通関手続中が表示されてから届くまでの日数と2回以上表示される原因

国際便において、「通関手続中」の表示が長いことや2回以上表示されることを不安に感じる人は少なくありません。本記事では、通関手続きが長い場合や2回表示される場合の原因、配達完了までの日数例、土日祝日の通関業務状況などをご紹介しています。

「通関手続中」が表示されてから届くまでの日数は?

国際便の利用時、追跡サービスにより荷物の追跡を行うと「通関手続中」の表示がされていることがあります。通関手続きは国際便において物品の審査等を行う重要な手続きですが、郵便内容物や必要書類に不審点や不備がなければ問題なく完了します。しかし、この「通関手続中」という表示が長いことに焦りを感じるケースも少なくありません。「通関手続中」と表示されてから配達が完了するまでの日数は、状況によりさまざまです。なお、審査に時間を要している場合や遅延が生じている場合は、遅れる可能性がある旨が郵便局ホームページにてお知らせとして表示されています。

基本的には数日で配達される

通関手続き自体は、不備等が無い限り5時間程度の短い時間で完了します。そのため、「通関手続中」の表示から配達が完了するまでの日数は1~3日程度の場合がほとんどであり、長い時間はかかりません。

1週間程度かかるケースも

「通関手続中」の表示から荷物が届くまでに1週間程度の時間を要する場合もあります。特に国際書留郵便の場合、土・日・祝日の間は通関手続きが進まず、配達完了までの日数が通常よりも長くなってしまう一因でもあります。なお、EMS・国際小包等の場合であれば通関手続きは土・日・祝日を問わず行われているため、後述の繁忙期を除き1週間以上かかってしまう例は稀です。

繁忙期にはさらに時間がかかる

クリスマス・お正月などのイベントがある12月~1月は繁忙期となっており、「通関手続中」となってから1週間以上の長い時間を要する場合もあります。このような場合の配達遅延は、繁忙期で関税や国際郵便交換局が込み合っていることが原因で生じているため、届かないかも、と過剰に心配する必要はありません。しかし、通常より早く配達されるEMSであっても普段より長い時間がかかる恐れがあるため、急ぎの荷物の場合は注意が必要です。

海外から日本への配達が完了するまでの日数例

実際に海外から日本に発送された荷物は、配達が完了するまでにどの程度の日数を要するのでしょうか。税関や国際郵便交換局の込み具合、差出人・受取人の国や地域に左右される場合はありますが、ここでは中国、アメリカ、シンガポールの3か国から日本に発送された例を挙げてご紹介します。

中国→日本

以下は、中国から日本へ発送された荷物の例となります。2月19日に引受、2月25日にお届け済みとなっています。長い時間はかかっておらず、1週間程度で到着しているようです。また、「通関手続中」となってから到着までにかかった日数は1日となっています。

状態発生日配送履歴詳細取扱局県名・国名
郵便番号
2019/02/19 19:53引受CHINA
2019/02/21 12:54国際交換局に到着
2019/02/21 17:41国際交換局から発送WUHAN EMSCHINA
2019/02/23 10:37国際交換局に到着川崎東郵便局神奈川県
219-8799
2019/02/23 13:00通関手続中川崎東郵便局神奈川県
219-8799
2019/02/25 04:27到着布施郵便局大阪府
577-8799
2019/02/25 15:59お届け済み布施郵便局大阪府
577-8799

(引用元:追跡DB – 荷物の配達日数と配送ルートが分かるデータベース)

アメリカ→日本

こちらはアメリカから日本へ発送した際の例です。3月12日に引受、3月19日にお届け済みとなっています。中国→日本の例と同様に1週間程度と、長い時間はかかっていませんでした。また、こちらでは「通関手続中」となってから到着までにかかった日数は2日となっています。

状態発生日配送履歴詳細取扱局県名・国名
郵便番号
2019/03/12 18:29引受USA
2019/03/17 04:21国際交換局に到着川崎東郵便局神奈川県
219-8799
2019/03/17 09:00通関手続中川崎東郵便局神奈川県
219-8799
2019/03/18 00:20国際交換局から発送川崎東郵便局神奈川県
219-8799
2019/03/19 05:26到着名古屋港郵便局愛知県
455-8799
2019/03/19 16:37お届け済み名古屋港郵便局愛知県
455-8799

