妻がiPhoneの指紋認証を解除して突破!浮気を見破る方法

この記事は約 9 分で読むことができます。

iPhoneの指紋認証を解除(突破)して浮気を見破る全方法・ゼラチンを使う裏ワザを紹介。逆に解除されたくない人は解除できないようにするパスコードの設定方法も。何回ロック解除に失敗したら相手にバレるのかなど「あるあるQ&A」も掲載。

【衝撃】妻がいとも簡単に指紋認証ロックを突破!?

iPhone,ホームボタン,Touch ID

当記事では、「他人のiPhoneの指紋認証をロック解除してスマホを覗き見たい!」または「指紋認証をロック解除されたくない!」という方のために、iPhoneの指紋認証機能についてまとめていきます。

寝ている間に指紋認証を解除されるケースが多い

実は、寝ている間に指紋認証を解除されて、スマホの中身を盗み見られるという事例がけっこう発生しています。

指紋認証を解除された事例

  • ソファーでうたた寝していたら、親指に変な違和感を感じて目を覚ますと、嫁が僕の親指をiPhoneの上にのせて、ロック解除しようとしていた
  • 旦那が寝ている最中に、親指を使って勝手にiPhoneの指紋認証の解除したら、旦那が浮気していることを発見した。

指紋認証の設定方法

iPhoneの指紋認証ロックの設定方法は、以下のようになっています。

指紋認証の設定方法

①ホーム画面から「設定」をタップ

②「Touch IDとパスコード」をタップ

③パスコードを入力する

④「指紋を追加」をタップする

⑤画面の指示に従い、指紋認証で使いたい指でホームボタンにタッチする

⑥「タッチ→離す」を繰り返す

⑦「グリップを調整」という画面が出てきたら、「続ける」をタップする

⑧指の外側の指紋などを登録していく

⑨指紋の登録が終わり「完了」という画面が出たら「続ける」をタップする

⑩登録された指紋が「指紋1」となっていることを確認する

iPhoneの指紋認証を突破して浮気を暴く方法

ここからは、iPhoneの指紋認証を突破して、恋人・パートナーの浮気を暴く方法についてご紹介していきます。

「パートナーがどうも浮気をしているようだ。指紋認証を突破してiPhoneの中身を盗み見たい!」という方は、参考にしてみてください。

相手が寝た隙に解除!

最も効果的なのが、相手が寝たことを確認したら、相手に気づかれないようにその人の「指」を使ってロック解除する方法です。

iPhoneの指紋認証は、上記で説明しているように、ロック解除する指の指紋を登録しておきます。
そして、ロック解除する場合には、指紋登録に使った指をホーム画面の上に置けば良いだけです。

つまり、相手の指紋認証を突破したければ、中身を盗み見したいiPhoneのホームボタン上に指を乗せることができれば可能です。

パートナーが寝たことを確認したら、相手がいつも指紋認証を解除するために使用している指を、ホームボタン上に乗せてロック解除してしまいましょう。

相手が寝た隙に解除&自分の指紋を追加!

さらにもう一段階、相手のiPhoneの中身を「より確実に」盗み見る方法があります。

それは、相手が寝ている隙に相手の指を使って指紋認証を解除したら、解除している間に「自分の指紋を追加」することです。

すでに解説した方法を利用すれば、iPhoneに「最大5種類の指紋」を設定することができます。

相手にバレないように自分の指紋を追加できれば、次からは、相手が寝るタイミングを待つ必要はありません
相手がiPhoneから離れた隙に、「自分の指を使って」相手のiPhoneの中身を盗み見ることができるようになります。

ゼラチンで疑似指紋を作成して解除!【裏ワザ】

なんと、実際の人の指を使わずとも、iPhoneの指紋認証を突破する方法があるようです。
それが、「ゼラチンを使って、疑似指紋を作成する方法」です。

まずは、100円ショップなどで売っている「お湯で柔らかくなる粘土」などを使って、指の型・指紋を取っていきます。

その後、少し粘土を放置しておきます。
粘土が固まったら、型の中にゼラチンを投入し、冷蔵庫で冷まします。

こうすることで、指紋の型がしっかりとついた疑似指紋が完成します。
さらに、この疑似指紋を使って、指紋認証を解除することもできます

ロック解除ができたら証拠を押さえよう【おまけ】

ここからは余談ですが、指紋認証を解除することができたら、パートナーが浮気をしている証拠を確実に握っておくことが大切です。

でも、iPhoneにはメールやLINE、SNSなど、確認したいデータがたくさんありますよね。
それを一つ一つチェックしていたら、相手が急に目を覚ましてiPhoneを勝手に盗み見していたことがバレてしまう危険性もあります。

そんなときは、LINEのトーク履歴を自分のメールアドレスに送信して、後でじっくり確認するという方法がベストです。

LINEのトーク履歴を自分のメールアドレスに送信する方法は、旦那のLINEで浮気を発見?!トーク履歴を復元して確認する裏技とは?で詳しく解説しています!

