Widgetsmithアプリを使っておしゃれなホーム画面を作ろう

Widgetsmithアプリでカレンダーを配置する方法は下記となります。

  1. アプリの編集画面で、SMALL、MEDIUM、LARGE を選択
  2. [Style]にて[DATE]の一覧から好きなデザインを選択する

あとの設定方法は同様です。用意されているカレンダーは8種類で、カレンダーのデザインも豊富に用意されています。桜、海、紅葉、雪など、季節感のあるデザインもあるので、季節ごとにカレンダーのデザインを変更してみるのも面白いかもしれませんね。

【Widgetsmithの使い方】歩数計

Widgetsmithアプリで歩数計を配置する手順は下記となります。

  1. アプリの編集画面で、SMALL、MEDIUM、LARGE を選択する
  2. [Style]の[STEP COUNTING]から好きなデザインの歩数計を選択

あとの設定方法は同様です。[STEP COUNTING]には、6種類の歩数計のデザインが用意されている為、好きなデザインを選択しましょう。オリジナルデザインの歩数計を利用することで、運動をするモチベーションアップに繋がるかもしれませんね。

【Widgetsmithの使い方】メモ

Widgetsmithアプリでメモを配置する手順は下記の通りです。

  1. アプリの編集画面でSMALL、MEDIUM、LARGEを選択する
  2. [Style]の[PHOTOS]→[Custom Text]を選択する
  3. [Text]に文字入力欄があるため、好きな文字を入力して配置する

あとの設定方法は同様です。こちらはメモ帳というよりは、好きな言葉をウィジェットに設定できるという機能です。自分の好きな言葉、誰かの格言などをおしゃれに飾ってホーム画面に設定してみてください。

Widgetsmithを使って自分好みでおしゃれなホーム画面にしよう

Widgetsmithアプリでは、この記事で紹介した以外にも様々なウィジェットを配置することが可能で、カテゴリーごとにおしゃれなデザインが用意されています。SMALL、MEDIUM、LARGEごとに、同じテーマの配色パターンがあるので、おしゃれなホーム画面を目指すのなら配色は統一して配置するのがおすすめです。

また、Widgetsmithアプリには有料版が用意されています。さらにホーム画面の設定をこだわりたい方は、有料版を検討してみるのも良いかもしれません。有料版は1ヶ月200円のサブスクリプション。または、12ヶ月分を2,100円で一括購入して利用することが可能です。

有料版とすることで、プレミアム版の写真フィルターや、お天気のウィジェット、おしゃれなプレミアムアートワークを利用することができるようになりますので、ぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。Widgetsmithアプリは日本語表記に非対応ながら、それを補って素晴らしい機能がたくさん存在します。毎日見るもの、使うものだからこそ、スマホのホーム画面をお洒落に飾ってみたり、便利な機能を加えてみたりすることで、自分の生活をより豊かにすることができるかもしれませんね。