iPhone SE SIMフリーのデメリット・メリットと評判とは?

この記事は約 5 分で読むことができます。

「どこの会社のSIMでも使えるiPhoneがある」ということが上級ユーザーを中心に話題になっています。人によっては「キャリアのiPhoneよりもずっと経済的」とまで言われるのですが、それは果たして本当でしょうか。徹底検証していきます。

iphone se sim

Sponsored Links


SIMフリーとは?

iphone sim

携帯電話は通常、電話機本体にSIMカードというキャリアの情報を記録したICカードを挿入して使用する仕組みになっています。

海外の場合、回線を提供する業者と携帯電話を販売する業者は分かれていることが多く、ユーザーは好きな回線業者からSIMを買い、好きな端末に組み込んで使っていたのです。

ところが日本の場合、回線業者と端末業者は長らく一緒であり、それぞれのキャリアは自社の端末が他社の回線で使用できないように、端末レベルで制限を加えてきました。これを「SIMロック」といいます。

「SIMフリー」は、この制限を解除し、どこの会社のSIMでも利用できるようにしたものです。基本的に、格安SIM業者からセットで提供されている端末はSIMフリーで、他の格安業者のSIMと入れ替えても問題なく使えます。

iPhone SEのSIMフリーモデル

今ではdocomo・au・ソフトバンクの3大キャリアから販売されるようになったiPhoneですが、「大手キャリアのSIMじゃなく格安SIMで使いたい」というユーザーも増えてきました。そこで注目されるのが、iPhone SEのSIMフリーモデルです。

SIMフリーも出るの最大のメリットは、格安SIMを使用できるので、月額の通信料を大手キャリア利用の場合よりもぐっと安く抑えられることです。

大手キャリアの場合、月額料金は最低でも5,000円前後からということになりますが、格安SIMを使った場合、1,000円前後で運用していくことも不可能ではありません。

逆にデメリットは「初期費用が高くなる」ということです。大手キャリアの場合、ユーザーが導入しやすいように端末の価格を2年程度の分割払いにし、月々の使用料に上乗せしています。

同時に端末の月割額相当を通信料から割り引くなどというサービスをしているので、端末代金の負担は軽減されています。

しかしSIMフリータイプの場合、まず最初に端末を購入しなければなりません。Android端末などの場合、さまざまな業者からさまざまな機種が購入でき、場合によっては数千円で済ませられることもあるのですが、iPhoneの場合、SIMフリーモデルであってもアップルストアから購入しなければなりません。アップルストアの正規価格では5万円以上しますので、初期負担額はキャリア経由での契約よりもずっと高額になります。

SIMフリーの他社の電話機を使う場合、多少高くてもそれを何年も使うことによって「元を取る」ことができますが、iPhoneの場合システムであるiOSが頻繁にバージョンアップされ、同時に旧機種がアップデートの対象から外されて半ば強制的に買い替えを余儀なくされます。

このため他社製品と同じように「長く使って元を取る」のはちょっと困難です。
apple
アップルストアで購入できるのが「SIMフリーモデル」です。

大手キャリアのSIMを使う時には注意

いわゆる格安SIMをSIMフリーのiPhoneにセットして使う場合、基本的に大きな問題は起こりません。またトラブルが発生したとしても、サポートに連絡すれば対処方法を教えてもらえます。

ただし大手キャリアのSIMの場合、本来SIMフリーモデルで使用することを前提にしたものではありません。SIMそのものが、特定のモデル専用の設定がなされたものが多いため、iPhoneのSIMフリーモデルに装着して使用した場合、データ通信ができなくなるなどのトラブルに見舞われることがあります。

しかも、これはキャリアが定めた規約に反した使い方になるため、サポートに電話して解決方法を相談するわけにもいきません。

大手キャリアの中ではソフトバンクが特にSIMを特定端末以外では使えないようにする傾向が強く、トラブルが発生するという報告がなされています。

「超裏技」は非推奨

キャリア版は初期費用が安いが月額負担は重い、SIMフリー版は月額負担は軽いが初期費用が高額です。となればなんとか初期費用も月額負担も軽くなる裏技を探したくなるのが人情というものでしょう。

初期費用が高くなるのは、iPhone SEの入手先が日本のアップルストアに限定されているためです。なので、他から何とかして端末だけ購入できれば、安く済ませられる可能性がでてきます。

先に述べたように、海外では端末と回線は別々に売られていますから、そういう国に行く、あるいはそういう国から海外通販で購入すれば、多少安くあげられます。ただこの場合、システムの使用言語が他国語になってしまい、利用にかなりの不便を感じるようになるかも知れません。

日本国内でも、この手の海外から仕入れた端末を売る業者がありますが、保証の面などで不安が出てしまいます。きちんとショップのある業者ならまだ許容範囲ですが、電気街の裏通りでバンに製品を積んで販売している業者などは、絶対に利用すべきではありません。

白ロム

ネット通販でもきちんとした登録業者なら比較的安心ですが、裏物販売などと書かれている業者は避けましょう。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎【徹底解説】iPad/iPhoneのsimロック解除方法と仕組みとは?
▶︎iPhoneのSIMロック解除方法と仕組みとは?ソフトバンク/au/ドコモ編
▶︎【初心者】iPhone5sのSIMロック解除方法を解説!au/docomo/softbank

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す