【3DS】改造方法解説!チートコードやエミュレーターも使えます!

皆さんは3DSを改造したことはありますか?

実はCFWで3DSが改造できてしまうんです。

ただこの事実はあまり知られていません。

そこでCFWで3DSを改造する方法を見ていきます。

またチートコードやエミュレーターも使える内容を見ていきましょう。

「CFW」を導入する前に必要な準備

ではCFWを導入する前に必要な準備を見ていきます。

ただ改造の途中で中断してしまうと最悪3DSが起動しなくなることがあります。

そのリスクを考えてCFWで3DSを改造しましょう。

準備① まずは導入可能なバージョンかどうかを確認する

まずは導入可能なバージョンかどうかを確認しましょう。

導入可能なバージョンかどうかを確認してバージョンが外れている場合は改造ができません。

準備② 3DS本体以外に必要なものをそろえる

では3DS本体以外に必要なものを揃えていきましょう。

3DS本体以外に必要なものは

  • SDカード:2~32GB推奨
  • 3DS充電器
  • SDカードリーダー

です。

これらを揃えてから改造をしていきましょう。

準備③ 3DSの設定を変更する

では3DSの設定を変更しましょう。

まず「本体設定」→「インターネット設定」→「いつの間に通信」→「本体情報の送信」。

これを「送信しない」に設定し「本体設定」を閉じましょう。

次にホーム画面上部の「フレンドリスト」を開き「設定」→「フレンドへの通知設定」→「遊んでいるソフトを公開する?」を「公開しない」に変更

これで完了です。

「CFW」の導入方法!12のステップにわけて解説

ではCFWの導入方法を見ていきましょう。

 

導入方を理解して改造すればこんな感じで改造ができます。

ステップ① パソコンで必要なソフトをダウンロード

まずはパソコンで必要なソフトをダウンロードしましょう。

ダウンロードするソフトはこちらです。

さらにこちらのサイトからダウンロードしましょう。

ダウンロードした後は「otherapp.bin」にリネームしておきましょう。

ステップ② 「3DSサウンド」