PerfLogsフォルダとは? 削除しても大丈夫か徹底解説!

ただ外観上や管理上の目的でフォルダを削除する場合は削除するほうが良いと思います。

極端に言えばあってもなくてもかわらないフォルダだということですね。

PerfLogsフォルダを削除する方法

ではPerfLogsフォルダを削除する方法を見ていきましょう。

PerfLogsフォルダを削除する方法には手順があるので1つ1つ段階を踏んでいきましょう。

① PerfLogsフォルダをそのまま削除する

まずは普通に右クリックで削除する方法です。

これはほかのフォルダと一緒ですがフォルダにカーソルを合わせ右クリックし「削除」をクリックするだけです。

② PerfLogsフォルダを隠して表示させない

またPerfLogsフォルダを隠す方法についてです。

PerfLogsフォルダを隠すにはPerfLogsフォルダを右クリックし「プロパティ」→「全般」タブをクリック。

「属性」セクションにある「隠しファイル」の横のチェックボックスをクリックしましょう。

これで「適用」をクリックしPerfLogsフォルダを隠すことに成功しました。

 

これでPerfLogsフォルダが非表示になり他の人がPerfLogsフォルダを調べても出てこないようにすることができます。

隠しファイルを開く場合は隠しファイルを表示させましょう。

 

Macの場合はターミナルコマンドを使ってファイルを非表示にさせましょう。

「/path/to/ファイル(フォルダ)名」の部分を隠したいファイル名に変更し以下のコマンドを入力しましょう。

chflags hidden /path/to/ファイル(フォルダ)名

これで完了です。

 

消去の仕方がなかなか見つからないのですがこれを見れば万事解決ですね。

③ PerfLogsフォルダをWindowsフォルダに移動させる方法もある

またPerfLogsフォルダをWindowsフォルダに移動させる方法もあります。

移動させる方法については以下のコマンドを使用してルートディレクトリからWindowsフォルダに移動できます。

「robocopy“ C:\ PerfLogs”“ C:\ Windows \ PerfLogs” / E / COPYALL / XJ テイクダウン/ F“ C:\ PerfLogs” / R / A / DY icacls“ C:\ PerfLogs” /付与管理者:F / T / C rd / s / q“ C:\ PerfLogs” mklink / J“ C:\ PerfLogs”“ C:\ Windows \ PerfLogs”」

になります。

これでWindowsフォルダに移動させることができました。

 

この場合はWindowsに移動させることができますね。

PerfLogsフォルダを削除するときの注意点

ではPerfLogsフォルダを削除するときの注意点を見ていきましょう。

PerfLogsフォルダを削除するときの注意点についてはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

① ハードディスク容量の確保は難しい

PerfLogsフォルダを削除してもほとんどディスクの領域を消費しないのでそのままにしておくことがおすすめできます。

なのでPerfLogsフォルダを削除するよりかはディスクスペースを最適化したい場合は標準ディスククリーニングユーティリティを使用することをおススメできます。

ディスクパーティションを右クリックして「全般」→「b」をクリックするとクリーニングが開始でされます。

② PerfLogsフォルダ自体は削除してもふたたび自動生成される