”配信の最適化ファイル”とは?無効や削除する手順も解説!

次はシステムエラーのメモリダンプファイルです。

システムエラーのメモリダンプファイルは全然削除して大丈夫です。

システムエラーのメモリダンプファイルはシステムエラーが起きた際にメモリーの内容を書き出したものになっています。

システムエラーの原因を究明することができる便利なものなんです。

しかし開発者向けのモノになっています。

なのでシステムエラーのメモリダンプファイルは削除しても大丈夫なんです。

システムでアーカイブされたWindowsのエラー報告

次はシステムでアーカイブされたWindowsのエラー報告です。

システムでアーカイブされたWindowsのエラー報告はアプリが正常に動かずエラーが表示された場合に作成されたファイルのこと。

Microsoftにエラーを報告するために作られたものなのですが、その必要がないことがほとんどです。

なのでシステムでアーカイブされたWindowsのエラー報告は消してしまって大丈夫です。

DirectXシェーダーキャッシュ

次はDirectXシェーダーキャッシュです。

DirectXシェーダーキャッシュは動画やゲームなどを描画した際に一時的に保存されているファイルです。

必要なければ消しましょう。

デバイスドライバーのパッケージ

次はデバイスドライバーのパッケージです。

デバイスドライバーのパッケージはデバイスドライバーの古い情報を保存しています。

古い情報が必要ないのでデバイスドライバーのパッケージを消しても大丈夫です。

システムの復元

次はシステムの復元です。

システムの復元は今後の使用には使いません。

もしもの時のためにシステムの復旧を使う場合がないわけではありません。

ただ滅多に使うときはありません。

さらにはシステムの復旧はWindowsの標準システムを使用しなくても大丈夫なんです。

外部の復旧サービスを利用して、システムの復旧ができます。

なのでシステムの復元は消しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はWindows 10の”配信の最適化ファイル”について見ていきました。

”配信の最適化ファイル”のほかにも削除しても大丈夫なファイルをご紹介しているので是非消しておきましょう。

消しておき容量を確保することができるので是非。