LINEで既読をつけずにトーク履歴を削除したら相手に表示されない?

この記事は約 10 分で読むことができます。

LINEで既読をつけずにトーク履歴を削除したら相手に表示されない?

LINEで未読のままトークルームを読まずに削除する方法未読削除すると相手にバレる?バレない?「退出」と表示される?について解説。間違いで未読削除した時の復活方法・ラインのトーク削除(送信取消)の手順も。送信取り消しできない時の解決法も解説

line,削除,通知

LINEで相手からのメッセージを「未読」のまま削除する方法

日本国内で最も多くの人に利用されているメッセージアプリといえば「LINE」ですよね。
普段からLINEを使って様々な人とメッセージを交換したり、通話をしているという人がほとんどではないでしょうか。

そんなLINEですが、相手から送られてきたメッセージを「未読」のまま削除することができるのをご存知ですか?

この方法を使えば、相手からのメッセージに「既読」をつけることなく、自分のLINE画面から相手のメッセージを消すことができます。

LINEスタンプを獲得したり、特典に応募したりするために友達追加している「企業の公式アカウント」からのメッセージを未読のまま削除したいときなどにも活用できます。

未読削除の方法

LINEのメッセージを「既読をつけずに」削除するには、以下の手順で操作してください。

操作手順

①LINEアプリの「トーク」タブをタップする

②未読のまま削除したい相手のトークルームを左にスワイプする

 

LINE,トークルーム,左にスワイプ

 

③「既読」「非表示」「削除」の3つのが表示されるので、「削除」をタップする

 

LINE,トークルーム,未読削除

この手順で、送られてきたメッセージに既読をつけずに削除することができます。

ちなみに、左スワイプする時に「タッチ」をしてしまうと、トークルームが開いて「既読」がついてしまうので注意です。

「間違いで未読削除」した場合のメッセージ復活方法

上記の方法でメッセージを削除しようとしたら、誤って違うトークルームのメッセージを削除してしまったり、特定のメッセージ・トーク履歴を削除してしまった場合、一度削除したものを復活させることはできるのでしょうか?

そこでここからは、誤って削除してしまったメッセージ・トーク履歴やトークルームの復活方法について説明します。

「トーク履歴」復活方法

誤って「メッセージ・トーク履歴」を削除してしまった場合、LINEトーク履歴の「バックアップ」を取っている場合に限り、復活させることができます

LINEのトーク履歴をバックアップする手順は以下の通りです。

LINEのトーク履歴をバックアップする手順(iPhoneの場合)

①LINEアプリを起動して、左上の「歯車マーク」をタップする

②「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」の順にタップする

LINE,設定,トーク LINE,トーク,トークのバックアップ LINE,トークのバックアップ,今すぐバックアップ

上記の手順で操作することで、LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップすることができます。
このバックアップを行っていないと、メッセージ・トーク履歴を復活させることができないので注意です。

  簡単!iPhoneのLINEトーク履歴をバックアップして復元する方法とは?

ちなみに、「トークのバックアップ」画面で、前回のバックアップがいつ行われたかを確認することができます。
削除してしまったメッセージ・トーク履歴を復元する際は、「前回のバックアップ時」のメッセージ・トーク内容が復活することになります。

しっかり「トーク履歴のバックアップ」が行われているようなら、メッセージ・トーク履歴を復活させていきましょう。
復活させるためには、一旦LINEアプリをデバイスからアンインストールして、その後再びLINEアプリをインストールし直す必要があります。

メッセージ・トーク履歴を復元する手順

①LINEアプリを再インストールしたら、LINEアプリを起動する

②LINEのアカウントにログインをして、メールアドレス・電話番号認証を行う

③「トーク履歴の復元」画面で「トーク履歴をバックアップから復元」をタップする

トーク履歴,バックアップから復元,LINE

  iPhoneのLINEアンインストールのやり方とトーク履歴やデータの復元方法!

