【安心安全】iPhone機種変更時の音楽バックアップと復元方法とは?

この記事は約 8 分で読むことができます。

iPhoneにお気に入りの音楽を入れて聴くのは、楽しいひとときです。でも、機種変更する場合、その音楽データを古いiPhoneから新しいiPhoneへ移さなければなりません。「データの移行とか、面倒くさそう……」いえいえ、心配は要りませんよ。そう、iPhoneならね。

iPhone 機種変更 音楽 バックアップ 復元方法

読者の皆さんの中にも、iPhoneお気に入りの曲をたくさん入れて、イヤホンやカーオディオなどで音楽を楽しんでいるという方は多いと思います。

最近では128GB以上の大容量ストレージを備えたiPhoneも登場しましたから、容量の許す限り沢山の曲を入れて持ち歩くなんて使い方も出来る様になりました。

しかし、大量の音楽データを入れているとなると、気になるのが機種変更時のデータ移行。

たくさんのお気に入りの曲達も、新しいiPhoneに移せなければ意味がありません。

そこで、今回はそんな機種変更時の音楽データの移行方法について解説します。

※注意
今回は古いiPhoneから新しいiPhoneへの機種変更を例にご紹介します。Androidスマートフォンやガラケーから機種変更される場合は、手順が異なるので注意してください。

Sponsored Links


利用形態別の移行の可否

iPhoneで音楽を楽しむ方法は様々です。

まずは、その利用形態ごとに、データ移行の可否について説明しましょう。

ストリーミングサービスのみを利用している場合→移行◎

Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスを利用して、そこで配信されている曲しか聴いていないという場合は、移行は非常に簡単です。

これらのサービスは基本的にiPhone内に音楽データをダウンロードしないので、新しいiPhoneで利用している配信サービスのアプリをダウンロードし、再度ログインすればOK。

実は一番面倒の少ない形態です。

iPhoneのiTunesストアでダウンロード購入した曲のみの場合

iPhoneに入っているiTunesストアアプリを使い、そこからダウンロード購入した曲のみを聴いているという場合も、特に移行作業は必要ありません。

新しいiPhoneの初期設定時、古いiPhoneと同じApple IDでログインすれば、iTunesストアの購入履歴から再ダウンロードすることが可能です。

PC / Mac のiTunesと同期しているデータが混在している場合は、後述の「iTunesでPC / Mac内の音楽データを同期している場合」を参照してください。

外部機器からCDの曲をiPhoneへ取り込んだ場合→移行△

PCやMacを使わず、専用の外部機器からiPhoneへ直接CDの曲を取り込んだ場合は、原則としてPCまたはMacで、iTunesのバックアップ機能を利用して移行することになります。

取り込んだ音楽データを専用アプリでのみ再生できるスタイルの場合は、PCを使わずiCloudバックアップで移行できる可能性もあります。

ただ、データ量が多くなると時間も掛かりますし、iCloudの有料プランを利用しないとバックアップそのものができないこともあり、あまり現実的ではありません。

もしPCを持っていない場合は、この際、2万円位の安価なPCを1台、iTunes専用に買ってしまうのも1つの手です。

iTunesでPC / Mac内の音楽データを同期している場合→移行◯

iPhoneに音楽データを入れる場合、一番ポピュラーなのがこの方法です。

そして、ストリーミングサービスの次に移行が楽なのもこのスタイルです。

いつも同期に使っているiTunesのバックアップ機能を使うことで、簡単に新しいiPhoneへ音楽データを移行することが出来ます。

ただし、iTunes側の楽曲リストに入っていない曲がiPhone内にある場合、それは移行できないこともあるので注意してください。

データ移行作業の方法

それでは、実際に音楽データを移行する方法についてご説明しましょう。

なお、前述の通り、ストリーミングサービスのみの利用であれば、新しいiPhoneで再度ストリーミングサービスのアプリをダウンロードして、ログインするだけで大丈夫です。(Apple Musicであれば、標準の「ミュージック」アプリでOK。)

よって、「外部機器からCDの曲をiPhoneへ取り込んだ場合」と「iTunesでPC/Mac内の音楽データを同期している場合」に共通して使える、iTunesの機能を利用した移行方法を取り上げます。

大まかな流れ

今回は、iTunesのバックアップ機能を利用して、他のアプリや電話帳などのデータと一緒に音楽データをバックアップし、再度復元する方法をご紹介します。

大まかな流れは以下の通りです。
  1. PC / Macと古いiPhoneをLightningケーブルで接続する
  2. iTunesのバックアップ機能を利用してデータをバックアップする
  3. 古いiPhoneをPC / Macから取り外す
  4. 新しいiPhoneをPC / Macに接続する
  5. iTunesの復元機能を利用して、古いiPhoneのバックアップデータを新しいiPhoneへ復元する。

