TikTokコンテンツの無断転載禁止の根拠は利用規約と著作権法

TikTok投稿動画に他人のコンテンツを無断転載することは、TikTokの利用規約や著作権法によって禁止されています。違反した場合は、投稿動画は削除され、アカウント凍結や訴訟にまでつながる可能性があります。本記事を参考に無断転載などに気をつけましょう。

TikTokへ投稿するコンテンツへの無断転載禁止の根拠は利用規約と著作権法

TikTokへ投稿する動画に、ほかの人が作成したイラストや動画、楽曲などのコンテンツを無断で転載することは禁止されています。ほかの人のコンテンツを許可なく複製・コピーすることになるからです。

転載と似た行為として引用があり、引用であれば、正当な範囲であれば許可を得ずに複製・コピーすることが認められていますが、転載は一切行ってはならないのです。

無断転載が禁止されている根拠は、TikTokの利用規約および著作権に違反することになるからです。以下で詳しく説明します。

TikTok利用規約に違反

TikTokではサービス規約やコミュニティガイドラインで利用規約を定めており、TikTokアプリをダウンロードして利用開始する際に、利用規約を守ることを誓約しています。したがって、TikTokは利用規約に違反しないように利用することが必要です。

TikTokは、著作権や商標といった知的財産権の保護を利用規約に明記しており、ユーザーにも守ることを求めています。ほかの人のコンテンツの無断転載は、この知的財産権の侵害にあたり、TikTok利用規約に違反するのです。

著作権法に違反

ほかの人のコンテンツの無断転載は、著作権でいう複製権を侵害することになります。複製権とはオリジナルの著作物のコピーを作る権利で、著作者以外には一部の例外を除き、許可なく行うことは禁止されています。

例外の例としては、個人的あるいは家庭内使用といった私的使用のためのコピーがあげられます。つまり自分で楽しむためにほかの人の動画をダウンロードするのは違反にあたらないのです。

しかし、ブログやSNSにコピーを掲載することは私的利用とは認められていません。また、親しい人にコピーを渡すことも違反となります。

TikTokに投稿した動画が無断転載に該当する場合

TikTokに投稿した動画が無断転載に該当する場合として、以下のケースがあげられます。

複製した動画をそのまま投稿

お気に入りの動画やイラストなどを、ほかの人にも紹介したいとして、TikTokに自分の動画として投稿することは無断転載になるのでやめましょう。もしどうしても紹介したい場合は、そのコンテンツのURLなどを添えるに留めるのが無難です。

動画やイラストの一部を編集して投稿

ほかの人の動画やイラストの一部を切り取って自分の動画に貼り付けたり、編集加工して使用したりすることも著作権を侵害することになります。

他人のコンテンツの一部を自分の動画に貼り付けるのは、転用とは言わないまでも引用にあたりますし、動画に無断で引用することは違反です。また、勝手にコンテンツを編集すると、複製権の侵害のみならず、同一性保持権の侵害にもなりかねません。

JASRACやNexTone以外の楽曲を無断使用

TikTokでは、アプリで動画をサクセスする際にBGMなどとして楽曲を使えるように、JASRACやNexToneと楽曲の利用許諾の契約を結んでいます。したがって、JASRACやNexToneに登録されていてTikTokが提供する楽曲であれば、著作権を気にせずにTikTokツールで動画作成に利用できるのです。なお、従来は楽曲の著作権管理はJARSACが独占的に行っていましたが、2016年からNextOneが参入しています。

一方、JASRACやNexToneに登録されていない楽曲を動画に利用するには、楽曲の著作者の承諾を得る必要があり、勝手に使うと著作権侵害となります。JASRACに登録されている楽曲であるかは、こちらから検索可能です。