「トークルーム」復活方法

誤って「トークルーム」を削除してしまった場合、そのトークルームを復活させる方法には以下の2つがあります。

【トークルームを復活させる方法】

  1. 友達リストから相手・グループを探して「トーク」する
  2. 相手・グループ側からメッセージを送ってもらう
友達リストから相手・グループを探して「トーク」する

「友達リスト」に復活させたいトークルームの相手・グループが残っている場合に使える方法です。

友達リストからその相手・グループを探し、「トーク」をタップしてメッセージを送信しましょう。
そうすることで、誤って削除してしまったトークルームを復活させることができます。

ただし、トークルームを削除した時点で「以前のトーク履歴」は消えてしまっているので注意です。→以前のトーク履歴が残る「例外」もあります
以前のトーク履歴も復活させたいなら、上記の手順で操作してください。

相手・グループ側からメッセージを送ってもらう

間違えて消してしまったトークルームを復活させる方法として、「相手・グループ側から自分にメッセージを送ってもらう」というものもあります。

メッセージを送ってもらうことで、トークルームを復活させることが可能です。

一度送ったメッセージ・スタンプを「送信取消」で削除する方法

LINEで既読をつけずにトーク履歴を削除したら相手に表示されない?

上記では、未読のままトークルームを削除する方法を解説しました。
この章では、LINEで一度送ったメッセージ・スタンプを「送信取消」する方法についてご紹介していきます。

LINEには、「送信してから24時間以内」であれば、送信したメッセージ・スタンプを削除する機能があります。
この機能を活用することで、誤って送ってしまったメッセージ・間違えた内容のメッセージを「無かったこと」にできます。

メッセージ・スタンプの「送信取消」手順

LINEのトーク画面から誤送信してしまったメッセージ・スタンプを削除することは非常に簡単です。

メッセージ・スタンプの「送信取消」手順

①削除したいメッセージ・スタンプを長押しする

LINE,トーク,送信取消したいトークを長押し

 

②メニューが表示されるので、「送信取消」をタップする

 

LINE,トーク,送信取消をタップ

 

③「送信取消」に関する確認メッセージが表示されるので「送信取消」をタップする

 

LINE,トーク,送信取消の確認画面

これだけでメッセージ・スタンプの「送信取消」は完了です。

「送信取消」機能を使うと、対象のメッセージ・スタンプは相手のトーク画面から削除され、その代わりに「○○がメッセージの送信を取り消しました」という「送信取消履歴」が表示されます。

ちなみに、メッセージ・スタンプが未読・既読どちらの状態でも削除することができます。

「送信取消」が使えるようになったのはいつから?

LINEの「送信取消」機能が使えるようになったのは「2017年12月13日」です。

それまでは、送信したメッセージを「自分のトークルーム上」で削除する機能がありましたが、相手のトークルームからもメッセージを削除できるようになったのは、この時からです。

ちなみにこの「送信取消」機能が利用できるLINEのバージョンは「7.12.1以降」です。
そのため、相手のLINEバージョンが「7.12.1以前」の場合、「送信取消」機能が利用できません

ただ、2019年4月現在のLINE最新バージョンは「9.5.1」であり、「7.12.1以前」のLINEを利用している人はほとんどいないと推測できるため、特に問題はないでしょう。

  LINEトーク履歴や画像の削除方法とは!相手側の表示と通知はどうなる?

LINEの未読削除でよくある疑問・トラブル

LINEで既読をつけずにトーク履歴を削除したら相手に表示されない?

LINEの「未読削除」や「送信取消」に関しては、疑問やトラブルが多いです。
そこでここからは、LINEの削除や取消に関する疑問・トラブルの解消・対処法について説明していきます。

未読で「トークルーム削除」は相手にバレる?バレない?

