【もう一度見たい】Youtubeの動画広告を視聴する方法

一般的にはうざいという印象があるYoutubeの動画広告。しかし、Youtubeの動画広告の中でも「もう一度見たい!」となる動画もあると思います。そこで今回はYoutubeの動画広告をもう一度視聴する方法をご紹介します。

Youtubeの動画広告は再生履歴やアクティビティに記録されない

まず大前提として、Youtubeの動画広告は再生履歴やアクティビティには記録されません。

そのため、履歴を漁ってYoutubeの動画広告を視聴するという方法が通用しません。

Google側も同じYoutubeの動画広告が表示されるのを待つしかないという回答をしていました。

ではどうやってYoutubeの動画広告をもう一度見るのでしょうか。

Youtubeの動画広告は検索で表示される

実はYoutubeの動画広告はYoutubeの検索から見つけることができます。

社名や広告の名前などからYoutubeの動画広告を絞り込むことで、もう一度Youtubeの動画広告を見ることができます。

しかし、Youtubeの動画広告を検索できない場合はどうすればいいのでしょうか。

Youtube広告は予めアップロードが必要

そもそもYoutubeの動画広告を出稿するには、Youtube上にあらかじめ動画をアップロードしておく必要があります。

そのためYoutubeの動画広告はYoutube上には存在することになります。

検索して見つけることもできますし、「あなたへのおすすめ」でYoutubeの動画広告が表示されるかもしれません。

それでも大多数を見つけることができないのは「限定公開」設定になっているからかもしれません。

広告用としてアップロードされたYoutubeの動画広告は、基本的に一般的な検索方法ではヒットしません。

その理由は「限定公開」にしているからです。

企業側が検索に引っかからないように設定をしている場合は、何度検索してもYoutubeの動画広告を見つけることができません。

Youtube動画広告が再生中の場合はVideoIDを確認

もしもう一度見たいと思っていたYoutubeの動画広告が見つかった場合は、VideoIDを確認することをお勧めします。

このときにYoutubeの動画広告を閉じてはいけません。

広告が終わらないように再生を一時停止しておく

VideoIDを見るにはYoutubeの動画広告を閉じてはいけません。

そのため、Youtubeの動画広告が終わらないように一時停止しておきましょう。

動画の内部で右クリック > [詳細統計情報] をクリック

そして動画内部で右クリックをしてください。

メニューが表示されるので「詳細統計情報」をクリックしましょう。

画面左上に出てくるVideo IDをメモる

関連する記事