(引用元:追跡DB – 荷物の配達日数と配送ルートが分かるデータベース)

シンガポール→日本

 

シンガポールから日本への例では、6月10日に国際交換局から発送、6月16日にお届け済みとなっています。アメリカの場合と同様に「通関手続中」から2日で配達が完了しているようです。

状態発生日配送履歴詳細取扱局県名・国名
郵便番号
2020/06/10 23:27国際交換局から発送SINGAPORE 06SINGAPORE
2020/06/13 12:41国際交換局に到着大阪国際郵便局大阪府
549-8799
2020/06/14 09:00通関手続中大阪国際郵便局大阪府
549-8799
2020/06/15 13:21到着大分中央郵便局大分県
870-8799
2020/06/16 15:16お届け済み大分中央郵便局大分県
870-8799

(引用元:追跡DB – 荷物の配達日数と配送ルートが分かるデータベース)

通関手続きとは

「通関手続き」とは、輸出入の際に貨物についての必要事項の申告と検査・納税を行い、税関より輸出入許可を受ける手続きのことを言います。EMSや国際小包等の場合、国際郵便交換局にて通関手続きが行われます。なお、この手続きは繁忙期等を除き、不備等がなければ5時間程度で完了します。

このとき、後述の「通関手続中」が2回以上表示される原因等に当てはまった場合、2次審査への移行等が行われるため通常よりも到着に時間がかかります。

「通関手続中」が2回以上表示される原因

追跡サービスを確認してみると、「通関手続中」が2回以上表示されており、無事手続きが完了できなかったのではないかと不安になってしまうケースも少なくないようです。では、2回以上表示される場合にはどのような原因があるのでしょうか。3つの主な原因をご紹介します。

【2回以上表示される原因】①課税対象

課税の対象となるのは、課税対象額が1万円を超える場合です。課税対象額が1万円以下の場合、関税・消費税は免除されます。ここで言う課税対象額は、商品代金の60%です。課税対象額÷0.6=商品代金のため、最低課税対象額1万円を当てはめた場合10,000÷0.6=16,666.666…となります。つまり、商品価格が16,666円を超えている場合は課税対象となり、2次審査が行われるため「通関手続中」の表示が再度行われます。ちなみに、課税価格が20万円を超える場合は別途輸入申告を行う必要があります。

【2回以上表示される原因】②偽ブランド品・コピー品

偽ブランド品・コピー品は、知的財産権の侵害とみなし、基本的に輸入が禁止されています。偽ブランド品・コピー品である容疑が掛かった場合、「通関手続中」が再度表示され、認定手続きを開始する旨の通知書が届きます。認定手続きにかかる期間は1か月程度です。

仮に偽ブランド品・コピー品であった場合、「廃棄」、「積戻し」、「輸入同意書の取得」、「切除」からいずれかの対応を行う必要があります。「廃棄」は文字通り物品を廃棄することです。「積戻し」は輸出者に物品を送り返すことを言います。「輸入同意書の取得」は知的財産権の所有者より輸入を認めてもらい、同意書を取得することにより輸入を可能にする方法です。「切除」は知的財産権を侵害していると認められる部分を切除し、輸入を続行します。また、不服申し立てにより、輸入の正当性の主張を行うことも可能となっています。

なお、偽ブランド品・コピー品であっても輸入者・輸出者ともに個人使用目的である旨が認められた場合は、権利侵害ではないとみなし輸入が認められます。

【2回以上表示される原因】③インボイスの不備

インボイス(仕入書)には差出人・受取人と郵便内容物等に関する詳細な情報が記されており、国外へ荷物を送る際に必要な書類の1つとなっています。国・地域により異なる場合がありますが、インボイスには差出人・受取人の氏名や住所などの基本的な情報をはじめ、インボイスの作成年月日と作成地、発送手段、内容物の詳細な情報など、多くの情報を記載する必要があります。この必要事項に誤りや記載漏れ等の不備があると手続きが完了できず、確認・訂正を行う必要があるため「通関手続中」が再度表示されます。