lineアイコンでわかる?!アイコンで心理や性格を見抜こう!

連絡ツールとして欠かせないアプリ「line」は、メッセージのやりとりだけではなく、電話やビデオ通話が無料で使える、便利なアプリです。「line」のアイコンを設定する際、どのような写真を選ぶかでその人の性格や心理がわかります。男女別の心理の違いなど紹介します。

lineアイコンでわかるその人の心理

lineアイコンは、設定していない方もいますが、ほとんどの方が自分の撮った写真や好きな画像、自分の顔写真をアイコンに設定しています。設定したアイコンでどのような心理がわかるのか、アイコンに設定する写真別に解説します。自分が設定しているアイコンも、当てはまるかもしれません。

1.過去の自分の写真

自分の写真をアイコンに設定している人は、ナルシスト傾向があります。自分に自信があり、「可愛い」「かっこいい」と言われたい・思われたいという心理から、自分の写真を設定しています。過去の自分をアイコンに設定している人も同じ心理であり、幼少期の写真だったり数年前の写真だったりと様々ですが、自分がいちばん良く見える写真をアイコンに設定します。

2.友達などとの集合写真

友達数名と写った写真をアイコンに設定している人もよく見かけます。友達との集合写真をアイコンに設定している人は、協調性があり、人付き合いを大切にする性格です。一人でいるよりも、友達といることを好むため、大人数のイベントなどにも積極的に参加します。そのため、友達が多いのも特徴です。

3.恋人との2ショット写真

10代などの若い世代中心に、恋人とのツーショットを「line」アイコンに設定している方も多くいます。恋人との2ショットを「line」アイコンに設定している人の心理は、実は男女で心理に違いがあります。男性が恋人との2ショットをアイコンに設定している場合、自分の彼女を自慢したい、といった心理が強く現れています。女性の場合は、男性の心理と少し違って、彼氏が自分のものだと周囲にアイコンを通してアピールしたい、という心理が現れています。

4.自然や植物のアイコン

自然や植物、花などのアイコンに設定している人もよく見かけますが、どちらかというと女性に多く見られます。自然や植物をlineのアイコンに設定している人は、平和を好む、優等生タイプかもしれません。男性だと、自然や植物のアイコンにしていることはほとんどないので、男性が自然や植物のアイコンに設定していた場合、女性よりも平和主義である傾向があります。人間関係や恋愛においても、争い事は好まず、穏やかに関係を保って過ごしたいという心理です。

5.真っ暗などの単色アイコン

たまに、あえて真っ暗だったり単色のみをアイコンに設定している人がいます。このようなアイコンに設定している人は、精神的なバランスを崩している可能性があります。自分自身の、精神バランスが崩れていることや心の闇を自覚している人が多いのが特徴です。SNSでのつぶやきでも暗い内容が多く、周りに状況をアピールしている現れです。しかし、全員がそうであるとは限らないので、ただ単に単色に設定いている場合もあります。

lineアイコンでわかる男子の心理

次に、男性のlineアイコンが表す心理についての紹介をしていきます。男性と女性では設定している写真が同じでも、考えや心理は全く違っていたりします。気になる男性のアイコンにはどんな心理があるのか、参考にしてみてください。

1.自撮りアイコン

男性が、自撮りをアイコンに背定している場合、自分に自信があって満足している、ナルシスト傾向があります。あまりひと目をきにするタイプではないで、自撮りのアイコンでも恥ずかしさなどは感じません。人に合わせる事が苦手な人でもあります。

2.変顔やコミカルなアイコン

同じ自撮りでも、変顔だったりコミカルな表情のに自分をアイコンに設定している男性も少なくありません。変顔の自分をアイコンに設定している男性は、一見明るい印象に見えますが、実は他人の顔色を気にしたり、自分に自信がない男性が圧倒的に多いです。あえて変顔の自分をアイコンに設定している人には、コンプレックスを見ぬかれたくないという心理があります。

3.家族や子供の写真

家庭を持っている男性であれば、自分の子供や家族の写真をlineのアイコンに設定している男性も多いです。家族や子供の写真をアイコンに設定している男性は、家族や子供のことを、かけがえのない存在だと思っている男性が圧倒的に多いです。自分ではなく、子供や家族をアイコンにするのは、相手に自分の大切な家族を見て欲しい、という心理の現れです。子供や家族をアイコンにしている男性は、浮気願望が低く、家族との時間を大切にしたいと思っている男性が多いのですが、そのぶん家族への依存も高い傾向があります。

