チャコ(chako)のサンダルは痛い?適正なサイズの選び方紹介

チャコ(chako)はアメリカを中心に人気なサンダルブランドですが、履くと痛いという声が多く寄せられています。そこで今回はチャコ(chako)のサンダルは本当に痛いのかをご紹介します。また、適正なサンダルのサイズの選び方もご紹介していきます。

チャコ(chako)ってどんなブランド?

まずはチャコ(chako)についてご紹介します。

チャコ(chako)とはどんなブランドで、どんな商品を販売しているのでしょうか。

チャコ(chako)はアメリカで人気のサンダルブランド

チャコ(chako)はアメリカで人気のサンダルブランドで、1989年マーク・ペイジェンによって創設されました。

創設者であるマーク・ペイジェンはカスタムシューズメーカーで勤務していましたが、退職しラフティングガイドとして仕事を始めます。

その中で、自分がシューズメーカーで働いていたことを活かし、ラフティングガイドの最中サンダルを作ることを決意しました。

そして完成したのがチャコ(chako)です。

チャコ(chako)のサンダルの特徴

そんなチャコ(chako)の特徴は、やはりスニーカーのような履き心地でしょう。

普通、サンダルと言えば軽量であることが大前提でしたがチャコ(chako)はもともとシューズメーカーで勤務していたマーク・ペイジェンが開発しているのでどちらかというとスニーカーに近い履き心地です。

また、コーディネートについても場所を選ぶことはありません。

あくまでスニーカーとして履くことができるサンダルがチャコ(chako)の特徴です。

チャコ(chako)のサンダルが痛いと言われる理由は?

ネット上を見ていると、チャコ(chako)のサンダルは痛い!という声がたくさん見られます。

ではチャコ(chako)のサンダルが痛いといわれる理由についてご紹介します。

痛いと言われる理由①:フッドベッドが硬い。

まずは、フッドベッドが硬いからです。

チャコ(chako)のサンダルは海外製であり、日本人の足に合うようには制作されていません。

主にアメリカで愛されていたサンダルんブランドということもあり、横幅が少しフッドベッドからはみ出してしまいます。

これにより、徐々に痛いと感じるようになってしまうのです。

痛いと言われる理由②:ウエビングが足に擦れる

次は、ウエビングが足に擦れるからです。

チャコ(chako)のサンダルを履きなれている人は、ウエビングが気になることはないでしょう。

ただ、初めてチャコ(chako)のサンダルを履くという人はウエビングを少しだけ緩めることをおすすめします。

痛い思いをしながらチャコ(chako)のサンダルを履くのは嫌ですよね。

痛いと言われる理由③:クッション性が固い