Windows10でWi-Fi接続が切れる時の対処法を解説

Windows10でWi-Fiが突然切れるという症状がかなり多いようです。この症状を治すにはどうすればいいのでしょうか。アプリケーションであったり、本体が原因だったりと、原因によっても対処法が変わってきます。この記事では対処法を詳しく説明します。

[Windows10]Wi-Fiが切れる時の対処法

Wi-Fiがすぐに切れるという状態がWindows10でしばしば起きているようですが、改善するには多くの方法があります。Windows10やルーターの不具合はちょっとしたことで起きるので、え?そんなこと?と思わずにこれから説明する方法を試してみてください。

1.セキュリティソフトを一時停止

まずはセキュリティソフトを停止してみましょう。なぜならセキュリティソフトが誤作動を起こし、Wi-Fiが切れる可能性があるからです。特に純正ではないセキュリティソフトを使用しているときには、Windows10と互換性がない可能性があり、不具合が起きやすくなります。自分がインストールしているセキュリティソフトを確認し、純正ではない場合には停止をおすすめします。

2.ネットワークアダプタのドライバーを再インストール

Wi-Fiのネットワークのドライバーに問題が起きているとき、Windows10を使用していて接続が切れることがあります。ネットワークドライバーを再インストールを試してみてください。やり方を説明します。
①「Windows10(ロゴ)」キーを右クリック→「デバイスマネージャー」
②ネットワークのツリーを表示させる→「Wi-Fiのネットワークアダプタ」→「デバイスをアンインストール」
③アンインストールが終了次第パソコンを再起動

3.ネットワークデバイスを省電力設定を無効

Wi-Fiのほうが省電力設定になっているとき、それが原因でWindows10を使用しているときに接続が切れる場合があります。それを無効にすることで、Windows10を安定させることができるので、試してみてください。

電源オプションの設定を変更

ではPC側の電源オプションの設定を変更していきましょう。手順を説明します。
①「Windows10(ロゴ)」キーを右クリック→「電源オプション」→「電源の追加設定」→「プラン設定の変更」
「詳細な電源設定の変更」→「現在利用できない設定の変更」→「ワイヤレスアダプターの設定」→「省電力モード」
「電源に接続」と一緒に「バッテリー稼働」という設定を「最大パフォーマンス」→設定を保存
設定を保存するために再起動します。

デバイスの電源管理を変更

Windows10での設定を変更していくので手順を説明します。
①「Windows10(ロゴ)」キーを右クリック→「デバイスマネージャー」
②ネットワークのツリーを表示させる→「Wi-Fiのネットワークデバイス」→「プロパティ」
③「電源の管理」→「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外す
④設定を保存

4.プライベート接続に設定

ネットワークの設定にはパブリックとプライベートの2種類があります。簡単に言い換えると家庭内か会社内かということになりますが、これがパブリック設定にされていると、Wi-Fiの接続状態が悪くなって切れることがあります。自分のWindows10がパブリックかプライベートなのかを確認し、パブリックになっている場合にはプライベートへ変更し、Wi-Fiの状況が改善されるかを見ましょう。

5.Wi-Fiセンサー機能を無効化

Windows10だけでなく、WindowsにはWi-Fiがあれば自動的に検出し、繋ごうとする機能が備わっています。しかし、この機能が有効になっているためにWi-Fiへの接続が不具合を起こし、結果的にWi-Fiが切れる症状になる可能性があります。この場合にはセンサー機能を無効化することで改善されることがあるのでやってみてください。

6.ローミングの積極性を「最低」に変更