokから動画を保存すると、IDなしで保存することはできません。IDなしで動画を保存したいというときは、TikTokから直接保存するのではなく、IDなしで動画を保存できる専用アプリを使うか、IDなしで動画が保存できるサービスを使うしか方法はありませんので、IDなしで保存したい人は専用アプリやサービスをチェックしてみてください。

IDは身分証明書の役割を果たしている

TikTokに設定されているIDは、ユーザー1人に対して必ず1つ与えられています。いわば身分証明書のようなものです。TikTokで動画を保存した際に、IDが表示されるのはそのためで、TikTokから直接保存した動画をTikTok内で他人に転載されないてもすぐに分かるようにという運営側の措置なのです。

IDなしで保存して転載は厳禁

TikTokの動画は直接保存するとIDが表示されますが、アプリやツールなどで保存するとIDなしで保存することができますが、IDなしで保存するのは気に入った動画をIDなしで見るためですので、無断転載などは絶対にしないでください。

静止画として保存するなら直接TikTokアプリから可能

TikTokの動画をアプリから保存すると必ずIDが保存されますが、しかし静止画だけであるならアプリからできますし、トリミングなどをすればIDなしで保存をすることができます。TikTokで気に入った動画があり、そこの一部分だけを切り取って個人的に保存したいということなら、すぐに行うことができますので、静止画としてTikTokの一部分を切り取って保存をしてみるのもおすすめです。ぜひやってみてください。

静止画として保存するための作業は?

TikTokの一部を静止画として切り取りたいというときにはどんな作業が必要なのでしょうか。お気に入りのTikTokの動画の一部を静画として残しておくための手順を2つのポイントに絞って紹介していきますので、TikTokのお気に入りの動画を動画としてではなく、一部のみを取っておきたいという人は紹介する手順を参考にしながら、実際に自分が気に入った動画の中で特に気に入った部分を静止画として保存しましょう。

ダイナミック壁紙を選択

まずTikTokのお気に入りの動画の一部を静止画として保存しておきたいというときは、ダイナミック壁紙という機能を使ってください。このダイナミック壁紙の機能を使うことで、自分の好きなTikTokの一部を静止画として切り取って個人的に保存しておくことが可能です。静止画として保存したTikTok動画は、個人的に壁紙として楽しむ、友人と共有して楽しむなどあくまで個人的な範囲で楽しむことが推奨されています。

TikTokでお気に入り動画を開きシェア

ダイナミック壁紙の機能を使うには、まずTikTokにアクセスしてください。TikTokにアクセスして、お気に入りの動画を開いたら、コメントをするための吹き出しアイコンの下に、矢印のマークがあります。この矢印のマークを押すと、送信先、シェアなどの項目が出てきます。この矢印マークは、自分のお気に入りのTikTokのURLをTwitterや LINEの友達に送れるシェア機能ですので、ぜひ使ってみましょう。

ダイナミック壁紙を押して動画の変換は完了

シェアするためのボタンを押したら、シェアの項目の下にダイナミック壁紙というボタンが出てきます。このダイナミック壁紙というボタンを押したら、なんとTikTokの動画を自動的に壁紙に変換してくれるのです。ダイナミック壁紙を選択して動画を壁紙に変換したら、スマートフォンの本体にあらかじめインストールされている歯車アイコンの設定アプリを開いてください。TikTokの設定と間違えないように注意をしましょう

スマホ端末の設定から壁紙を設定

ダイナミック壁紙を選択したら、スマートフォンの設定アプリを開きましょう。設定アプリを開くと、アクセシビリティボタンの下に壁紙というボタンがあります。そこを押すと、壁紙を選択するという項目が出てきます。

Live Photosに変換された画像がある

壁紙を選択する項目をタップしたら、Live Photosという項目を探してください。そこに動画から画像に変換されたTikTokの画像がありますので、お気に入りの部分を探して、壁紙に設定をしてみましょう。

広告主または投稿者がダウンロード禁止にしている一部の動画保存は不可能

IDなしでTikTokの動画保存はツールを使えば可能ということでしたが、2つ例外があります。TikTokに広告を出している広告主が動画のダウンロードを禁止にしている、または投稿者がダウンロードを禁止にしている場合、動画を保存することは不可能となりますので、注意してください。

IDなしで動画保存できる専用アプリ

IDなしでTikTokの動画を保存することができる専用アプリを紹介しますので、どのようなアプリなのかをチェックしてからダウンロードして、実際に動画を保存したいときに使ってみてください。

SaveTok

IDなしで動画保存できる専用アプリは、SaveTokというものです。SaveTokの使い方を紹介していきます。TikTokで保存したい動画があるのに保存の仕方がわからない人は参考にしてみてください。

ストアでSaveTokをダウンロードする

SaveTokを使うには、まずストアでSaveTokをダウンロードしましょう。検索ボックスにSaveTokと打ち込むとすぐに出てきますので、必要な情報を打ち込んでインストールしましょう。

TikTokを開いて、保存したい動画を選択

SaveTokの使い方を紹介していきます。TikTokで保存したい動画がある場合は、まずTikTokを開いて、保存したい動画を選択してください。何個か保存したい時に複数選択はできないので注意しましょう。

SaveTokで保存する

TikTokを開いて、保存したい動画を選択したら、SaveTokで保存してください。そうすることによって簡単に保存したいTikTok動画を保存することができますので、試してみましょう。

IDなしで動画保存できるWEBサービス

関連する記事