4.食べ物のアイコン

食べ物を撮ったアイコンにしている男性も多くいますが、ラーメンなどの食べ物をアイコンに設定している男性は、好きなものをアピールしています。楽しい気持ちを分かち合いたいと思うタイプで、一緒にいると楽しませてくれる男性です。一方で、高級な料理や、めったに食べられない料理、オシャレな料理などをアイコンに設定している男性は、プライドが高くて自分を良く見せたいという心理の現れです。

5.アニメキャラクターや似顔絵

自分の好きなアニメのキャラクターや、自分の似顔絵をアイコンに設定している男性もいます。アニメのキャラクターをアイコンにしているということは、その作品が大好きであることに間違いありません。アニメのキャラクターをアイコンにするのは、オタク気質だと周囲に思われても気にしないタイプの男性に見えます。しかし、自分の趣味や楽しみが中心で、好き嫌いのはっきりしている自己中心的な性格の持ち主かもしれません。自分の趣味、思考を理解されないと敵視したり、相手に不満を抱くこともあります。

また、似顔絵をアイコンにしている男性は、事故アピールが苦手な傾向があります。自撮りではなく似顔絵の自分にしているのは、素のままの自分をさらけ出すのが苦手だったり、プライドが高く、素直になれない人が男性が多いです。

6.スーツ姿や仕事のアイコン

男スーツ姿や仕事をアイコンにしている男性は、その仕事に対して誇りを持っている、自分は好きな仕事をしているという方と、忙しい自分をアピールしているタイプの2つに分かれます。自分の仕事を誇りに思っているため、周りからの信頼感も強く、仕事に対する責任感も強い男性です。しかし、後者の忙しい自分をアピールしている場合は、表面上の自分を意識しすぎていて、善意的な性格の男性の可能性がありません。どちらにしても、仕事に固執しているため、仕事第一主義であったり、家庭を顧みない傾向があるのは否めません。

7.風景のアイコン

自分で撮った風景やフリー画像の風景など様々ですが、自然の風景をアイコンにしている男性もたくさんいます。非日常的な風景をlineのアイコンに設定している男性は、日常に満足していないタイプの男性かもしれません。日常から解放されたいと願う、心理の現れです。日常に退屈さや窮屈さを感じていて、逃避願望を持っています。思っていることをうまく伝えられずに、自分の中に、ため込んでしまう傾向があります。休んでゆっくりしたい、といった癒されたい願望をもっています。

8.芸能人、モデル、アーティスト

好きな芸能人やモデル、アーティストをアイコンに設定している男性は、その人への憧れの気持ちや、惹かれているという気持ちの現れです。同性の芸能人やアーティストをアイコンにしている場合は、その人自身のファッションや生き方が好きであったり、その人のようになりたい、という心理の現れであり、自分の理想であることが多いです。反対に、女性芸能人やモデルをアイコンにしている場合は、その人のファンであり、純粋にその女性が好きだという事がわかります。その男性の理想の女性像を表しています。

9.自分の後ろ姿

実は、後ろ姿をアイコンに設定している人には、わかりやすい心理が隠れています。男性が自分の後ろ姿をアイコンにしている場合は、本当の自分を知られたくない、本心を他人に悟られたくない、裏表のある性格の男性が多いです。仕事、プライベートなど、シーンによっていくつかの自分を演じます。守衛本能が強く、わざと相手を攻撃して、自分を守るような行動をしたりします。その時その時で自分を変える事が出来るので、人付き合いもドライです。

10.ペットや動物

ペットや動物の写真をアイコンに設定している場合、やはり自分のペットや動物が好きだという愛情の現れです。ペットも家族であるという認識をしています。このタイプの男性は、オープンマインドで、自分自信を自然とさらけ出す事が出来る人です。社交的で、人付き合いもうまくミュニケーション能力も高い傾向がありますが、その分相手にも同じようなオープンマインドを求めてしまいがちです。

11.初期設定のアイコン

あえてアイコンの写真を設定していない男性もいます。アイコンを設定していないのは、単に面倒くさかったり、lineの使用頻度があまり高くないからかもしれません。アイコンを設定しないタイプの男性は、人に媚びたりせず、自分からも積極的に人と交流しようとはしないタイプです。しかし、自分にも他人にも誠実なため、自然と人が寄ってくることも多く、少数の友人を大切にする傾向にあります。

lineアイコンでわかる女子の心理

女性の方が、男性よりもlineのアイコンにこだわりがある印象を受けます。アイコンを設定しない女性の方が男性よりも少ないかもしれません。女性が設定するlineアイコンには、どんな心理が隠れているのか紹介します。

1.自撮りアイコン

女性のほうが男性よりも、圧倒的に自撮りをアイコンにしている事が多いです。女性の自撮りも、男性と同じく自分に自信があって、自分のことが好きな女性が多いです。自信があるので、人に見られても気にせずに、自己アピールの強さがわかります。

