LINEで「暗号化を解除しています」と出てしまう原因と対処法は?

LINEではLetter Sealingという暗号化法を採用しており、「暗号化を解除しています」と出てメッセージを見れない場合があります。その原因とその対処法を説明します。また、LINEで「暗号化を解除しています」と出ない引き継ぎ方法を詳しく説明します。

LINEで「暗号化を解除しています」と出てしまう原因は?

機種変更した直後に機種変更前のトークを見ようとした場合などに、「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」といったメッセージが表示される場合があります。

以下では、「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」といったメッセージが表示される原因を説明します。

Letter Sealingが原因

LINEでは各種のセキュリティ対策が施されています。その一つとして、メッセージの暗号化というものがあります。LINEでは、メッセージの送受信にLetter Sealingという独自開発した暗号化通信方法を採用しています。

暗号化通信を利用するには、暗号化キーという特殊なデータが必要であり、暗号化キーは端末に保管されます。このため、機種変更した場合などは、暗号化と復号化に必要な暗号化キーが不一致となってメッセージが読めないことがあります。

読めない場合に、「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」といったメッセージが表示されるのです。

Letter Sealingとは?

Letter Sealingは、トークメッセージをインターネットを通じて送受信している最中は、暗号化したデータを送受信することで、万が一送受信中のデータを盗まれても内容が見られないようにするものです。

Letter Sealingはトーク内のテキストメッセージや位置情報、トークルームでの音声・ビデオ通話に適用されています。

LINEで「暗号化を解除しています」と出てしまったメッセージを見る方法は?

ここでは、「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」と表示されて見れないメッセージを見れるように解消する方法を説明します。

方法1.LINEを最新バージョンにアップデートする

古いバージョンのLINEで作成されたメッセージが原因で「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」といったメッセージが表示されることがあります。

LINEのバージョンを最新にしてみましょう。

iPhoneであればAppStoreから、AndroidであればPlayストアからLINEのバージョンを確認して、バージョンが古ければ最新版にアップデートします。

方法2. Letter Sealingを一度オフにしてまたオンにする

暗号化を行う機能であるLetter Sealingの不具合などが原因で「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」といったメッセージが表示される可能性もあります。

Letter Sealingのオン・オフを繰り返すことで、「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」が表示される状況を改善できる可能性があります。

Letter Sealingをオン・オフする手順は以下のとおりです。

LINEを起動→設定を選択→プライバシー管理を選択→Letter Sealingを何度か繰り返して選択

方法3.トーク相手にLetter Sealingをオンオフしてもらう

どうしても「暗号化を解除しています…」や「復号化して…」がが表示されることをうまく解消できない時は、トーク相手にもLetter Sealingをオンオフしてもらうことで改善する可能性があります。

ただし、Letter Sealingは1対1のトークでの暗号化に使用されていますので、そんなに多くの人とのトークにこの方法が適用できるわけではないことに留意が必要です。