それでは、実際の作業方法の解説に移りましょう。

用意する物

iTunesをインストールしたPCもしくはMac
Windowsの場合

こちらのページから最新のiTunesをダウンロード&インストールしておいてください。

iTunesダウンロードページ|Apple

Macの場合

iTunesは最初からインストールされています。

作業前にMacAppStoreの「アップデート」タブを開き、iTunesの更新があればインストールしておきましょう。

共通事項

WindowsでもMacでも、iPhoneのバックアップには十分なストレージの空き容量が必要です。

不足する場合はバックアップ途中で警告が出るので、PC/Mac内の不要なアプリやデータを削除したり、外付けHDD等へ移動してください。

Lightningケーブル

PC / MacとiPhoneを接続するには、Lightningケーブルを使います。

使用するのはApple純正の物か、AppleのMFi認証を受けたサードパーティ製品を利用するようにしましょう。

また、断線や接触不良を起こしているケーブルは、トラブルの素なので使用しないようにしましょう。

バックアップの方法

こちらでご紹介しているのは、Windows版iTunesのものです。Mac版も基本的な流れは同じですが、一部操作が異なる場面があるので、Macをお使いの方は適宜読み替えてください。

iTunesでのバックアップ方法(Windows版iTunesの場合)
  1. PCでiTunesを起動させ、iPhoneをLightningケーブルで接続します。
  2. windows版ではメニューバーの「コントロール」の下辺りにiPhoneのマークが出ますので、それをクリック。
  3. 画面中段「バックアップ」の項目内にある、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。
    • このパスワードを忘れるとデータを復旧できなくなるので、必ず忘れないように気をつけてください。
  4. 同じ項目内の「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを開始する。

復元の方法

  1. PCでiTunesを起動させ、iPhoneをLightningケーブルで接続する。
  2. バックアップを取る際と同様に、iPhoneマークをクリックする。
  3. 画面中段の「バックアップ」から「バックアップを復元」を選択
  4. パスワードを訊かれるので、バックアップ時に使ったパスワードを入力。
  5. iPhoneの復元作業が始まるので、そのまま完了まで暫し待つ。

注意点

iTunesを使って音楽データを同期している場合、iPhone側にあってiTunesの楽曲リストにないものは、iPhoneから削除されてしまう事があるので注意してください。

音楽データのみを新しいiPhoneへ移行したい場合

ここまでご紹介した方法は、他のアプリや電話帳のデータなどを含め、まるごと古いiPhoneのデータを新しいiPhoneへ移す方法です。

しかし、さまざまな事情で、新しいiPhoneには音楽データのみを移行したいという場合もあるでしょう。

また、仕事用などで、新しくもう1台iPhoneを買うという場合もこれに当たります。

そんな時の対処方法は、以下の通りです。

ストリーミングサービスのみを利用している場合

これは通常のデータ移行と同様、新しいiPhoneに配信サービスのアプリをダウンロードして、それでログインすればOKです。

特に難しいことはありません。

iPhoneのiTunesストアでダウンロード購入した曲のみの場合

iPhoneに入っているiTunesストアアプリを使い、そこからダウンロード購入した曲のみを聴いているという場合も、特に移行作業は必要ありません。

新しいiPhoneの初期設定時、古いiPhoneと同じApple IDでログインすれば、iTunesストアの購入履歴から再ダウンロードすることが可能です。

PC / Mac のiTunesと同期しているデータが混在している場合は、後述の「iTunesでPC / Mac内の音楽データを同期している場合」を参照してください。

外部機器からCDの曲をiPhoneへ取り込んだ場合

この場合、移行できるかどうかは機器によります。

ご利用になった機器の説明書をご覧いただき、データ移行の方法が載っていないか確認してください。

ない場合には、移行を諦めるか、前述のiTunesバックアップを使ってまるごとデータを移行する事になります。

iTunesでPC / Mac内の音楽データを同期している場合

この場合も簡単です。

PC / Macに新しいiPhoneを接続したら、iTunesでいつも通り音楽データを同期するだけでOK。

当然、他のアプリのデータなどは移行されませんが、音楽データはきちんと同期されます。

まとめ:結局、ストリーミングかiTunesが現状はいちばん!

というわけで、今回は古いiPhoneから新しいiPhoneへ機種変更した場合の、音楽データの移行方法について解説しました。

本文中でも触れていますが、結論としてはストリーミングを使うか、iTunesで音楽データを管理するのが一番スッキリしてトラブルも少ないと言えます。

「PC / Mac を使うのは面倒!」と思ってしまいがちですが、そこは急がば回れ。

是非この機会に、iTunesの使い方をマスターしてみては如何でしょう?

それでは、快適なiPhoneライフを♪

《関連記事》




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す