2.変顔やコミカルなアイコン

女性は男性とは違って、変顔やコミカルな表情をアイコンに設定していることが少ないです。自撮りと同じように変顔の写真をアイコンにしているのは自己アピールの強さからですが、アピールの方向性は少し違います。変顔のアイコンは、人から注目されたい、見てもらいたいという、寂しがり屋の一面が隠れています。友達は多いですが、嫌われたくないという気持ちを隠し持っています。

3.自分の後ろ姿

自分の後ろ姿をアイコンにする女性も男性と同じように、本当の自分を守る傾向がありますが、本当は他人から認められたい、という欲求が心理に強く現れています。女性は男性よりも、アピール傾向が強いため、本当は褒められたいけど自分を出せない、という心理があり、自撮りを堂々とアイコンにする女性よりも承認欲求が強いです。自分のスタイルやファッションには自信があるので、他人のことを外見で判断しがちな一面もあります。

4.芸能人、モデル、アーティスト

好きな芸能人やモデル、アーティストをアイコンにする女性は多くいます。男性と同様に、憧れていたり好きだったりすることがほとんどですが、女性の方がアピール度が高くて一途です。同性のアイコンに設定している場合も、強い憧れの心理の現れですが、こういった女性は、自分の考えをしっかりと持った真っ直ぐな性格の女性が多いです。

5.ペットや動物

ペットや動物のアイコンも、ペットや動物に対する愛情の現れですが、女性の場合は、共感してほしいという心理が隠れています。自分のペットや好きな動物を見て欲しい欲求があり、承認欲求が強い寂しがり屋の傾向があります。「動物は裏切らない」という考えを持っていて、人に対する不信感を持っています。

6.友達と一緒に写っている写真

友達と一緒に写っている写真を自身のアイコンに設定している女性は、コミュニケーションや友達の輪を大切に思っています。人付き合いの良い、協調性のある性格の持ち主です。友達数人と写っていると、自分は小さく写ります。警戒心の強い、シャイな一面もありそうです。

7.風景のアイコン

風景のアイコンにしている女性は、世渡り上手な人が多いです。誰からも嫌われない無難な風景の写真で、無難な自分を演出しています。穏やかな性格な女性が多く、きれいな風景で癒されたい、みんなにも見て欲しいという願望があります。他の人にも癒されて欲しい、という心理があるので、自分よりも周りの気持ちを尊重する優しいタイプです。

 

好きなアニメキャラクターや似顔絵のアイコンにしている女性は、好きなキャラクターへのリスペクトや好きな気持ちが心理として強く現れています。自分が好きなキャラクターをわかって欲しいと望んでいて、とても素直な性格ですが、自分の考えを曲げたくなかったり頑固な部分もあります。

9.家族や子供の写真

女性の場合は、アイコンに写っているのが自分と子供なのか、子供だけなのかで心理が変わってきます。子供だけをlineのアイコンにしている場合は、自分の今の生活が子供が中心、他に趣味などがない女性が多い傾向です。子供がいる生活に満足していますが、他の充実している人を見ると羨ましく感じることもあります。

また、自分と子供が一緒に写った写真をアイコンにしている場合は、子供中心ではあつものの、自分にも自身がある女性が多いです。自信がある分、少しでも攻撃されるとすぐに反撃してしまう面も持っています。

10.スーツ姿や仕事のアイコン

女性がスーツ姿や仕事をlineのアイコンにすることは、ほとんどないと言えます。男性ほど、仕事第一主義ではないからです。女性が仕事姿をアイコンに設定している場合は、出来る女性として見られたい、という願望があります。逆に、弱い自分は見せたくない一面も持っています。人一倍責任感が強く、仕事においては信頼出来る頼もしさがあります。出世欲が強く、努力を惜しみません。

11.食べ物のアイコン

女性がlineのアイコンを食べ物に設定する場合は、スイーツやオシャレな料理が多いです。男性と違うところは圧倒的に見た目重視というところです。見た目重視のオシャレな食べ物のアイコンにしている女性は、他人のことを中身よりも見た目を重視する傾向があります。純粋に、自分の好きな食べ物をアイコンにしている女性は、素直でやや豪快な性格、飾らない女性が多いのが特徴です。

12.初期設定のアイコン

lineのアイコンを初期設定のままの女性は非常に少ないです。アイコンを設定せずに、そのままにしている女性は、lineの使用頻度が少なく、男性的な性格のタイプの女性だと言えます。しっかりとした考えを持っていますが、自分が正しいと思うあまり、理解を求めとうとしなかったり、甘え下手の女性が多いです。