上記で解説した手順で、相手からのメッセージを未読のまま「トークルーム削除」をした場合、相手にバレるのか疑問に感じている方がいるようです。

結論を述べると、未読の状態で「トークルーム削除」を行っても、相手にはバレません

1対1のトークルーム・グループのトークルームともに、自分側で削除しても、相手側のLINEには該当するトークルームが残り続けます。
そのため、自分がトークルームを削除したことに相手は気づくことができません。

送信取消ができない

誤送信メッセージを削除することができる「送信取消」機能ですが、正しい手順で操作しても「送信取消」できないトラブルに悩まされている方がいるようです。

考えられる原因は、以下の3つです。

【送信取消できない原因】

  1. 送信してから「24時間」が経過している
  2. 自分または相手のLINEアプリのバージョンが古い
  3. 公式アカウントへのメッセージ

送信してから「24時間」が経過している

削除しようとしているメッセージ・スタンプが、「送信してから24時間以上」経過している場合、「送信取消」機能は使えません。

「送信取消ができない」ことで困っている場合、この時間制限が原因となっている可能性が高いです。

自分または相手のLINEアプリのバージョンが古い

先述している通り、LINEの「送信取消」機能は、LINEバージョンが「7.12.1」から利用できるようになりました。
そのため、これ以前のバージョンのLINEを使用している場合、「送信取消」機能は利用不可です。

24時間以内のメッセージ・スタンプを消すことができない時は、LINEアプリのバージョンが最新になっているか確認・アップデートしてください。

また、相手のLINEアプリのバージョンが古い場合も、同様に「送信取消」機能が使えないので注意です。

公式アカウントへのメッセージ

LINEの「送信取消」機能が利用できるのは、「1対1のトークルーム」か「グループでのトークルーム」のみです。

「公式アカウント」へのメッセージは「送信取消」できないので注意です。

未読削除する人の心理って?

「自分が送ったメッセージに対していつまで経っても『既読』がつかない・返信もないので、未読削除されているかも。」と感じた経験ありませんか?

そもそも「未読削除」する人にはどのような心理が働いているのでしょうか。

未読削除する人の心の中には、「既読をつけたら返信をしないといけない」という気持ちが見え隠れしています。
つまり「返信したくない」という心理が働いている可能性が高いです。

もし、自分がメッセージを送っても「既読がつかない・返信が無い」というケースが発生した場合、相手はあなたとのメッセージのやり取りを「面倒くさい・嫌だ」と感じているかもしれません。

トークルームを未読削除すると「退出しました」と表示される

トークルームを未読の状態で削除すると「『退出しました』と表示される」という噂に不安を感じている方はいませんか?

確かに、ある条件下において「退出しました」というメッセージが表示されてしまうことがあります。

ちなみに、すでに説明しているように、「1対1のトークルーム」と「グループのトークルーム」を未読削除しても、「退出しました」というメッセージは表示されません
そのため、相手側に自分がトークルームを削除したことはバレません。

「退出しました」と表示されるのは、「複数人のトークルーム」です。
「複数人のトークルーム」と「LINEグループ」は違うものです。

「グループを作るまでもない・一時的に複数人でトークをしたい」という場面で、この「複数人トークルーム」は利用されます。

この「複数人トークルーム」においては、削除した場合に「○○が退出しました」というメッセージが表示されるので、他の人にバレてしまいます

トーク削除したのに残っている

「トークルームごと削除したのに、再びそのトークルームを開いたら、削除されたはずのメッセージが残されている」というトラブルに見舞われて、不安に感じる方がいるようです。

基本的に、一度トークルームを削除すると、再びそのトークルームを復活させてもメッセージは残っていません

ただし、「トークルームを削除する前」に自分がメッセージを送信し、相手が「既読」をつける前に自分がトークルームを削除した場合は、例外です。

相手が「メッセージを読む」というアクションを起こしているので、再びトークルームを復元した際に、自分が最後に送ったメッセージ(自分がトークルームを削除した後に相手が既読をつけたメッセージ)だけがトークルームに残っていることがあります。

  旦那のLINEで浮気を発見?!トーク履歴を復元して確認する裏技とは?

まとめ

今回は、LINEで既読をつけることなくトークルームを削除する方法や、トークルームを削除した際に相手にバレるのかなどについて解説してきました。

「未読削除することで相手との関係が悪化するかも」と不安に感じて、なかなかトークルームを削除できないという人もいるかもしれませんが、安心してください。
トークルームを削除しても、未読・既読に関わらず相手に知られることはありません(複数人トークルームだけはバレます)。

LINEのトーク削除などについて不安・疑問がある方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す