アプリケーション

SNOWの危険性を徹底解説!他のおすすめカメラアプリも紹介

カメラアプリとして人気を博したSNOW。SNOWでは以前コミュニケーション機能が搭載されたことで様々な危険性が生じました。この記事では、SNOWを使う際に起こる危険性や、SNOWの特徴、他にも人気のあるカメラアプリの紹介をします。

SNOWの危険性は?

では、早速SNOWの危険性を紹介していきます。SNOWはカメラアプリだと認識しているユーザーが多いと思いますが、以前はSNSのようなコミュニケーションを図ることができるアプリでした。

コミュニケーションを図れるということはSNSと同様の危険性があります。現在は非搭載になっている機能もありますが合わせて紹介をしていきます。

危険性が下がったものの利用には注意が必要

SNOWからコミュニケーション機能が廃止されたことで以前に比べるとかなり危険性は下がりましたが、利用する上で注意をしておいた方がいいい点もあるので紹介をしていきます。

SNOWの5つ危険性〜アップデート前〜

では、コミュニケーション機能が廃止されたアップデート前に危険だと言われていたことを紹介していきます。基本的には今は機能が非搭載なので気にすることはありませんが、ネット社会に生きる上で注意をしておくにこしたことは無いので頭の片隅に置いておくことをおすすめします。

大前提!現在は対策されている

現在はアプリ側で対策をされているので特に気にする必要はありませんが、SNOW以外でもSNSを使う上では誰に見られているかわからないということはしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。

危険性①保存した写真や動画が他人に見られる

SNOWにもインスタグラムのストーリーズのような機能が搭載されていました。他のSNSでもそうですが、SNOWでも以前は保存した写真や動画が赤の他人に見られるという危険性がありました。

危険性②位置情報など個人情報の流出のリスクがある

次のページへ >