指紋認証の解除で浮気バレを防止する対策

続いては、立場を逆転させて、「指紋認証を解除されることで浮気バレするのを防止する方法」について解説していきます。

ここで説明していく対策は、浮気バレ以外にも、指紋認証を勝手に解除されて自分のiPhoneを悪用されないための対策としても活用することができるので、ぜひチェックしてみてください。

考えられる対策は以下の4つです。

  1. 指紋認証を「iPhoneロック解除」に設定しない
  2. 親指以外の指を登録しておく
  3. 定期的に登録する指を変える
  4. 浮気の証拠があるアプリにロックをかけておく

指紋認証を「iPhoneロック解除」に設定しない

まずは、指紋認証・Touch ID」をiPhoneのロック解除方法に設定しないことです。

上記で説明してきたように、iPhoneの指紋認証機能は、あなたが想像しているよりも、解除が容易です。

iPhoneの中身を盗み見られて、浮気していることがバレるのを防ぎたい場合は、iPhoneのロック解除方法を「指紋認証・Touch ID」にするのはやめておきましょう。

パスコードを利用した方法を設定したほうが、相手にとってはロック解除が難しくなります

親指以外の指を登録しておく

もし、指紋認証を設定しておきたい場合には、「親指以外の指」を登録しておくことも一つの方法です。

最も解除されやすい指が「親指」です。
特にセキュリティ面に関して意識していない人たちは、親指を使って指紋認証を設定しがちです。
片手でiPhoneを持った時、親指が最もホームボタン上に乗せやすい指だからです。

その意識があるため、指紋認証の解除を画策している側の人たちも、まずは親指をホームボタン上に乗せようとします。

できるだけ解除される確率を下げるなら、小指薬指など、普段あまりホームボタン上に乗せない指を登録しておきましょう。

また、iPhoneのTouch IDでは、手の指の指紋(指の腹)以外でも登録することができます。
例えば、「指の関節」で指紋を登録することも可能です。
試してみてください。

定期的に登録する指を変える

勝手に自分のiPhoneのロックを解除されないためにも、Touch IDに登録する指は定期的に変更することをおすすめします。

あなたのiPhoneロックを解除しようと画策している人は、あなたが普段ホームボタンを押す指をチェックしているはずです。
そのため、「あの人は左手の親指でホームボタンを押すことが多い」などのようにバレてしまうケースも多いです。

定期的に登録する指を変更することで、ロック解除される確率を下げることができます。

浮気の証拠があるアプリにロックをかけておく

「自分が浮気していることがバレたくない!」という方は、浮気の証拠が残りやすいアプリに個別にロックをかけておきましょう

LINEにロックをかける方法

①LINEアプリの「設定(歯車マーク)」→「プライバシー管理」の順にタップする

 

iPhone,LINE,プライバシー管理

 

②「パスコードロック」をONにする

 

iPhone,LINE,パスコードロック

 

③パスコードを設定する

 

iPhone,LINE,パスコード設定

この手順で設定をすれば、次回以降、LINEアプリを起動する際には必ず「パスコードの入力」が必要になります。

この他にも、SNSやメールなど、浮気の証拠が出てきそうなアプリは、個別でロックをかけておきましょう。

iPhoneの指紋認証でのあるあるトラブルQ&A

Q.指紋認証のロック解除をやめたいです。指紋認証をやめて、パスコード解除にする方法を教えてください。
指紋認証をやめる方法

①iPhoneの「設定」→「Touch IDとパスコード」をタップする

 

iPhone,Touch ID,パスコード 

 

②パスコードが既に設定されている場合は、パスコードを入力する

 

iPhone,パスコード,入力

 

③「iPhoneのロックの解除」をオフにして、「パスコードをオフにする(現在ON状態)」になっているか確認する

 

iPhone,Touch IDオフ,パスコードオン

Q.指紋認証とパスコードの両方を使うことはできますか?
A.使う項目を設定することで、Touch ID(指紋認証)とパスコードは併用できます

上記でLINE起動時にパスコードが必要になる設定をしたように、アプリごとに「指紋認証」を設定することができます

Q.指を当てても解除できません。
A.いくつか考えられる原因があります。

指をホームボタンに乗せてもロックが解除できない場合、以下のような原因が考えられます。

  1. 指が汗で濡れている、または乾燥・手荒れしている
  2. ホームボタンが汚れている
  3. 登録時の角度が違う
  4. 登録した指が違う

まずは、自分の指の汗やiPhoneホームボタン上の汚れをしっかりふき取ってください
これだけで改善できる可能性があります。

また、指紋を登録した際の角度が少しだけ違うことから、認証されないケースがあります。
指を「まっすぐ・しっかり」ホームボタンに押し付けてみてください

もしかしたら、登録している指が異なっているケースも考えられます。
他の指も試してみてください。

Q.パスコードの入力を連続失敗できる回数は何回ですか?
最大10回です。

ロック画面でパスコードを「6回連続」で間違えると、「1分間ロック」されます。
その後1分待って「1回(7回目)」間違えると「5分ロック」、その後5分待って「1回(8回目)」間違うと「15分」、その次は「9回目」「10回目」のミスは「60分ロック」です。
つまり、連続間違いが「10回目」の時に、「60分ロック」になります。

その後再び間違えると「iTunes」につながないとロック解除ができなくなってしまいます

 iPhoneのパスコードを忘れた時の解除方法とは?au/docomo/softbank

Q.相手に秘密で指紋認証を解除することは違法ですか?
違法とはなりづらいです。

夫や妻の不倫を暴こうと、相手に秘密で指紋認証を解除することは、違法性が低く犯罪と見なされる可能性はかなり低いと言えます。

まとめ

今回は、iPhoneの指紋認証を解除して、パートナーのiPhoneを盗み見る方法や、他人に指紋認証を解除されることを防止するための対処法などについて解説してきました。

指紋認証を突破したい方は、基本的に相手が寝たタイミングを待って、相手の指をホームボタン上に置く必要があります。

逆に、指紋認証を突破されたくない方は、「指紋認証自体をやめる」「登録する指紋を工夫する」などの対処を取りましょう。

また、指紋認証やパスコードを設定できない方も、当記事で設定方法を確認してみてください。

 iPhone6のTouch ID(指紋認証)ができない?登録設定と解除方法!

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す