Windows10搭載でパソコンの電源が急に落ちる場合の対処法

ハードウェアがウイルスに感染してしまうと、パソコンの電源が急に落ちる・起動中のアプリケーションが落ちるとった不具合が発生します。ウイルスに感染していないか確認したい方は「ウイルススキャン」を実行してみてください。

対処法21.熱暴走を避けるために定期的な掃除と通気性を確保

パソコン内に熱気が溜まりやすいとさまざまな悪影響があります。パソコンの力を全て出し切るためにも、冷却環境は整えましょう。おすすめの方法は、パソコン内の掃除と通気性の確保です。

対処法22.パソコンのディスクをクリーンアップする

パソコンの空き容量が足りていないときもパソコンはうまく動作しません。そこでおすすめなのがディススクリーンアップと呼ばれる方法です。無駄なデータを削除することで、パソコンの空き容量を増やすことができます。

パソコンの電源が急に落ちる原因はハードもしくはシステムの不具合

ここではパソコンの電源が急に落ちる原因をいくつか紹介していきます。

原因1.バッテリーの劣化

バッテリーの劣化もパソコン不調の原因として考えられます。特に長年使っている方はかなり劣化している可能性がありますので気をつけてください。

原因2.充電が足りていない

充電が足りていないとパソコンのパワーを引き出すことができません。定期的に必ずフル充電するようにしてください。

原因3.パソコンが高熱になってしまう

高熱はハードウェアにさまざまな悪影響を及ぼします。基本的にCPUの処理性能が高いほど、熱を持ちやすいです。

原因4.電力不足

パソコンがうまく動作しないときは、電力が足りていないかもしれません。電力まわりのパーツ構成を見直し、電力をハードに安定して供給できるようにしましょう。